「ご利用は計画的に」の意味をリボ払いで考える。

shutterstock_296263256

リボ払いというシステムで「計画的に」というが、どう計画的なのか。

クレジットカードの機能にリボ払いというのがあります。

友達が使っているということで、ちょっと興味を持って調べてみました。

お金がないときにリボ払いは、やめたほうがいいといえます。

使い方次第とは言われますが、やめたほうがいいです。

  

リボ払い

リボ払いは、リボルビング払いという正式名称があります。

この、リボ払いは、支払い残高(クレジット会社に返済しなければならない金額)に応じて、月々決まった額をクレジット会社に支払うことです。

クレジット会社の宣伝では、「月々の支払いを一定にすることができて、家計が管理しやすい利点がありあす。」と書いてあります。

リボ払いの特徴として、商品ごとに支払い回数・期間を設定する分割払いとは違って、支払い残高が残っている限り支払いが続くので、どの商品の支払いが終わったのか、わからないため、無計画に利用すると支払い残高が増えて支払いが困難になります。

また、仕組みや手数料を含む返済方法が複雑でわからないことも多いです。

分割払いとの違い

思うように、収入が伸びない中、買い物をしたいのに現金がないとクレジットカードを利用する人が多い。

クレジットカードには、翌月一括払いのほか、2回の分割払い、ボーナス一回払い、3回払い以上の分割払い、そして、リボ払いなどが設定されている。

通常のカードでは、一括払い、2回の分割払いと、ボーナス1回払いには手数料が発生しない。

分割払いは、商品を購入するたびに何回払いにすかして意思、「手数料」を加えた金額がその付の支払額になる。

月々の支払いが重たいが、支払いが終わる支払日の把握が簡単である。

一方、リボ払いは、購入した商品などの支払いを事前に決められた方法で計算し、毎月の支払額が一定になる。

同じ月にいくつか商品を買ったとしても、その締切日での累積残高に対する手数料を加え、支払うが、支払いの終わる日が理解しにくい。

リボ払いの仕組み

リボ払いの方法には、「定額リボルビング方式」(毎月一定額)や、「残高スライド定額リボルビング方式(設定残高によって返済額が変動)」、「定率リボルビング方式(残高に対して一定割合)」がある。

それぞれ、毎月の支払額に手数料を含めるウィズイン方式と、手数料を別にするウィズアウト方式がある。

手数料は、分割払いでも、リボ払いでもおおむね8%から、18%となっている。

クレジットカード会社、持っているクレジットカードの種類、購入金額によって違いがあります。

「残高スライド方式」は、「利用残高10万円以下、毎月支払額1万円、利用残高10万円超は10万円増えるごとに1万円増加」。

JCBカード、MUFGカード、セゾンカードなどがこの方式です。

10万円利用した場合には、10-11回の返済が必要になります。

「残高スライド方式(長期コース)」は、「利用残高10万円以下なら5000円、利用残高10万円増えるごとに5000円加算」で、MUFGカード、セゾンカードなどがこの方式を用いていて、支払い返済には、20回から23回かかります。

「残高スライド方式(最長コース)」上記の長期コースよりも、毎月の支払額が低くなり、返済額が定額となるように設定されています。
オリコカード、シティカード、楽天NCなど。

「定額コース」は、毎月の支払額が原則定額で、何回支払いかが直感的にわかりますが、利用残高に対して毎月の支払いがスライドしないので、返済回数が「最長」よりも長くあんることがあります。

三井住友カード、JCBカード、MUFGカード、シティカード、ダイナースクラブカード、セゾンカード、セディナカード、楽天カードなどが採用している方式です。

クレジットカードのリボ払いの返送方法では、毎月の口座引き落とし増額や繰上げ返済などが利用できます。

「残高スライド方式」であれ、「定額コース」であれ、リボ払いは返済が長くなるほど、金利手数料が増えていくので、早く払うに限ります。

リボ払いの金利について考えてみる

リボ払い手数料は、カードを締めた日の翌日から翌月の支払日までのリボ払い利用残高にリボ払い手数料をかけて、日割りで算出する会社と締め美までのリボ払いに月金のリボ手数料をかける会社の二通りがあります。

カードを締めた日の翌日から翌月の支払日までのリボ払い利用残高にリボ払い手数料をかけて、日割りで算出する会社には、三井澄人もカード、JCBシティカード、MUFGカードがあります。

