借金返済はお金を稼ぐことに直結する近道である理由とは?

shutterstock_85734215

借金返済の体験はお金を稼ぐスキルを与えてくれる!借金を返すことでわかるお金の稼ぎ方

教育資金とか生活費、娯楽費用などで借金をする人はたくさんいます。
多くはきちんと返済しているのです。

ところが、お金を返すことはできても稼ぐことが出来ない人ばかり。

実は借金返済は、お金を稼ぐことにつながっているということをご存知ですか?
この記事を読めば、あなたもお金を稼ぐスキルを身につけることができるでしょう。
そして本当に大事なことは何か?が分かるようになるはずです。


借金返済するから稼ぎ方が見えてくる

借金というのは自分のお金ではなく、他人様のお金です。
だから返すわけですよね。
一見、借金返済というのは何も得られず、ただただ辛い思いをすることが多い。
そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

ところが、借金返済によってお金の稼ぎ方が見えてくることを、あなたはご存知ですか?

なぜかというと、借金返済によってお金の流れが見えるからです。
借金返済にはいいイメージを持っていないかもしれませんが、それによって得るものがあるとすれば、あなたはどう思いますか?
少しはポジティブなイメージになるのではないでしょうか。

借金返済を真面目にやることで、そして借金と向かうことで、実はお金の流れというのが見えてきます。

こうすればお金が出て行くのではないだろうか?
こうすればお金が入ってくるのではないだろうか?
自分なりの仮説を立てることができるのです。
同時に考えるようになることがあります。

「なぜ、自分はお金を使うのか?」です。
つまり、お金を使う目的や背景というのを真剣に考え、イメージし、それによってどうなるのか?をしっかりと想像するようになるんです。
そこから「なぜ、自分はお金を使ってしまったのか?」を振り返ることができます。

振り返ることによって、改めてお金を使う目的がわかるのです。
目的がわかるから何に使いたいのかが分かり、いくら欲しいのか?が理解でき、そのためにどうすればいいかをイメージするようになります。
あとは、そのイメージの通りに行動することで、実は意外と簡単にお金が稼げるんですね。

逆に考えると、目的を考えずに自分の欲望のままにお金を使いまくっているから借金をしてしまうわけです。
そして借金返済に追われてしまうわけです。

なぜ借金をしてしまったのか?
どうして借金返済をしているのか?
を自分なりにイメージすることによって、今度はお金を稼ぐための道筋がイメージできるようになります。
だから、借金返済はお金を稼ぐことにつながるのです。

稼ぎ方自体はいろいろあります。
たくさんある中から、自分に合っているであろうものを選んでもいいし、スキルアップにつながるものを選んでもいいです。
お金が流れる姿がイメージできれば、あなたが思っている以上にラクに稼げるようになります。

とはいえ、借金はあまりオススメできるものではありません。
使用目的が明確で、そのためだけに使うのであれば自己投資に変わるので有意義なものになります。
ただ、使用目的がきちんと分からずに欲望のままに使ってしまうと、意義のない使い方になってしまって借金返済に追われるので、注意してくださいね。

借金返済するということの意味

借金返済をするということはどういうことか?
「お金を返すということでしょ?」としか思い浮かばないのであれば、あなたは今後も借金を重ね、借金返済に追われることになるでしょう。

借金返済をするということはどういうことかというと、「お金に束縛される」ということです。
借金を返さないといけないから、今月は生活費がこれくらいしか使えない、とか、遊びに行けない、とか、食べたいものが食べられない、というように不自由なことが多くなります。

借金の返済があるので、使える範囲がすごく狭くなってしまうということです。
他にも、勉強したいことがあるのに学資を出せないかWebライターは実の多くの利益をあなたにもたらします。
なのでWebライターを目指す人ややろうとする人は、たくさんいらっしゃいます。
だからこそ、注意ら学べない、とか、受験したい資格試験があるのに受けられない、とか。
こういうこともあり得るわけです。

