無職でお金を借りる方法はあるのか?甘い言葉に騙されない考え方


無職でお金を借りる方法はある?騙されないために必要なこと

無職でお金を借りようとする人が、すごくたくさんいらっしゃいます。
最初にお伝えしますが、そんな方法はありません。

少しだけ考えれば分かることですよね。

それを分かっていながら、無職でもお金を借りようとする人はいます。

では、お金を借りるためにはどうあればいいのでしょうか?


返済できるだけの収入があればお金を借りられる

実は少額であればお金を借りることができます。

ではどうすればいいかというと、「働く」ことができればいいのです。

正社員である必要は無く、派遣とかアルバイトでも借りることができます。

これは実際に確かめてみれば分かるのですが、ある金額までは収入を証明する必要はありません。

そう考えると、実は働いていなくても借りることができるのではないか?と思いますよね。

とはいえ、借りたお金は返さないといけないですから、きちんと返済するためのプランが必要になります。
それにはいくらかの収入があるコトが不可欠なのです。

お金を借りると手元にお金があるように見えますが、それはあくまで他人のお金であってそれはあなたのお金では無いのです。

お金を借りると「オレのお金だー」と調子に乗ってつかこんでしまう人がいますが、そうではありません。

やはり収入があるコトが、お金を借りるためには必要不可欠だと言えます。

なので、正確には無職ではお金を借りられないのです。

ですが、アルバイトでも短期の派遣でもいいので、何かしら職につけばお金を借りることができます。
収入があれば借りたお金を返すことができるのですから。

なので、無職だけどお金を借りたい!というのであれば、何かしら働き口を見つけることが必要です。
今、あらゆる職場で人手が不足しています。

いろいろな会社で正社員だけでは無くて、アルバイトも募集しているのです。
なので応募すれば採用される可能性はあります。

もちろん全ての職種で応募を受け付けているわけではないので、きちんと募集内容を確認することが必要です。

そうすれば、すぐにあなたもお金を借りることができます。
まずは働き口をみつけ、稼ぎ口を確保することが大事なのです。

お金を借りるために必要なコト

お金を借りるために必要なことがあります。
それは「いくら必要なのか?」を明確にすることです。

これは無職であっても職に就いていても同じですが、きちんといくら必要なのかをしっかりと明らかにしておくことが大事です。

実は無職でいるときは、こういうことを考えないものです。

とりあえずたくさんあればいいやと考えたり、借りれれば借りれるだけ借りたい!と思うことが多くなります。
不思議なことに際限なくお金を借りれると勘違いしてしまうのです。

一方、職がある人は借りれる範囲をイメージし、それを超えないようにしています。

収入があるからこそ、それをオーバーしたらまずいことになると分かっているのです。

そういうところからも収入があることが必要となります。
無職でいると収入が無いためにいくら借りればいいかがイメージできないのです。

だから、勘違いしていくらでもお金を借りることができると思ってしまうのです。

ある程度の月収があれば、その中でやりくりしようと考えます。
もちろん、借りているお金があればその返済も考慮しないといけないわけです。

となれば、勘違いして使い込んだりもっと借りようとはしないのです。
誰だって赤字になるのは嫌だし、借金をどんどん作ろうなんて思わないのですから。

収入があれば支出のバランスを取ろうと考えます。
それは収入があればこそ考えるようになるのです。

無職でお金を借りてしまうと、そういうことを考えなくなります。
バランスが崩れ、借りたお金に潰されてしまいかねないのです。

無職に見えても収入を作る方法

継続した収入が見込めれば、お金を借りられる可能性があります。
それはあなた自身がプロジェクトを立ち上げ、それをビジネスとして成立させることです。

それも一度だけでは無く、二度三度、さらには数年数十年と継続して収入が見込める状態にしておくことが大事なのです。

お金を貸す側に立つと、継続して収入が見込めるのであれば、貸すことによるリスクを重くとらえなくなるはずです。
継続して収入があるというコトは安定して稼ぎがあるというコトと同じような意味を持ちます。

