借金が増える理由と借金の効率的返済について考えてみませんか?

shutterstock_294386456

あなたは借金、いくらありますか?その借金の効率的な返済方法について考えたことはありますか?

もうはるか昔にバブルが弾けて以来、不景気が叫ばれる現代。

毎日あくせく働いても収入は一向に増えない。それなのに消費税は上がる、物価も上がるでは、借金に手を出してしまうという人も少なくないのも頷けます。

借金にはいろんな種類がありますよね?

住宅ローンもそうでしょうし、銀行系カードローン、クレジット会社系カードローン、果ては消費者金融からの借金・・・。

いずれもお金を借りているわけですから、当然、金利も一緒に返済していく必要があります。

最初は良いんですが、年月が重なるにつれて、金利もバカにならない状態に陥るなんてこともザラです。

気が付くと、元金よりも利息の方が多くなって、いつまで経っても元金が減らないなんてことにもなってしまいます。

それが借金の恐ろしいところなんですね。

では、そんなことにならないようにする為に、どうやって返済していけば良いのでしょう。効率的に返済する方法はないものでしょうか?

ちょっと考えてみましょう。

そもそもどういう理由で借金をしてしまったのか、その原因から考えてみましょう。

借金をするには、誰しもそれなりの理由というものがあります。

わけもなく借金をする人なんてそうそういるものではないでしょう。

一般的に一番大きな借金は住宅ローンでしょうか。

次に子供の学費や介護親族に関する借金が続くようです。

しかしこれは、真面目な理由での借金ですから、借りた本人も返済には前向きになれます。

例えば住宅ローンならボーナス払いを併用したり、頑張って繰り上げ返済したり出来ます。

子供の学費の場合も、親の責任で一生懸命働いて返済しようという気持ちになれますね。

介護親族がいる家庭でも、家族のことだから頑張れます。

しかし、一番困る借金の理由として考えられるのは、趣味に掛かるお金や、ギャンブルに掛かるお金の借金です。

これは実は病気だとも考えられると分析するカウンセラーも多いそうです。

「これ以上はダメだ!」と頭では分かっているのに、欲求に負けて抑制が効かず、ついつい借金を重ねてしまうというのです。

これはテレビなどでもちょくちょく取り上げられている問題でもありますね?

まともな理由の借金なら効率的な返済方法は必ず見つかる!

先にも述べたまともな理由の借金なら、返済に前向きになれる為、効率的な返済方法を見つけやすくなると言われます。

返済に前向きになれるだけに、それ以上の借金を重ねようとは考えなくなります。

つまり、借りた時点から返済に向けた志向を持てるのです。

例えば住宅ローンの場合、一般的な借金の返済期間は30~35年と言われます。

しかし、そんなに長い時間を掛けるのは利息を考えるともったいないですよね?

そこでほとんどの人が取り組むのがボーナス払いの併用や、繰り上げ返済です。

ボーナスは毎回必ず出るという保証はありませんから、ボーナス併用はしないという方もおられるでしょう。

その場合はもっと繰り上げ返済を意識するようになるでしょう。

1年でも2年でも返済期間を短くする為に、毎日の生活の無駄を省き、1万円でも2万円でも多く返済しようとします。

その為にはどうするのが一番効率的かまでを考えるようになるでしょうから、気持ちも暗く沈んだりはしにくいと言えます。

病的な借金を重ねる人はどう考えたら良いのでしょうか?

趣味やギャンブルで借金を重ねる人達の一番大きな問題点は、それが自制の効かない病気の要素があるということになります。

ネット上で検索をして、様々な情報ソースから調べたことをまとめると、タバコや麻薬と同じような種類の病気と類似するということです。

快楽の欲求に逆らえない脳の病と言えるそうです。

また、そういうタイプの借金を重ねる人に限って、たいていの場合、消費者金融や、問題のあるサラ金に手を出してしまうという統計データもあるようです。

ここまで言えばもうお分かりになりますね?

そう、高額な金利で利息ばかりが増えて、いつまで経っても元金が返せないという事態に陥るのです。

その返済に首が回らず、また借金をしてその返済に充てる。

更に借金が増える。

その自転車操業状態の悪循環に嵌って、自己破産したり夜逃げしたりという最悪の事態になってしまうのです。

こういう借金を病的に繰り返してしまう人が、その借金地獄から抜け出すには、周りの人(家族や恋人など)の協力が必要不可欠です。

そして、弁護士に相談してまずは借金をなくすことから始めなくてはなりません。

そこまでなんとかこぎつけたら、こういう問題に精通した専門のカウンセラーに心の治療をしてもらいましょう。

 

今流行りの「過払い金請求」を検討するのも一つです!

今、テレビを観ていると、ほぼ毎日どこかの弁護士事務所が「過払い金請求しませんか?」とCMを流していますよね?

実際にこの制度を使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか?

弁護士に頼むと、報酬が高いんじゃないの?と躊躇っておられる人も多いかも知れませんね。

しかし、ほとんどの場合、過払い金請求でお金が戻ってきた場合のみ、報酬が発生するそうですし、いろんな法律事務所や弁護士事務所のホームページを調べても、たいてい、成功報酬は返ってきたお金の15~20%くらいのようです。

裁判で弁護士を雇うのと比べれば、かなりお手頃な金額ではないでしょうか?

弁護士に頼んだからといって、必ずお金が返ってくるという保証はないようですが、長期間返済している場合はこの方法を検討するのも効率的な返済に繋がるのではないでしょうか。

そもそも借金はしないに越したことはない!!

当たり前のことですが、借金なんて、しなくて済むならしないに越したことはありません。

世の中には手持ちのお金で全て支払いを済ますと決めていて、実際に実行している方もおられます。

お金がない、お金が足りないなら、借金をしてまで物は買わないということですね?

それで生活に困らないなら本来はそうあるべきなのですが、なかなかそうもいかないのが現代の我々の暮らしです。

どうしても必要なら、お金を借りる前にしっかり考えましょう。

「そのお金は本当に必要か?」「それは借金をしてでも手に入れなくてはいけないのか?」「借金をしてまで手に入れるなら、そのお金は計画的に完済できる範囲なのか?」などなど。

しっかりした考えのもと、計画的に返済できるなら借金は「悪」ではない!!

以上のことから、借金をする為には、事前にしっかりした検討が必要です。借りる目的の必要性、計画的返済のビジョン・・・。 それらに加えて、「借りたお金は毎月きちんと返す!」という当たり前の意識。 そうした全ての検討事項をクリアに出来るのであれば、借金も決して「悪」ではありません。 むしろ生活を豊かにする術の一つとして、有効に活用することが出来ます。 安易に考えず、真剣に、真面目に考えて、豊かな生活を送る為の上手な借金をしてみませんか? 借金を勧めるわけではありませんが、これらのことさえしっかり抑えておけば、決して借金は怖くないということなのです!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

借金が増える理由と借金の効率的返済について考えてみませんか?
Reader Rating 1 Vote