銀行でお金を借りる為に知っておくべきこと

shutterstock_316421285

賢く銀行でお金を借りる為には

あなた自身やあなたの周りに銀行でお金を借りるということができないと思い込んでいる人はいませんか。

「銀行の借入には厳しい審査がある」「絶対に保証人が必要になる」等という事が理由です。

しかし、これは一部誤った認識であるということができます。

誤った認識で銀行でお金を借りるということを諦めてしまっている人というのが実は少なくないというのが現実です。

銀行でお金を借りる為には何が必要で、どのような手続きを経ていくことになるのかをしっかりと知っておくことが大切です。

実は諦めている人の中にも借入が可能な人はいるものです。

現在では銀行も色々なターゲットごとに貸付の商品のラインナップを増やしてきています。

それぞれの商品のターゲットと特徴を把握してあなたに合った商品を探して見ることが大切です。

銀行でお金を借りる為に知っておくべきことを整理してみました。誤った認識や思い込みをなくしてあなたにあった商品を見つけてみてください。

銀行でお金を借りる

銀行でお金を借りるというととても難しいことのように考える人も少なくありません。

難しいという言葉の中には「面倒」という意味合いも含まれていると考えるとわかりやすいはずです。

この要因の1つとして挙げられるのは過去からの「銀行」そのものに対するイメージが先行としているという事です。

この影響は良い面でも悪い面でのかなり大きなものになっていると言えます。

現代ではお金を借りるという行為は実に多様化されていて、様々な商品が様々な人をターゲットとして存在しています。

しかし過去に遡ると借入とは銀行のみがその相手であったということです。

当然ながら貸す側はリスクを最小限に抑えての貸付を考えるものです。

その結果、たくさんの提出する書類が必要とされ、審査には数日を要し、保証人まで求められると言った形になったのです。

この頃の銀行の貸付のイメージというのは実は今でも根強く残っています。

「銀行でお金を借りるには時間がかかる」「保証人を求められる」というイメージもそこからくるものだと言えます。

そして、その多くについては今となっては誤った認識となってしまっているということになります。

時間に関しては審査は短縮され、他の金融機関との差というのはなくなってきています。

また、保証人という点に関しても必ずしも必要ということはなくなってきているのが実情と言えます。

世の中が多様化し、金融機関が多様化したことによって銀行も変化しているのです。

今では銀行でも「即日」を売りにしている商品もあります。

また最近では「保証人不要」の商品というのが世の中では主流と言えるほど増えてきているという事も事実としてあるというのが証明しています。

銀行でお金を借りるということは以前のイメージと比較するとかなり大衆的になってきているということができるのです。

そして、銀行でお金を借りるということの安心感は以前と変わりません。

この「安心感」というのは銀行が昔から持つ良いイメージということができます。

そういう面では昔と変わらないイメージ通りという部分も確かに残っています。両面があるというのを理解することです。

その中で、誤った認識や古いイメージというのはしっかりと正していくことが必要です。

そうする事で銀行でお金を借りる為に必要なことというのが明確になってくるということになります。

銀行の審査とは

銀行でお金を借りるということを諦めてしまう最大の理由としてあげられるのが銀行の審査の厳格さという事になります。

この審査に通る自信がなくて申込み前に諦める人は少なくありません。

審査というのは他の金融機関からの借入の場合にも行われるものです。

それでは何故、銀行でお金を借りる為の審査というのは他の金融機関の審査と比べて敬遠されるのでしょうか。

銀行といえば固いというイメージがあるのは昔も今も変わりません。

そして、かつての銀行での借入というのは数日を要する細かい提出書類の必要な審査を行っていたというのも事実です。

その上に、保証人を立ててようやく借入が可能になるというのが銀行でお金を借りるということだったという時代が長く続いていました。

そのイメージというのが今でも根強く残っているのです。

それでは、現在の銀行の審査というのは実際はどうなのでしょうか。

お金の借り入れのための審査というのは利用する金融機関に関わらず信用保証会社という第三者機関が行うものです。

この形態になると銀行の審査であっても必要日数も他の金融機関と変わらないということになります。

ただし金融機関によって審査のOKを出す基準というのは異なります。それが厳しいと言われるのです。

同じ情報を信用保証会社から得ても金融機関によって貸付を行うかどうかの判断結果は異なるということになるのです。

銀行の審査が厳しいというのはその点に関しては今も変わりません。

所要日数や必要書類、必要な情報などという点については他の金融機関と大差なく申し込みの煩わしさという点においては改善されてきたという事ができます。

保証人の必要なケース

お金を借りる場合にどうしても気になるのが保証人が必要か否かという問題という人は少なくないはずです。