一方月割りで計算する会社には、セゾンカード、セディナカード、イオンカード、楽天カードなどがあります。

リボ払いの金利は、クレジット会社が横並びで、年率に直して、14%から15%程度の「手数料」としているところが多いです。

年率15%なので、一月だと、1.25%増えるだけのように思えます。

12万円を毎月1万円で支払っときには、9081円の増加で12万円のものを買っているのに、13万円程度の支払いが必要になります。

リボ払いの問題

 
複数舞のクレジットカードを使ってリボ払いで商品を購入していると、自体は深刻です。

月々の支払いが、合計で2万円程度に抑えられたとしても、気がつくと支払い残高は数十万円になっていることもある。

消費者は、商品を購入した代金を支払っていると思っていて、利息ではなく、手数料という名目で支払っていると思っているので、お金を借りていりるという実感がなかなか沸きづらいかもしれないが、「支払い残高」は、「債務」で間違いないです。

人は楽なことに簡単に流されてしまう生き物です。

そして、戻れなくなってしまう。

毎月の支払いが楽なままに自由に買い物ができるという経験をすると、簡単にはやめることができない。

 ショッピングの限度額まで利用してしまったら、それは多重債務予備軍です。

多重債務の相談に訪れる人の多くが、「リボ払い」がその入り口となっている。

店頭で、「リボ払いにしてください」といいにくいなどのクレジットカードを使う人の心理をついて、「あとからリボ」などのシステムが導入されています。

一括払いにしようと思っていても、やっぱり支払いが大変だと思ったら「あとからリボ払いにできる」ようにあらかじめ登録をしておく「自動リボ設定」があります。

消費者が、買い物のときにリボ払いを意識しなくてすむようにして、買い物の抵抗感をなくすように、クレジット会社がしているといえます。

自動リボ設定」にしておくと、店頭で「一括払い」を指定しても自動的にリボ払いになってしまう。

「リボ払い専用カード」というものがあり、一括払いを申し出たとしてもリボ払いになってしまうカードです。

現在、リボ払いをしている人は、収入に見合った支出をするようにするのは当然ですが、月々の支払い金額を増やすこと、余裕があるときには支払い金額を増額すること、残額を一括で支払うことをお勧めします。

住宅ローンなどの繰上げ返済とおなじで、まとめて支払ったお金は元金を減らすことができて、その元金が増えるはずだった利息分を支払わなくてすむため、先ほどの月々の支払い金額を増やすこと、余裕があるときには支払い金額を増額すること、残額を一括で支払うことをお勧めします。

リボ払い地獄からの抜け出し方

まずは、基本ですが、できるだけお金をかき集めて、繰上げ返済をすることです。

たとえ1万円でもその1万円の将来金利がついて増えていく分がなくなることはかなりでかい効果になります。

次にリボ払いの返済金額を増やすことです。

毎月のリボ払いの返済金額を5000円程度でいいから増やすことにより、返済期間が短くなり、完済に近づきます。

ネット系のカードローンで未払い残高を一括返済するまで借りて返す方法です。

リボバライの手数料よりも、ネット系カードローンの金利が低いので、15%の金利が7-9%にへると返しやすくなるでしょう。

次は、ボーナス一括払いに切り替える。

ボーナ払いなら支払いを半年咲き程度まで先延ばしできる上に、金利手数料の発生がないので、無駄な金利を発生させません。

最後の手段は、親戚や恋人に借りることでしょう。

どうしようもなくなったらヘルプをしてもらうしかなくなっているので、恥を忍んで助けてもらいましょう。

クレジットカードも使い方を誤ると非常に危ない

馬鹿とはさみは使いようとはいったものですが、お金を手数料として元金よりも多くをとって蝕んでいく借金の怖さ、実感できましたか。 借金は指数的に増えます。 理系ではおなじみですが、指数関数は関数と呼ばれる概念の中でも、トップを争う増加をします。 ちなみに、階乗(たとえば、3!=3×2×1=6)もかなりはやく、増加していきます。 定期預金に預けても10%なんて利息はつきませんから、リボ払いはしないか、したとしてもすぐに返すことなどを、最後に書きましたが利息を減らすための行動をとってください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

「ご利用は計画的に」の意味をリボ払いで考える。
Reader Rating 1 Vote