お金を借りたい!そんな時の賢い選択術

shutterstock_282211898

あなたにあったお金の借り方がある

あなたは今、どうしてもお金が必要です。そんな時あなたにはどんな選択肢が頭をよぎりますか。いくつの選択肢が思い浮かびますか。

誰にでもお金が必要になる時やタイミング、時期というものがあります。そのタイミングにみんなが自分自身の貯蓄で賄えるわけではありませんよね。

そんな、「お金を借りたい」という時には、どのような選択をするのが正しいのでしょうか。時と場合によって当然異なる選択が必要です。

あなたは、あなたに合ったお金の借り方を知っていますか。どのような借り方が合っていると言えるのでしょうか。正しい選択、賢い選択とは何を選ぶことでしょう。

色々な疑問や様々な不安があるのがお金を借りるという行為です。その借り方の選択をする時にはどのような事に注意して、何を基準に選ぶべきか。

あなたに合った賢い選択をする為のヒントを少し整理してみました。

お金の借り方

あなたはいくつのお金の借り方を知っていますか。「お金を借りたい」と考えたとき、どこでどう借りるのかということを考えるという人は多いはずです。

お金の借り方というのは実にいろいろなパターンがあるものです。代表的なものと言えるのは銀行からお金を借入するというパターンです。

借りたことがなくても、どのような商品のラインナップになっているかを知らなくても、銀行からお金を借りることが出来るというのは知っていますよね。

「お金を借りたい」と考えた時に選択肢として思い浮かぶという人は多いでしょう。その他のパターンとしては消費者金融を利用するというパターンです。

このパターンについては賛否両論があります。というよりも良いイメージよりも悪イメージの方が強いという人も多いはずです。

それでも消費者金融もお金を借りることのできる様々な商品を持ち合わせているのも事実です。選択肢の1つとして存在するのは事実です。

お金を借りるパターンとして思いつく選択肢で他のパターンとしてはクレジットカードなどを代表とするカードローンです。

最近ではこのカードローンという借り方は銀行や消費者金融も参入して選択肢が多様化しているので知っている人も多いはずです。

銀行で借りるメリット・デメリット

お金を借りるという時の代表的選択肢の1つと言えるものに銀行から借りるというものがあります。この選択肢のメリットとデメリットはなんでしょうか。

メリットとしてあげられるのはもっともメジャーであるという点が1つです。これは安心感に繋がるということとアフターケアがしっかりしているという事です。

これは銀行という社会的立場からくるものなので他社には真似することはできない点であると言えます。

その他のメリットとしてはお金を借りるという面に関して誰もが気にする利息という部分が他の方法よりも低く設定されている商品があるという事です。

お金を借りるには審査を受けてパスする必要があります。その審査をパスすることが出来れば比較的低い利息で借り入れをすることができます。

では、デメリットとはというと、申込書から審査を経て借入金が入るまでにかかる期間が長いということです。急な入り用には難しい選択肢になります。

銀行以外で借りる

「お金を借りたい」そう思っていても実際には不安もあるという人も少なくないはずです。返済方法や利息に面など気になる点がたくさんあるからです。

急な入り用の場合には銀行から借りるという選択肢が難しいことから、この不安がより大きくなるというケースも多くなります。

銀行から借りる場合と他の消費者金融などの商品を利用して借りる場合の違いは何なのでしょう。銀行に場合は「安心感」という大きな要素があります。

他の金融機関となるとこの部分ではどうしても銀行には及びません。銀行以外の金融機関の多くの商品が売としているのは迅速さという点です。

この面に関しては申し込みをした即日であったり、翌稼働日であったりとかなりの迅速さを持って対応している商品が多く存在します。

また、もう1つの特徴としては使い道の汎用性という点になります。銀行商品は「住宅」「教育」などと使い道を限定した商品が多く見られます。

他の金融機関となると「フリーローン」という表現や「使い道自由」などといった形で使い道に対する制約というのはほとんどない形をとっています。

あなたの状況に応じて銀行以外の金融機関を選択するということも時には有効となるケースもあるはずです。

この場合に注意が必要なのは多くの場合、利息の面においては銀行に比べて高い設定になっている商品が多いという点です。
返済の方法と期間をしっかりと描いてどの金融機関を選択するかが重要だと言えます。