多くの人は出来ることなら保証人を立てる必要のないような商品を探す事になります。

その点において、銀行でお金を借りるとなると保証人は必須であるという認識が今でも残っているというのが現実です。

銀行での借入は保証人が必要になるから避けなくてはならないという考え方です。

あなたもこれまでに親や知り合いから言われたことがあるのではないでしょうか。

「どんなに仲が良くても保証人にはなるな」とか「他人に保証人を頼むものではない」というような内容の事を。

保証人というのは悪いことではありません。

ただし、当人が返済ができなかった場合にその借入額を負担しなくてはならないという大きなリスクが伴うのが保証人という事になります。

他人の借金を返済していくというのはどんな人であっても良い思いをするものではありません。

多くの場合はその負担を強いた相手に対して大きな失望と嫌悪感を持つと言うことになるのです。

これが、多くの人が保証人というシステムを敬遠する理由と言えます。

しかし、ここで大切なことは現在では銀行でお金を借りる場合でも「保証人不要」で借入が可能な場合があるという事です。

もちろん、全て保証人が不要で借入が可能ということではありません。

例えば、あなたの今の会社での勤続年数が短い場合や契約社員や派遣社員で働いている場合などは保証人が必要な場合があります。

また、マイホームの購入や年齢によってはマイカーの購入などの場合などの高額の借り入れとなる場合には保証人を求められるケースがあります。

まずはあなたの借入に保証人が必要かを確認しましょう。

銀行だから保証人が必ず必要という考え方は間違いと言えます。

先入観ではなくあなたの求める商品に保証人が必要かどうかを確認することが大切となるのです。

銀行でお金を借りるメリット

多くの人が「面倒」とか「厳しい」と感じている銀行でお金を借りるということが、それでもなお借入において1つの大きな選択肢となっているのはどんな理由があるのでしょうか。

銀行でお金を借りるということのメリットというのはどのようなものがあるのかを考えてみましょう。

まず大きな理由として挙げられるのは銀行という金融機関としての安心感ということになります。

信用性と信頼性というのは他の金融機関と比べて銀行というのは格段に高いということが言えます。

この事は多少「面倒」であっても銀行でお金を借りるというの選択をする理由になると言えます。

もう1つ大きなメリットというのは、専門家を多く備えているという点です。

借入の相談から返済の相談まで多くの疑問や悩みを相談できる窓口や担当者が設置されているのが銀行です。

他の金融機関も同じような窓口や担当者の設置をしている場合はありますが、経験と信頼性という面では銀行の場合が他とは比較にならないという考え方が多いということが言えるはずです。

そして、最後に上げるメリットというのは実情よりもイメージの部分です。

他の金融機関、特に消費者金融などに対して多くの人は取立て等での過剰な圧力というのを警戒するものです。

その点において銀行というのはクリーンなイメージが強いということが大きな要素となります。

これは過去の様々な経緯や成り立ちからくるもので世間のイメージの影響が大きいと言えます。

他の金融機関との違い

銀行でお金を借りるということが多くの人から支持されるのには理由があります。

他の金融機関に比べて銀行でお金を借りるということの安心感というものは格段に違いがあると言えます。

これは銀行自体の実績という側面も確かにありますが、ほかの金融機関がイメージを落とすような行動を過去に犯してきたという現実も大きく影響していると言えます。

安心感とは実績が大切です。

安心感やイメージといった部分以外でも銀行がほかの金融機関と差別化される大きな要因となるのがお金を借りる場合の利率という事になります。

この部分は借り方や商品によっても異なります。

それでもやはり、圧倒的な資金力を持ち、顧客層を幅広く抱えている銀行の利率というのはほかの金融機関では真似できないような商品のリリースを可能にしているということができます。
お金を借りるという事は当然ながら返済していく必要があるので利率というのは借りる側にとっては非常に重要な要素となります。

あなたに合う商品を選択することが重要

お金を借りる必要が出てきた場合、多くの人はいくつかの金融機関や商品を比較して、どこで、どの商品を利用するのかという事を決定していくものです。 そんな時に失敗は避けなくてはなりません。 まずは、あなた自身にそして、世間に広がっている誤ったイメージに流されてはならないということをしっかりと理解しておく必要があります。 これはどの金融機関に対しても同じです。 そして現状の各金融機関や商品をしっかりと見て判断するということが大切になります。 銀行でお金を借りるということは確かに安心感がありますが、先入観での安心感では意味がありません。 しっかりと何がメリットで何がデメリットなのかを理解してあなたに合う商品を選択することが重要なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

銀行でお金を借りる為に知っておくべきこと
Reader Rating 2 Votes