借金したときのために覚えておきたい5つのお金の使い方

shutterstock_281289818

誰でも借金することがあり得るからこそ知っておきたい、お金の使い方

借金することはいろいろな方にありえることです。

冠婚葬祭や教育費や自己研鑽のための費用など、一時的にまとまったお金が必要になることもあるからです。

もちろん生活費を一時的に補填するということもあるでしょう。

あるいは行楽などに使いたいということもあると思います。

借金をすると、そのお金は自分のものに見えてしまいます。

それが借金から貧乏に陥ってしまう原因につながるのです。

お金を借りることが悪いのではありません。

使い方が間違ってしまっているのです。

自分の欲望のために使ってしまうと、たちどころに転落してしまいます。

そうならないよう、まずはお金を借りたら自分のものだと思わないことが大事になるのです。

それを踏まえておけば、お金の使い方を誤ることもなく、借金したお金をしっかりと活用することができるようになります。

これから、詳しくお話を進めていきます。


貧乏生活にならないための、お金の使い方

最初にひとつだけ心構えが必要になります。

それは「目的意識」という心構えです。

借金したのはなぜなのか?

何に使うためにお金を借りるのか?

これをはっきりさせて、その目的通りに使うことが大事なのです。

この心構えがないと、どんなに有効な方法であってもうまくいくことはありません。

あなたの思い通りにことが運ぶことはないでしょう。

まずは、ここをしっかりと抑えておいてください。

貧乏生活になってしまった原因が借金だったという場合は、やはりそれを繰り返さないようなお金の使い方を身に付ける必要があります。

しかし、単純な考えではなかなかうまくはいきません。

借金というのはそれだけ癖になってしまうものだからです。

そこで、どうすれば良いのかや、お金の使い方、借金を減らす考え方などをご紹介させて頂きます。

1.お金を借りることをやめる

まずはお金を借りることをやめる事で貧乏生活を抜け出す準備を始めましょう。

というのも、一度貧乏生活になってしまうと返済が難しくなってしまうからです。

そこで、返済をするためにまた借金をしてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

それを防ぐためには、お金を借りないというところに立ち返ることが大事になります。

とは言っても、そうはいかないこともあるでしょう。

それも踏まえながらこの先を読みすすめて言ってもらえると嬉しいです。

しかし、実際に返済していくのが難しいという場合にはどうすれば良いのでしょうか。

やはり生活にかかる費用を減らし、収入を増やしていく必要があるのです。

例えば、節約は本当に十分でしょうか。

しっかりやりくりしていくことはできますか?

