賢いお金の使い方ファイナンスにみるクルマについて

ファインナンス、会計的にみるクルマの買い方

クルマはファイナンス、会計学的にはかなり興味深いです。

クルマの買い方はいくつもの買い方があります。

住宅はローンか現金購入になります。

しかし、クルマは様々な方法が提供されており、また乗り換えることも考慮されているため、いろいろな形態が作られています。

これはお金がない人もある人も必見です!

  

購入とリースとローン

ファイナンス的には、車は面白いです。

現金購入、割賦購入と、リースと、ローンなどの方法を用いて購入できる資産価値のあるものだからです。

それぞれがどういう意味をもつものなのかをまず説明します。

現金での購入は、説明するまでもありませんね。

現金をお店に持って行って、支払いをすべて現金で支払うことです。

何回払いなどにわけて支払うのが、割賦購入です。

この場合は、現金一括とは異なり、現金一括よりも高い値段を結局は支払うことになりやすいです。

購入ですので、ちょっと時間と支払回数が多いけれど、現金購入と同じです。

リースは、レンタル料を支払って車に乗ることです。

リースにはオペレーションリースと、ファイナンスリースがあります。

オペレーションリースは、レンタルビデオ店でビデオやCDを借りてくることと同じです。

借りた後は、返します。

そして、レンタルビデオ店にある作品しか借りることができず、そこで選びます。

そして、レンタルを行い、日数などによって課金が行われて、その料金を支払います。

このような携帯のことをレンタルといいますが、会計的な処理としては、レンタルなどはオペレーショングリース取引といい、リース取引の一種として処理されます。

一方、ファイナンスリース取引は、リース会社などが特に扱っている取引でリースといえば、ファイナンスリース取引のことを一般にさすようになっているようです。

ただ、会計的には、オペレーショングリース取引以外のリース取引をファイナンスリース取引というと決まっているのみです。

ファイナンスリースは、一般の賃貸借契約や、オペレーションリース、レンタルとは異なり、自分でファイナンスリースをする商品や物件、モノなどを決めることができます。

そして、そのモノをリース会社に代わりに買ってもらいます。

自分がそのモノを使うことができます。

会計的には、ここで、所有権のあり方が問題になります。

すべてのリース料金を支払った後に、その物件の所有者になれる場合には、所有権移転ファイナンスリース取引と言います。

一方、リース料をすべて支払って、リース期間が終了したときにその物件の所有権を持つことができない場合を所有権移転外ファイナンスリース取引と言います。

ただ、これらのオペレーショングリースやファイナンスリース取引などは実際には企業間で行われており日常生活では見ないことが多いです。

しかし、クルマを使用するときには見ることができます。

個人がファイナンス的に難しい話をする唯一の機会ですので、これを機にファイナンスを勉強してはいかがでしょうか。

二番目に高いものだからでしょうか、かなり選択肢があります。

人生で一番高い買い物といわれる住宅は、賃貸かローンかという選択で他があまり見受けられません。

クルマはほかの種類が豊富に用意されています。

リースとローンの車での説明

ローンとリースの一番の違いは、所有者になれるかどうかです。

ローンの場合には、支払いが完了すれば自分に帰属するものとなります。

しかし、リースは自分のものにはならずあくまで「借り物」状態です。

ローンかリースを選択するときには、頭金、支払い額、乗り換えがテーマになります。

頭金はローンの時には、毎月の支払いを軽くするために多く出します。

リースのときには、予定残存価格を設定し、この残存価格を下取り価格の予定額として頭金として組み込まれており、毎月の支払が抑えられています。

その他の支払いとして、ローンの場合には、自動車税や車検代、自動車保険などのお金がかかります。

リースでは、税金などはすべてリース料に入っています。

維持費が安定します。

乗換えのときには、ローンで支払った場合はクルマは自分のものになりますが、残債を上乗せして別の車に乗り換えることができます。

リース場合には、乗り換えたり、延長、買取、リース契約の解除などを選ぶことができます。

リースは毎月定額の出費がありますが、ローンの場合には支払いが終わった時には支払いが発生しないのでその分を貯金したりといったことが可能です。

リース契約には走行距離制限が定まっていたりして、超えると生産しなくてはならないなどがあります。

また、中途解約では違約金などを請求されることもあります。

車の買い方いろいろ(日産、ホンダ、トヨタ)

