サラ金の誤った認識を正して安全な借入を

サラ金のイメージと実際

借金問題やお金の借り入れについて考えるときに、よく耳にする言葉に「サラ金」があります。

多くの人はこの言葉に対して良いイメージを持っていないというのが現実と言えます。

ですが「サラ金」とは、一体どういった業者であるかを、あなたは本当に理解できているのでしょうか。
あなたの周りや、あなた自身も含めて、「サラ金」とは裏の業者というイメージを持っていませんか。

実際、この「サラ金は裏業者」「サラ金って闇金融」といったような考えを持っている人が相当多いというのが現状と考えられています。
そして、これと類似すると考えられているものに「消費者金融」があります。

「消費者金融」と「サラ金」そして、「闇金」という言葉で表されているものは、それぞれどのようなものかを理解することが重要です。
同じものなのか、類似するものなのか、全くの別物なのかということです。

時代の流れとともに、お金の借入の仕方や貸付を行う業者も変化してきました。その過程の中で現れた言葉が、いつの間にか混同されてしまっているというのが現在の状況と言えます。

イメージや思い込みで間違った解釈をしないように一度しっかりと整理しておくことが大切です。

それぞれの特徴をしっかりと理解しておきましょう。


サラ金とは

まず、サラ金とはどのような金融業者を指す言葉なのでしょうか。

サラ金とは、サラリーマン金融の略語です。利用者の多くがサラリーマンであったことが語源です。

そして借入を検討している人や、サラ金について知りたいと考えている人にとって重要なことは、サラ金は合法であるのか違法であるのかという事になるはずです。

答えから言うと合法の業者です。

つまり多くの人が抱いている、違法な貸付や過剰な取立てを行っていると言ったイメージは間違いであり、現在のサラ金と言われる業者はこれらのことを行っていないということになるのです。

ここで1つの誤解が解けます。

間違ったイメージを持っている人の多くは、サラ金は違法な金利で貸付を行っていて返済が少しでも滞ると家族や親戚にまで迷惑のかかるような取立てが行われる、と思っているのではないでしょうか。

それは間違いであるということです。

サラ金と呼ばれる業者は、しっかりと法律に基づいて認可を受けています。当然ながら利息も法の範囲内であり、催促や督促も法を逸脱するような事はありません。

サラ金のイメージが悪くなってしまった原因については様々な事が考えられますが、実際に一部の業者が法を逸脱するような取立てを行っており、それがメディアで騒がれたことが挙げられます。

「やっぱり」と考える人もいるでしょうが、この業者は法的に処分を受け営業停止処分を受けたという結果があります。この処分は、サラ金が法律に基づいた認可をとっているが故にできることです。

この過去の経緯は、業界にとって大ダメージとなりました。

しかし一方でその反省は活かされ、今では問題のある行動は業界内でもほぼ皆無となったというプラスの側面もあります。

闇金とは

サラ金とは、多くのイメージとは異なり合法で貸付を行っている業者ということでした。

その一方で、闇金というのは法律を無視して貸付を行っている業者ということになります。

多くの人が悪いイメージを持っている金融業者というのはこの闇金のことだということになります。悪いイメージの多くを占める、違法な利息や過剰な取立てを行っているのは闇金のことです。

当然、法律に沿った貸付を行っているわけではない闇金にとっては、その取立て方法も法に沿う必要などないのです。貸付を行うこと自体が違法であるので取立て方法を問題としていません。

そして闇金の多くは、他の金融機関で借入を行うことができなくなった人を対象として貸付を行っているということも大きな問題となります。弱みに付け込んで貸付をしているということです。

既に他の金融機関からの借入を受けられない人たちにとっては、闇金が危険と分かっていても背に腹はかえられぬという事です。

借入を行ってしまうと取立ては厳しいものになります。

まして、借入を行っている人の多くは他の金融機関からも借入を行っています。返済についても、本人の限界を超えているというケースが大半を占めている為、闇金への返済も困難になります。