もし、本業以外に副業などが出来るのであれば始めていきたいところです。

借金で借りたお金というのは自分のお金ではありません。

確かに自分で好きな事に使えるお金です。

しかし、それはあくまで借りたお金ですので純粋に自分の物では無いのです。

しっかりその考えを持つ事が大切になるのです。

2.貧乏生活の他の原因を探す

次に、貧乏以外のほかの原因についてお話します。

貧乏生活の原因になっているのは借金だけではなく、他にお金の問題は無いのか探っていきましょう。

例えば、まずは借金の原因をこの機会にしっかりと考えてみると良いと思います。

自分が借金をしてしまったのは何が原因だったのでしょうか。

きちんと目的を持っていたのでしょうか。

もし、単純に生活費が足りないという事であれば収入が足りない、もしくは何かに使いすぎてしまっているという事が考えられますよね。

何か大きなお金が必要になって借金をしてしまったという場合は、普段は生活には問題無いという事になるでしょう。

しかし、逆に借金をした事でその返済分が重くなってしまったという事が考えられます。

まず、前者の場合であれば普通に生活が出来るように収入を増やし、支出を減らす事を考えていくことがいいでしょう。

後者の場合であればボーナスで多めに支払う、新しく借りる事をやめて毎月の返済額を減らしていくなどして対応していきましょう。

後者の場合は他に稼ぎ口を見つけてそれを充てるのもいいと思われます。

3.お金を増やす事を考える

貧乏生活から手っ取り早く抜け出すためには、やはりお金を稼ぐ事が一番です。

幸い、一昔前とは違って簡単に副業が出来るようになりました。

都市部に住んでいる方であれば、その場で登録するだけですぐに日払いの仕事が出来る場合もあります。

地方に住んでいる方でもインターネットを使って簡単に副業が出来るようになりました。

実際のところ、インターネットの登場は個人が副業で大きく稼ぐ場所を造ることに貢献していると思われます。

それまでできなかったことがインターネットでできるようになったのですから。

それだけではなく、服が余っているならリサイクルショップに持ち込んだり、オークションやフリーマーケットで販売しても良いですね。

本当にお金を手に入れる機会や場所というのは増えているのですから、是非これを利用しましょう。

使わない物があれば売る、収入を増やす事を考える、無駄な物はそもそも買わない。

本当に必要なものだけを買うことが大事です。

そうしていると部屋の中も綺麗になります。

無駄なものがない、綺麗な部屋になるとやはりやる気もわいてきますよね。

4.貧乏生活と借金のイメージを強くする

貧乏生活中についお金を借りてしまう方であれば、まずは借金が原因になっている事を強くイメージしましょう。

そして、そのことを認め受け入れることが大事になります。

受け入れることで、素直に原因を理解でき、その後の対策もすぐに立てられるようになるからです。

もちろん、新しくお金を借りればそれだけ借金は増えます。

そうして借金が増えていけば、最初は節約などでまかなえていた金額でも、今度は回せなくなります。

その結果また借金をして、いつかは新しい借金が出来なくなってしまうのです。

実は、この瞬間がある意味一番恐ろしいですよね。

借金ができなくなるというのは、資金の調達が不可能になるということなのですから。

返済のためにまた新しく借りられるというのはまだいい方なのです。

それ以上になると、もう借りる事が出来なくなってしまいます。

すると、今度はずっと返済していくだけになってしまいます。

これはすごく精神的にもきついものです。

こんな悪循環が待っているとわかっているにもかかわらず、今回だけとつい借りてしまうものです。

そうならないと、実感として湧いてこないですから。

そこで、今回借りたらもう一生このままの生活が続くのだと考えましょう。

5.貧乏生活を抜け出すにはお金のイメージが大切である

貧乏生活を抜け出すにはお金のイメージが大切です。

今の生活から抜け出したいと考えるだけではなく、お金に対してポジティブなイメージを持つようにしましょう。

例えば、毎月支払いで困っているという場合には、お金はマイナスなイメージになってしまいます。

ついつい自分を苦しめているものようなイメージをしてしまいますよね。そこで、逆に考えてみましょう。

お金があれば、逆に今の生活を抜け出す事が出来るのです。

多くの成功者はこのように成功のイメージを強く持っていると言われています。

失敗する事、マイナスな事ばかりを考えているとなかなかうまくはいきません。

それよりもポジティブに考える事が大切ですね。

もし心が折れてしまいそうになった時は、幸福な自分をイメージしてみてください。

もう自分は幸福になっているのだと考える事がポイントですよ。

おさらいと最後の一言

ここまでいくつかお話してきましたが、数が少し多めなのでここでおさらいをさせていただきたいと思います。 1.お金を借りることをやめる 2.貧乏生活の他の原因を探す 3.お金を増やす事を考える 4.貧乏生活と借金のイメージを強くする 5.貧乏生活を抜け出すにはお金のイメージが大切である この5つの項目をもう一回、よく見て頂きたいと思います。 お金を借りた瞬間というのは、本当に有り難いと感じます。 とくに借りた時ほどありがたいと感じることはないのではないでしょうか。 しかし、借金というのはマイナスな面も多いということを覚えておくことが大事です。 実際、利子がついていて結果としてお金が減る事になるのですから。 そこをしっかり考え、お金に対して向き合う事で貧乏生活の脱出を目指していきましょう。 とはいえ、しっかりと目的をもってその通りに使うことで、借りたお金よりも多くのお金が舞い込んでくることもあります。 意識を変えつつ、本来の目的の通りに使うことが必要ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

借金したときのために覚えておきたい5つのお金の使い方
Reader Rating 2 Votes