今の状況は

誰にでもお金が必要なタイミング、時期、期間というものがあります。それがいつ訪れるかという点については人それぞれと言うことになります。

「お金を借りたい」今そんな感情を持っている人は、あなた自身の今の状況をもう一度しっかりと見つめ直してみましょう。今がお金が必要な時かどうかです。

安易な考えで「お金を借りたい」と考える人というのは多数ではありません。しかし中には他の選択肢があるのにお金を借りるという選択をしてしまうケースもあります。

借りるという行為については1つの選択肢としては有効な手段ではあります。人にはそれぞれの状況に応じて合った選択があります。

現代では借り方は様々です。考え方としては必要な分以上の枠を設けないということが必要です。あなたが今必要とする額に応じた上限額を設定するという事です。

金融機関はあなたの状況に応じて時には大きな限度額を設定してくる場合もあります。この場合も申告すれば上限額を下げて抑えることも可能です。

この上限額の設定というのは「お金を借りたい」という状況において選択を間違えない為にはとても重要な要素だと言えます。

あなたにあった借り方

現代ではお金の借り方は実に多くのパターンがあります。あなたの状況に応じてあなたに合ったパターンの商品もかなりの確率で存在します。

しかし、それだけ多くの商品の中から自分自身の状況に合った商品を選択してお金を借りるというのは簡単なことではありません。賢い選択をする為にはポイントがあります。

あなたに合った借り方を選択する際の注意点は、「いつまでに」「いくら」を明確にするということです。この2つの要素選択をする上でとても重要になります。

例えば、「いつまでに」に余裕があるのであれば、安心感とアフターケアに長けている銀行からの借り入れを選択することが可能になります。

銀行での借り入れを選択すると必要額での借入が基本となるので「いくら」という要素に関しても選択を誤るという事は少なくなるという事に繋がります。

逆に「いつまでに」に余裕がない場合というのは銀行の選択肢は取れないケースが多くなります。この際はほかの金融機関の中から選択するということになります。

この際には「いくら」という要素を必ず気にする必要があります。上限額をそこに設定するということを頭に置き、後は商品ごとの優遇ポイントを見ます。

多くの場合は利息の優遇が設けられています。この優遇を最大限に生かすのも賢い選択のためには必要になります。

賢い選択とは

「お金を借りたい」そんな時の賢い選択とはどのような選択を言うのでしょうか。まずは返済が無理なく可能であるということが条件になります。

借入が必要という段階で既に余裕のある状態ではないと言えます。借入がその後のあなた自身を苦しめてしまうようではそれは賢い選択とは言えません。

返済を考える際に重要となるのは「利息」と「返済方法」、そして「返済期間」です。これらをしっかりと確認して選択することが誤った選択をしない為のポイントと言えます。

利息は誰もが目が行く部分です。返済方法は大きくは「引き落とし」と「払込」に分かれます。そして「定額」と「定額以上」という違いもあります。

金額が少額であるならば「払込」の「定額以上」がお薦めです。これは返済期間を短くすることが可能となるからです。ただし「払込」は忘れる事の無いように注意が必要です。

このように、利息以外の部分でも返済に影響を与える要素がある事をしっかりと理解しておくと自分にあった返済方法を選択でき借入に失敗は少なくなります。

お金を借りたい

誰にでも訪れる可能性のある「お金を借りたい」という状況だからこそ、その時が訪れた場合に失敗しないように選択方法を知っておくことが大切です。 人それぞれに注意すべきポイントは異なりますが、知っておくべき事というのはある程度の共通点があります。 しっかりと失敗しないためのポイントを知っておいて、賢い選択が出来るように普段から準備をしておく事がお薦めです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金を借りたい!そんな時の賢い選択術
Reader Rating 1 Vote