専業主婦がカードローンを組むことはできるのか?

shutterstock_199338803

専業主婦の借金について

専業主婦にだって、何かしら緊急の入用があることがあるはずです。

しかし、本人は継続的な収入を得ていない以上、カードローンを組むのは難しいようにも思えます。それでは、専業主婦のカードローン実情はいったいどうなのでしょうか。

 

専業主婦はそもそも借金できるのか

専業主婦には固有の継続的収入がありません。

それ故、借金をすることが出来るのか否やという点に非常に心配が存すると思います。論理的に考えれば、継続的収入のないものに対して、金銭を貸すという事はしません。なぜなら、返済の見込みがないからです。

 しかし、世の中単純な論理だけで動いているわけではありあせん。

きちんと抜け道的な論理が用意されているのです。したがって、専業主婦がカードローン等の借金を行うことが出来るかどうかといえば、答えは出来るというのが正解です。

借りる相手によって条件は変わる

専業主婦がお金を借りる場合、借りる相手がどこかによって、話の通し方が変わります。

第1に消費者金融から借りる場合、第2に銀行から借りる場合の2通りです。

このどちらかを選択することで適用されるルールも異なりますし、多くの細部で異なるものが出てきます。

したがって、どちらが専業主婦にとって良い借金となるのかを見ていくこととしましょう。

消費者金融からお金を借りる場合

専業主婦が消費者金融からカードローンのような形でお金を借りる場合、1つのハードルが存在します。

それは、総量規制というものです。総量規制というのは、配偶者と合わせて年収の3分の1までしか借り入れをすることはできないというものです。

これは旦那さんにも適用されるものですし、無論、奥様にも適用されるルールです。2010年以前にはこのようなルールはなかったのですが、多くの多重債務者が生まれ社会的にも問題になったことから、法による規制を行った次第です。

これによって、専業主婦の方は、世帯年収の3分の1までしかお金を借りることは出来なくなってしまいました。

しかし、裏を返せば、夫の年収を証明することができれば、3分の1以内までなら借りることが出来るという事です。

ただし、もう一つハードルがありまして、消費者金融等から専業主婦がお金を借りる場合、夫の同意書というものが必要となるのです。これは中々のハードルのような気がします。
  

銀行からお金を借りる場合

実際に専業主婦がお金を借りる場合、銀行のカードローンに頼るのが一番良いというのが実情です。

というのも、まず、先にもあげました総量規制というのは、改正貸金業法という法律によって規制されるものなのですが、銀行は貸金業ではありませんので、同法の適用除外となっているのです。

これを適用除外させるように、働きかけた銀行側の圧力というのは大したものだと思います。

お金を貸すという行為自体は同じであるにもかかわらず、銀行には、総量規制や夫の同意書等の規制から外すように立法させているわけですから、多くの圧力が各議員にかかったという事は容易に想像が出来ます。

少し話が脱線してしまいましたので、話を戻しますと、銀行のカードローンを組む場合には、夫の源泉徴収票や収入証明書さえ提出することが出来ればお金を借りることが出来ます。

もし、奥様の方が家計について握っているとすれば、秘密裏にカードローンを組むことも簡単にできてしまうのです。

収入証明書をとるという事は簡単ですからね。

夫に、源泉徴収票をちゃんと見せてと言えばいいわけですから。もしくは、役所で課税証明書をとればそれでもいいわけですし。秘密にカードローンを組むことが出来るわけです。

計画的な返済を

専業主婦がカードローンによってお金を借りることそれ自体は非常に簡単だという事は先の記事でわかっていただけたと思います。

しかし、決して忘れてはいけません。

カードローンというと素敵な響きかもしれませんが、要するに、借金です。

借りた金は返すというのが道理ですので、必ず、無理のない家計編成によって、計画的な返済ができるようなカードローン等の借入をするようにしなくてはなりません。

銀行からのカードローンでは200万円程度の借入も夫がきちんと収入を得ていれば容易におこなうことが出来ます。

しかし、それには、金利が付いてきますし、夫の知らないうちに大きな債務抱えてしまっているという事があっては身もふたもありません。

それ故、計画性をもってお金を借りるようにしましょう。
 

専業主婦のカードローン

専業主婦でも、銀行系のカードローンを用いさえすれば、比較的簡単にお金を借りる事が出来ます。 しかし、自らに収入がない以上、計画的な家計の編成によって、計画的に返済ができるような無理のない借り入れに留めるように留意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

専業主婦がカードローンを組むことはできるのか?
Reader Rating 1 Vote