即日融資の有意義な活用法!自分のために活かす借入とは?

shutterstock_263795411

融資を資本に変える!即日融資の有意義でシンプルな活用法

街中に踊る「即日融資OK!」の看板。
あなたも駅前や繁華街などで、この言葉の看板を何度も見たことがあると思います。

この言葉を見て、「今お金が足りないから、一時的に借りようかな?」という気持ちを持たれているかもしれませんね。

もし、そんな思いがあるとしたら、即日融資のせっかくの機会を無駄にしてしまうかもしれません。
どうすれば本当に有意義に使うことが出来るのか?
それをこのコンテンツでお話します。


即日融資の本当の目的は何か?

即日融資は、その日すぐにお金を手に出来る手段です。
名前の通り、申し込みをしたらすぐにお金を借りることができます。

私はその言葉に踊らされ、申し込みができる店舗へと足を運び、何かに取り憑かれかのように融資を申し込んでいました。

同じような体験をした方が、他にもいらっしゃるのではないでしょうか。

多くの人達は、生活費とか遊興費に使おうとします。
私もそういうことに使ってしまった一人です。

すぐにお金が手に入って使えるようになるので、使いたくもなるのです。

ただし、それは即日融資の本当の目的ではありません。
即日融資の本当の目的は、「資金手配」です。

つまり、もともと「これに使うんだ!」という目的があって、それを成し遂げるための道具なのです。

会社の例を挙げるとイメージがつきやすいと思います。
会社は事業資金や運転資金の目的で銀行から融資を受けています。

社長の懐に入ったり、経理の自己都合で借りるなんてことはないのです。
そんなことしたら犯罪になりますしね。

これを個人に置き換えるとどうなるのか?というと、個人としての目的は教育資金とか、家を建てるための建築資金とか、資格取得のための費用とか、そのような目的を持つ人が多いんです。

もちろん生活資金という方もいらっしゃいます。

それは遊興費ではなく、一時的に資金が不足しているための補填なのです。
それが正しい使い方です。

そのような目的をしっかりと持ってそのために使うのであれば、即日融資というのは非常に素晴らしいツールとなります。

即日融資によってあなたの生活が良くなったり今よりもスキルが上がったり、あるいは新しいプロジェクトを始めるための準備を進めることができたりと、本当に有意義なものとなるのです。

即日融資の本当の目的はここにあります。

今よりも生活がよくなるだけではなく、仕事の面でもレベルアップするためのきっかけになったり、新しい知識や技術を身につけるためのネタが手に入ったりします。

融資というのはお金を得るというのが目的ではなく、その先にある「あなたの未来像」を手にすることが目的なのです。

ここをしっかりと意識して融資を受けることで、融資が価値あるものとなりあなたの生活の手助けをしてくれるようになります。

即日融資でやりがちな過ち

私は即日融資でこんな過ちを犯しました。
融資を受けて、その大半を遊びに費やしてしまったのです。

大半というよりは、ほぼすべてです。
ホントに馬鹿ですよね。

もちろん、そんなことで生活が良くなるわけではなく、さらに追い詰められて借金返済に追われることになったのは言うまでもありません。
なぜそんなことになったのか?

あなたはわかりますか?
なぜかというと、「目的がわからなかったから」です。
というより、「目的を持たなかった」という方が正確だなと、今となっては思います。

目的を持たないから、なんにでも使えるのだと勘違いを起こしてしまい、なんのプラスにもリターンもないことに使ってしまうのです。

そこに教育資金という目的を持たせ、そのために使うのであればそれは単なる借金ではなく、資金として使うことができます。

資金として使うことで、遅かれ早かれリターンが得られるのです。

その形はお金だけではなく、資格とかスキルとか、あるいは自己ブランドとか人脈という形でもあります。

つまり、融資を受けることによって今よりはるかに良い生活になったり上の立場になったりということにつながるのです。
即日融資ということはそうなれる速度が速くなるということです。

申し込んですぐに融資を受けられるわけですから、あなたが望んでいる結果を得るための期間が短くなることを意味します。
その目的の通りに使えば、ですが。

私はそこに気付かなかったので、やってはいけないことをやってしまう結果になりました。
本来の目的とは別のことに使うと、却って良くない結果を招きます。
この点、気をつけてくださいね。

会社経営に学ぼう!

