パチンコと借金は無関係だった?借金がある人とない人の違い

shutterstock_81160141

パチンコと借金には関係がない!パチンコにはまっていても無借金でいる人は多いのだ!

パチンコにはまっていると借金地獄へ・・・。
あなたはそんなイメージを持っていませんか?

実際に朝から晩までパチンコにハマり、借金地獄へと真っ逆さまに堕ちてしまった人もいます。

私の周りにもいました。
あなたの周りにもいるかもしれませんね。

そういうところから、パチンコと借金には密接な関係性があると思うのも無理はありません。

ところが、実は両者には、あなたが思っているほど密接な関係性はないのです。
というより、本来は無関係なのです。
私の体験を交えてお話します。


パチンコから大借金への道

私の小さい時からの馴染みが、パチンコが大好きでよく入り浸っていました。
彼はパチンコで稼ごうということは考えず、純粋にゲームとして楽しんでいたのです。

何度か一緒に遊んだことがあるのですが、彼は多額のお金を持たずに遊びに来ていました。
勝とうが負けようが、そんなことを意に介さずにプレーしていました。

そして、持っているお金の範囲内で、純粋にゲームとして楽しんでいたのです。
それこそ、テレビゲームをやるような感覚で遊んでいました。

それが結構長く続いていたのを見て、私は「パチンコが好きだといっても、必ずしも借金漬けになることなんてないんだな」と思っていました。

実際に多額のお金をかけていたわけではなかったし、長時間遊び続けることもなく、非常に健全な遊び方だったのです。
パチンコで遊んでいる他の人からすれば、少し変わっているように見えていたかもしれませんね。

ところがある日、彼は思いもかけず大勝ちしてしまいました。

たまたま私が隣で遊んでいたのですが、ついつい見入ってしまうほどどんどん勝ち続けていったのです。
最初はいつもと同じくあまり気にせずに、純粋にゲームとして楽しんでいました。

私が「すげーじゃん!どんどん出てるよ!」と叫んでましたが、彼は「たまたまだって。このあとはいつもみたいに負けるよ(笑)」と、さほど気にせずにいたようでした。

ところが、そのときはどんどん勝ち続けてしまって、かなりの大勝ちになってしまったのです。

その日を境に、彼は人が変わってしまいました。

勝ちを追い求め、自分なりにあれこれと研究し、すっかりパチンコ漬けの日々に染まってしまったのです。
そうしたところ、本人の意思とは別に一向に勝てない日々になってしまいました。

明らかに彼の表情が変わっていき、言動もおかしくなっていたのが分かりました。

負けが込んでいき、どんどん手持ちのお金がなくなっていったのです。
彼はそれでも飽き足らず、借金に借金を重ね、いつの間にか借金漬けの毎日になってしまいました。

この話を聞くと、「パチンコにハマったからだろ?」と思うかもしれませんね。
確かにその通りです。

その通りなんですが、最初に話したことを覚えていますか?
彼はもともとパチンコにハマっていました。

それでも借金漬けになることはなかったのです。
テレビゲームをしたりゲームセンターで遊んでいるかのような感覚で、純粋にゲームとして遊んでいたのです。

ということは、パチンコにハマっているからと言って、必ずしも借金してしまうということではないということがわかると思います。

たまたまある日、大勝ちしてしまってお金を儲けてしまったことで、「これで大儲けできるんだ!」ということが分かり、その魔力にとりつかれてしまったのです。

純粋にゲームとして楽しむという感覚を忘れ、お金が目的になってしまったがゆえに、彼は借金を重ねてしまいました。

そこにパチンコで借金をしてしまう本質があります。
楽しむことだけに集中していれば、借金などせずにパチンコを楽しむことが出来るのです。

では、どうすれば借金せずに楽しむことができるのでしょうか?