弱みに付け込まれて借入を行い、返済について新たな弱みを握られてしまって返済に追われる、という悪循環を生んでしまいます。

そして相手が違法である以上はその循環はひどいものです。

消費者金融はどっち

多くの人が間違った認識をしているもののもう1つが、消費者金融といわれる業者の位置付けに関してです。

その間違いとは、消費者金融と闇金は同義と思っている人が多いという事です。

消費者金融は闇金ではありません。

現在、消費者金融と言われている業者の大手は、あなたもテレビCM等で知っているのではないでしょうか。これらの多くは、銀行のグループに入るなど法の下に営業しています。

つまり、消費者金融というのは合法で貸付を行っている業者ということになります。
こう考えると、消費者金融は闇金ではなく法に沿った活動を行っている金融機関ということです。

ではなぜ消費者金融という言葉のイメージが良くないのかということになりますが、これは闇金という言葉が世間に広がる前、サラ金という言葉広まり始めた頃に原因があります。

消費者金融が過去、サラ金と呼ばれていたからです。これが様々な誤解の原因ではないでしょうか。

かつて一部のサラ金が行った、法を逸脱した取立て行為がイメージを悪くしました。つまりこの事が消費者金融のイメージを下げてしまったということになります。

その下がってしまったイメージが、同じように悪いイメージを持たれている闇金と同類というイメージへと発展してしまったということです。

安全な借入の範囲

当然ですが、借入をするときに考えなくてはならないのはどこまでは借入を行って良い相手で、どこからが借入を避けるべき危険な相手であるのかという点です。

追い込まれた時ほどこれは重要です。

判断の基準としては、もちろん法律を逸脱していないかどうかということが第一優先となると考えるべきです。
これは外してはならない重要なポイントです。

借入はさせてくれるが、その際の利息や借りたあとの取立てでは法律を一切無視した行動が取られるということでは、借入ができても意味を持ちません。

最も安全なのは、銀行からの借り入れと考えるのが妥当です。このことについては多くの人が理解はしているはずです。

問題となるのはその次に来る金融業者は何かということです。

銀行以外の金融業者で、最も目に耳にする機会が多いのが消費者金融です。イメージは決して良いものばかりではない消費者金融ですが、立場は合法と言えます。

また、現代では実に多くの人消費者金融からの借入を行っている時代になっています。誤った消費者金融へのイメージに固執しては誤った選択をしてしまう可能性があります。

消費者金融と闇金とは別物であるという認識をしっかりと持ち、法に触れない業者からの借入を行うということが安全を確保するためのポイントになります。

踏み込んではいけない借入

一方で、踏み込んではいけない借入のラインがあるとするならば、あなたはどこにそのラインを設定しますか。

人それぞれ、そのラインに違いがあるのは当然のことだと考えるべきです。

しかし、そのライン設定の個人差というのは最低限のラインを守った上でのことであるべきです。
その最低限のラインというのは法律に基づくと考えるのがシンプルだと言えます。

法律に基づくライン、つまり闇金での借入というのは踏み込んではいけないラインになるということです。
法律を無視した貸付や取立てを行う闇金は完全に借入先としては対象外です。

確実に踏み込んではならないラインというのは、法律を基準とすることで明確になります。

ただし、問題となるのはそのラインを越えるか否かが微妙な位置にいる業者についてです。

法律的に届出を行い認可を受けていながら、その1つ1つの行動ややり方に疑問を感じる業者というのも少なくはありません。

この場合、白でも黒でもないグレーな業者というのは踏み込むべきではないラインと考えるべきです。
白以外は踏み込まないと考えるのが安全です。

まとめ

サラ金と一言で言われる金融業者に対して、世の中の認識には多くの誤解や誤認が存在します。 その誤解があるがゆえに、誤った選択をしてしまう人もいるのが現実です。 多くの誤認とは、消費者金融と闇金の混同という事です。サラ金とは、消費者金融の過去の呼び名という認識を持つことが最も理解しやすいのではないでしょうか。 そう考えることで、誤った認識の多くは解決されます。 踏み込んではいけない業者を選択しない為に必要なことは、しっかりと法律に基づいた考え方をすることです。 誤解や誤認をしっかりと正したうえで、法律を守った業者を選択するという事が大切です。 安全な借入先の選択を可能にすることができるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

サラ金の誤った認識を正して安全な借入を
Reader Rating 2 Votes