日産の場合には、買い方が4通りから選択することができます。

まず、現金での購入。

これについて説明は無用でしょうか。

ほかには、ニッサンオートクレジット、残価設定型クレジット、日産マイリースプランが用意されていました。

まず、ニッサンオートクレジットは、「買う」という行為に該当するとしています。

自分のものになる所有権を獲得するタイプであり、均等支払い、ボーナス併用払い、希望の額を一定期間支払い続けるJプラン、支払い額、支払い期間を自由に設定するフリープランが用意されていました。

簡単な日本語でいうと、これはローンです。

借入金を借りて、購入して返済するという典型的なローンです。

次に、残価設定型クレジットは、あらかじめクレジット終了時という支払い最終回でのクルマの買い取り保証額が設定されています。

その額を最終回の支払いまで据え置き、月々の負担を軽くして乗る分だけ払うとホームページには書いてあります。

解説をしますと、残価とは、残存価格のことです。

そして、これは減価償却を用いています。

減価償却とは資産価値の時の経過による価値の定価を会計的に認識することをいいます。

この減価償却を利用して、残存価格を算出し、その償却額を支払うというレンタルのような形です。

最終の支払い時で売却して、新車に買い替えるか、クルマを返却するか、クルマを買い取るかを選べるようになっています。

所有権移転外ファイナンスリース取引に近い取引形態といえます。

最後の、日産マイリースプランは、車を所有せずに使用だけするリースです。

まさにリース取引です。

登録諸費用、取得税、消費税、重量税、自動車税、自賠責保険と車の使用価格がリース料金に含まれています。

三年、五年契約か、五年契約の三年で見直しかなどがあります。

オペレーションリース取引に近いものとなっています。

さて、トヨタのトヨペットでの扱いを見てみましょう。

P!ったりクレジット(残価設定型割賦プラン)と呼ばれるものがあります。

これは日産の残価設定型クレジットに近いものです。

「らくだ!プラン」というのがあり、残額据え置き型と別名があります。

内容は、車両代金の支払いが購入時の「頭金」と「手数料」とみとなっており、三年後の「据え置き額」の支払いで2回で終わります。

また、購入するときのみ、残額を支払いとするもので、乗り換える時と車両を返却するときには残額の支払いが発生しません。

そしてリース取引の「アクティブ24」があります。

これは2年ごとにのりかえることができるようになっています。

そしてホンダの支払い方法を見てみましょう。

まずは、現金一括購入。

ほかの支払い方法は「クレジット」と「残価設定型クレジット」から選ぶことになっています。

「クレジット」は5年以上利用するとしており、支払い総額は残価設定型よりも少なくなっています。

毎月の金額を決めて支払う、金額指定。

回数を決める回数指定、一括での支払い月を決める一括払い、支払い額を任意に決める不均等払いなどが設定されています。

一方の「残価設定型クレジット」は、定期的に三年、四年、五年ごとに乗り換えることが可能となっています。

月々の支払は「クレジット」よりも割安となっています。

ただ、リースは「ホンダカーリース」という別会社扱いのため、車を購入するときに営業スタッフにリースにする旨を伝える必要があるようです。

ホンダのホームページを見るだけでは載っていないので、リース取引にするためには、ホンダカーリースについて調べる必要があります。

クルマの買い方、乗り換え方にさまざまな方法があることがわかりましたね。

このように多様な購入方法が用意されているものはあまりほかの商品や売買形態でもみません。 クルマの買い方に合わせたプランを選ぶことが大事になってくるので、車の販売店の人と相談をしっかりしましょう。 プランごとに支払い総額、毎月の支払額に違いが発生して合わないプランを選択していると後々の支払いが高くなることもあります。 きちんと話し合って、ベストなプランを探しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

賢いお金の使い方ファイナンスにみるクルマについて
Reader Rating 1 Vote