借金せずにパチンコを楽しむ方法

パチンコ大好きで、休みのたびに入り浸る人は結構たくさんいらっしゃいます。
彼らがすべて借金しているかというとそうではないのです。

もちろん借金してまでガッツリとハマリ込んでしまう人もいますが、そういう人ばかりではないということなんですね。

では借金せずにパチンコを楽しむにはどうすればいいか?というと、「単なるゲーム」として楽しめばいいのです。
感覚としてはゲームセンターで気軽に遊ぶ感覚が近いと思います。

それほど大量にお金を使わずにいればいいということなのです。
実にシンプルですよね。

当たり前と言えば当たり前なのですが、パチンコ店にいるとそういうわけにはなかなかいかないのです。

周りにいる人たちがどんどんお金を使うものですから、知らず知らずのうちに使ってしまうことが往々にしてあります。

それに、パチンコ店内は賑やかで常にノリノリの音楽が響いています。

それも手伝って、どんどんノってしまって多額のお金を使ってしまうんですね。

大事なことは「これはあくまでもゲーム」である、ということをまずは意識しておくことです。
この意識があると、自然と自分の行動にブレーキをかけてくれます。

ブレーキがかかるので自制がきき、周りの雰囲気に安易に流されないようになるのです。

内が変わると外もいつの間にか変わります。
しかも強い威力を発揮します。
まずは内側から変えることを考えるべきです。

パチンコから学べること

パチンコから学べることで一番大きくて仕事にも使えるものは、「人の心理」です。

こうすれば人は簡単に動くんだな、とか、こうすると人は動かなくなってしまうんだな、というのがパチンコからわかるんですね。

パチンコで遊んだ人はわかると思いますが、遊んでいて気づいたら「え!?こんなにお金使ったの?」と思うことがあります。

つまり、お金を使うという行動をいつの間にか取っていたのです。
もちろん、そこには原因があります。
なんの原因もなく、人が行動することはありえないし、ましてや多額のお金を偶然使うなんてこともありません。

使ったのは使うなりの原因があるのです。
どんな原因かというと、「お金を使いやすい環境」だからなのです。

パチンコ店では多くの人が遊んでいます。
そしてたくさんの人がお金を使っています。
自分ひとりだけではないのです。

「周りが使っているから、自分もいいか。」という心理状態になってしまい、お財布の紐がゆるくなりやすいんですね。

いかにすれば人はお金を使うか?人は高い買い物をするか?が、パチンコをすることでわかるのです。

これはYoutubeを見続けるとか、ネットサーフィンしまくるという感覚と同じです。

Youtubeを見始めると、いろいろな動画をどんどん見て気づいたら何時間も経っていた、なんてことがありませでしたか?

これと同じことがパチンコにも言えます。
それを仕事に生かすことによって、あなたは仕事でも結果を出すことができるようになるし、お客さんをずーっとあなたの元に引き止めておくことができるようになるのです。

パチンコが大好きな方にはお分かり頂けると思います。

パチンコで稼ごうと思うな!

意外と多くの人が「パチンコで一儲けしたいな」と思っています。
ですが、実際のところそうなっていないのが実情です。
なぜなら、パチンコはプレーヤーが「儲からない」ようになっているからです。
プレーヤーが儲かるシステムであれば、パチンコ店というビジネスモデルは成り立ちません。

パチンコ店が儲かるようにできているわけです。

ということは、プレーヤーからしたら儲からないようになっているということなのです。

もちろん、すべてのプレーヤーが儲からないということではありません。
ただ、稼ぐ個人はひと握り。
多くのプレーヤーは損失を出して、失意のうちに店を後にします。
そして「次こそは取り戻してやる!」と勇んで、再びお店に現れます。
この繰り返しなのです。
だからプレーヤーの多くは儲からないのですね。
こういうことを背景とするならば、パチンコで儲けよう!と考えるのは非常に危険です。

「これはゲームだ」と捉えて遊んだほうが、よほど建設的なのです。

パチンコをゲームとして捉えれば借金はせずに済む!

単純なゲームである。 これがパチンコを長きにわたって楽しむコツだと私は思います。 前述の彼は、まさにそれを体現していました。 しかし、本人の予想をはるかに超える額を手にしてしまったために、思考がストップし、欲求の針が吹っ飛んでしまったのです。 だからゲームという感覚を失い、欲が前面に押し出され、冷静に判断をすることができなくなってしまいました。 そうではなく、単純にゲームとして楽しむことに集中するならば、パチンコにハマったとしても借金漬けになることはありません。 シンプルに遊ぶことを楽しむことが、結果として一番楽しめるコツなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

パチンコと借金は無関係だった?借金がある人とない人の違い
Reader Rating 1 Vote