学びに投資できないということは、今後収入を上げるための要素が一つなくなるということです。
つまり、借金返済によって失うかもしれない稼ぎがある可能性が生じるということなんですね。

借りたお金を返すだけでは済まず、お金を失ってしまう可能性があるということに注意が必要です。
もちろんお金だけではなく、他にもいろいろなものを失ってしまうかもしれません。
そういうことを少しだけでもいいので考えた上で、借金をすることが大事になります。
だから借金しても返済に追われた毎日になることがなくなるのです。

借金は必ずしも悪くない

借金するということは必ずしも悪いものではなく、借金によってあなたの資産や貯金を増やすことができるようにもなるのです。
この要素を見失っている人がすごく多いですね。

会社の運営を見ればわかります。
無借金経営の会社であっても一時的に借金をしているところはすごく多いです。
なぜ業績が順調でも借金をするかというと、当面の運転資金を確保するためです。

社員の給料、経営陣の報酬、投資家への配当、電気や水道などの諸経費、税金、などなどいろいろな資金が必要となるのです。
毎月右肩上がりで収入が入ってくればいいのですが、いつもうまくいくとは限りません。
何かしらの事情で一時的に収入が落ち込む時もあるのです。

そういうときに運転資金が不足しそうな場合に借り入れを行うことがあります。
そこで一時的に借金をすることで会社を健全に回すことが出来るのです。
これは個人にも当てはまることであり、必要なものを買うときや今後の成長のための自己投資など、様々なアップのために使うことで、健全にお金を回すことができるのです。

会社と個人とでは置かれている状況が違いますが、根本的なところは同じです。
借金は悪いものということではなく、時にはあなた自身をより成長させてくれるツールでもあるのです。

お金との向き合い方

借金するときに最も重要となるもの。
それは「お金ときちんと向き合う」ことです。

何に使うのか?それに納得しているか?満足で終わっていないか?
この3つ全てではなくてもいいです。
ひとつだけでもいいので、本気で考えてみることです。

本気で、気楽に、そして少しでもいいので向き合ってみてください。

向き合っていくと、実は借金返済に意義を持たせることができ、それほど辛い状態になることなく返すことができるようになります。
また、借金自体に意味を持たせることができるので、借金した価値を感じることができるでしょう。

ずーっと、何十年にも渡って借金返済から逃れることができない人を見ると、お金と向き合っていないことがわかります。
「どうでもいいよ、そんなの」とか、「まぁなんとかなるんじゃないの」というような、軽い気持ちでいるのです。
それがずっと続いているために借金返済から逃れることがなく、ずっと縛られているのです。

お金ときちんと向き合うことで、使い道をしっかりと考えることで「生きたお金」になり、本当の価値をあなたにもたらしてくれます。
お金というのはそれ自体に価値はなく、あなたがどう使うかによって価値が変わります。

つまり、お金に色をつけるのはあなた自身なのです。
あなたがつけた色によってお金の持つ価値は変わり、本来持つ価値があなたにもたらされ、それによって豊かになったり望む人生へと向かうことができます。
それはお金ときちんと向き合い、納得して使うからもたらされることなのです。

借りるときは目的を持とう!

生きたお金にするためには、目的を持って使うことです。 借金をするにしても、目的を持って借りることで借金をした価値があり、借金返済をする意義が出ます。 一時的に借金返済に追われたとしても、それは一瞬に過ぎず、すぐ後に今以上に良い生活ができていることでしょう。 しかし、目的を持たず使い方を決めずに借金をしてしまうと、ずっと借金をしてしまい結果として借金返済から逃れることはできないのです。 私はこれを身をもって知っているからこそ、こういうことが言えます。 同じ過ちをあなたにはやってほしくないんですね。 だからこそ、お金を借りるときはきちんと目的をもって借りてください。 だから借金返済が苦に感じず、順調に返せるようになり借金返済から簡単に逃れることができるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

借金返済はお金を稼ぐことに直結する近道である理由とは?
Reader Rating 1 Vote