つまり、継続して収入があれば確実に返済が見込めるということなのです。
遅延することなく返済してもらえる見込みがたつので、貸しやすくなるのです。

個人で事業を営んで収入を得ている場合、一見すると無職に見えます
しかし、収入があればお金を借りることができる可能性が高まります。

入ってくるお金があるわけですから返済プランを考え、しっかりと実行することができると言えます。

とはいえ、借りられる額は多くは無いでしょう。
収入があっても信頼されるかどうかは分からないですから。
なので多くの金額を借りられる可能性は低いと言えます。

ただ、借りられないというわけでは無いですから、いくら必要かをハッキリしたうえでそれを借りられるように立場を変えてみてください。

ただし、個人事業主の状態でお金を借りるには、ハードルが高くなる場合があります。
貸す側からすれば、いくら収入があろうともそれがずっと続くとは考えていないのです。

なぜかというと、収入の額が安定しないからです。
ある月は数百万円だったとしても、ある月は数万円ということもありうるのです。

それは貸す側からすれば、ハイリスクとに映るのです。
あるときはガツン!と収入があってもある月はゼロという可能性があります。

つまり、収入が滞って返済が大丈夫なのだろうか?と思ってしまうんですね。

会社を興したばかりのときは、銀行からの融資はほとんど受けられないということを聞いたことがありますが、それと同じような状況ということです。

なので、個人事業主の場合はハードルが高くなるのです。

ただ、それは個人事業主になってから借りようとしたケースの場合です。
個人事業主になる前に借りればいいのです。

あるいはサラリーマンとか他に仕事をしながら事業をすればいいのです。

だとすると、貸す側は安心してお金を貸してくれるでしょう。
正社員でなくてもアルバイトでもいいのです。

無職のまま事業を立ち上げても誰も見向きもしないでしょうが、会社員をしながらであれば借りられる可能性が高くなります。

必要とあれば、その状態で借りてみてはいかがでしょうか。

こういう言葉には引っかからないで!

ときどき、こういう言葉を見かけることがあります。
「無職でもお金を借りられます!」という一言です。

実はこういうことを言っている会社はまともなローン会社、信販会社とは言えません。
おそらくはヤミ金のような、まともではない会社の可能性が高いです。

ヤミ金はまともな営業をしても大手の信頼度が高い会社には太刀打ちできません。

ですから、法律ギリギリのところを突いたり法律を犯したりしてお客を集めてるのが実情なのです。

しかもそういう会社は法外な利率を設定しており、返済しても返済しても元本が減らないという最悪の事態になりがちなのです。

本来、無職の場合はお金を借りることができません。
にも関わらず、「無職でもお金を借りられる!」という一言に引きずり込まれてしまい、とんでもない利率で借りることになることがあります。

無職であれば、本来は借りることができないというコトをしっかりと頭に入れておくことが大事ですね。

無職でお金がないからこそ・・・

無職でお金がないからこそ、お金を借りたくなるものです。 借り物とはいえ、手元にお金があると安心できますからね。 当座の生活とか、精神的もゆとりが持てるようになります。 ただし、無職のままでお金を借りる方法はありません。 もし、「無職でもお金を貸します!」ということをいってくる人がいたら、それに乗っからないことが大事なのです。 収入がないのにお金を借りることができないということは、考えるまでもなくわかることですよね。 返済のあてがない状態なのですから、借りることだってできないのです。 だからこそ、正社員でなくても派遣でもいいしアルバイトでもいいので職に就くことが必要になります。 少ない額であっても安定して収入が見込める状態にして借りるべきなのです。 そうすれば「収入のあてがある」という事実を先方に示すことが出来るし、きちんと返済のプランを立てることも可能です。 無職でお金を借りるのではなく、職に就いてから借りる。 この鉄則を無視せず、しっかりと理解した上で、そして必要であれば借りてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

無職でお金を借りる方法はあるのか?甘い言葉に騙されない考え方
Reader Rating 1 Vote