会社経営をしている方と接していると、経営とはなんなのか?が見えるようになります。
資金繰りなどまったく問題なさそうに見える会社であっても、実はそうではないことも往々にしてあるのです。

最近では「黒字倒産」という言葉もあるように、業績は順調で決算予測では大幅黒字を見込んでいるにも関わらず、倒産というケースが散見されるのです。
なぜそうなるのかというと、融資を受けられなかったからなのです。

会社というのは多くの社員が働いているわけですから、毎月毎月運転資金が必要となります。

運転資金は人件費に限らず、光熱費とか電気代とか、取引先に支払う費用だとか、様々な目的で資金が必要です。
ということは、毎月出て行くお金があるということ。

会社としては出て行く以上のお金を手元に残しておかないといけません。

ただ、一時的ではありますが資金が不足しそうだというときがあるものです。
そういうときに即日融資を受けたり、短期の融資を申し込んだりするのです。

それがかなわないと、決算予測が黒字であっても倒産ということが起こりえます。

これが個人だとどうなるのだろうか?ということです。
会社と個人とでは違いがたくさんありますが、根っこにあるものは同じだと言えます。

個人でも生活するには資金が必要であり、月々日々にお金がいります。
それは出て行くお金があるということです。

なので、個人としても運転資金は必要となります。

ときどき、「今月は小遣いが厳しいな」というとき、ありますよね。
そういうときに即日融資の看板を見ると、ホントにありがたい手助けに見えるのです。
生活を回すための資金としても良いのです。

良いのですが、生活資金ならそのために使うべきであり、遊興費として使うべきではないのです。
本来とは違う目的に使うので困ったことになり、最悪は犯罪に手を染める人がいます。

それも本来の目的とは違った形で使ったためです。
本当にあなたが思い描いていたことに使うことで、即日融資は最悪の結果になるどころか最善の結果をあなたにもたらしてくれるのです。

即日融資ということの本質とは?

即日融資は、時と場合によっては神様のように見えます。
「助かった!」と思うこともあるかもしれません。

そもそも、なんで即日融資があるのか?

会社からすると、「新規顧客の開拓」につながるのです。

即日融資ですから、仮に来る人の多くはそれほど多額の資金を狩りに来るわけではありません。
「10万円あれば」とか「1・2万円でいいや」という人が多いように思います。

私も借りに行ったことがありますが、切羽詰った表情で来店してくる人はまったく見ませんでした。

貸す側としてはできるだけ多くのお金を借りてくれた方が利率がいいし、長期にわたってお客を引き止めておくことができます。
つまり、お客さんとの関係性の構築ができるのです。

関係性を作っておいて、本当に売りたい商品とかサービスを提案するのが、貸し手の本当の目的なのだと思います。
彼らもビジネスとしてやっている以上、利益を獲得するのは至上命題ですからね。

だから、融資する会社としては即日融資よりはそのあとの長期の取引につなげたいというのが本音ではないでしょうか。
長期にわたって取引がある方が、間違いなく実入りがいいですからね。

即日融資を受ける人はこの点も知っておいたほうがいいでしょう。
後日営業をかけられたり売り込みされたりした時の対策を立てることもできますから。

即日融資に色を塗って

即日融資はそれに目的を持たせることで、あなた独自の色をつけることができます。 たとえば会社を辞めて独立するときの資金とか、そういうことにも使えるのです。 あなたが使いたいことを定め、何に使うのか?をはっきりと示せるようになれば、即日融資というのはものすごく高価値のツールとなります。 即日融資と聞くと良いイメージを持たなかったかもしれません。 ただ、それに惑わされるのではなく、あなた独自の色を付けることで、あなたの今後の生活をより良くして過ごしやすいものにしてくれるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

即日融資の有意義な活用法!自分のために活かす借入とは?
Reader Rating 0 Votes