キャッシングの上手な使い方

shutterstock_153006944 (1)

キャッシングをうまく使うには?

   
急に現金が必要になって、もし銀行のATMが使える時間ではなかった場合、コンビニなどで使えるキャッシングが便利です。

しかし、便利だからと言ってつい使ってしまうと、返済額が大きくなって後悔することもあるかも知れません。

上手に使うには、どうしたらいいのでしょうか。

キャッシングとは?

  
クレジットカードの主な使用用途には「ショッピング」と「キャッシング」の2種類があります。

ショッピングとは、カードの加盟店で商品を購入することができる機能のことです。

一方、キャッシングとは、お金を借りることができる機能です。

このキャッシング機能を使えば、お金はクレジットカードの提携先のATM等で借りることができます。

キャッシングのメリットは、何と言ってもお金が急に必要になった時に、すぐにお金を用意できることです。

例えば、結婚式なのに手元にお金がなくて、ご祝儀を用意できないといった場合や、カードの請求額が多いのに引落し口座に残高が足りないといった場合などです。

給料日前で、とりあえず不足分を借りて、給料が出た時点で返済に充てることもできますし、計画的に返済していきたい場合は、分割して返済していくことも可能です。

ただ注意したいのは、ショッピングに比べ、キャッシングの金利は高いという点です。

クレジットカードのキャッシングのサービスは、消費者金融が提供しているサービスと同様のサービスで、無担保の個人向け融資です。

そのため、各会社によって審査が行われ、借入額や金利などの条件が決まります。

また、信用力のない人は審査に落ちることがあり、また決められた借入額の範囲内でしかお金を借りることができませんし、もちろん際限なく借りることもできません。

キャッシングの利用枠とは?

 
 ところで、クレジットカードでは、ショッピングの利用枠とキャッシングの利用枠が別々に設定されていることがほとんどです。

例えば、ショッピングは30万円まで、キャッシング20万円までというように設定されます。

一般的に、ショッピングの方が利用枠は多く、適用される金利もキャッシングに比べると低く設定されています。

また、カード会社によっては、ショッピング枠とキャッシング枠が別々ではなく、キャッシング枠がショッピング枠に含まれる所もあります。

例えば、ショッピング枠50万円、うちキャッシング枠20万円というケースで、ショッピング枠で既に40万円を利用していた場合、キャッシングの借入可能額は最大でキャッシング枠としてある20万円ではなく、50万円?40万円=10万円となります。

キャッシングの金利とは?

   
カードでショッピングする場合、翌月払いやボーナス一括払いの場合は、金利はゼロです。ボーナス二回払いは金利ゼロのカードもあれば、金利が必要なカードもあります。

一方、キャッシングの金利は、100万円未満の場合で18.0%、100万円以上で15.0%が多いようです。

金利はカード会社によって異なる以外にも、クレジットカードのグレード(ランク)によっても変化し、例えばゴールドカードなどでは金利が低くなります。

これは、カードを発行する際に、カード保有者の審査を行い、一般的にゴールドカード保有者の方が信用力が高く、カード会社にとってリスクが低く、お金を貸すことができるためです。

クレジットカードのキャッシングの金利水準は、消費者金融とほぼ同じ水準です。

これはともに、貸金業法によって上限金利が決まっているためです。

上限金利は、10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は年15%となっています。

ただし、100万円以上の借入を希望する場合は、クレジットカードのキャッシング、消費者金融、銀行カードローンの各サービス、各会社によって金利に差が出てくるため、金利条件を比較することによって、上手に利用できます。

キャッシングの申込み

   
キャッシングの申し込みは、初回の申し込み時やカードの発行後に、キャッシングの申し込みをすることでできます。

申し込み後、カード会社によって審査されます。

自動契約機や書面審査の場合は、50万円以下、あるいは年収の1割程度までの借入枠となるのが一般的です。

また、審査では必要に応じて、収入証明書や所得証明書の提出が必要になります。

その後、返済状況を見て、きちんと返済がされており、さらにカードの持ち主の希望があれば、借入枠を広げる場合があります。

一方、返済が滞っているような場合には、借入枠を狭めるような対応がされることがあります。

キャッシングの返済方法

   
キャッシングの返済方法には、主に1回払いとリボルビング払い(リボ払い)があります。

1回払いとは、元金と利息を一括で返済する方法で、カード会社により、振替日は異なります。

また、リボ払いは、毎月返済する方法で、カードの利用件数や金額に関わらず、毎月の支払額がほぼ一定になるのが特徴です。

なお、1回払いで利用したキャッシングを後でリボ払いに変更するサービスも各社で行っています。

キャッシングの注意点

キャッシングの際に、最初に注意しなければならないのが、目的です。

結婚式のために借りる、旅行のために借りる、車を買うために借りる、などの明確な目的を自分の中で持って、それから借りるようにしましょう。

理由が特になく、今月はお金が足りないからキャッシングしよう、あるいはこれが欲しいけどお金がないからとりあえずキャッシングしよう、パチンコ代が足りないから借りよう、などと特に考えずにキャッシングをすると、借り癖がついてしまい、返済不能になってしまうことがあります。

初回のキャッシングはもちろんのこと、追加のキャッシングの際も、「なんでお金が必要なのか」を自分に問いなおすことが必要です。

次に注意したいのは、キャッシングをする前に、どうやって返済していくのかをきちんと計画を立てることです。

せめて、これからの1年間の計画だけでも立てたいものです。

毎月の返済額を決めるのはもちろん、自分の収入と支出を確認することも重要です。

毎月の収入から、確実に出ていくお金を差し引いて、無理のない範囲内で返済します。

早く返済したいからと言って、無理に大きな額を返済しようとすると、どうしても足りなくなってしまい、追加で借入をしてしまいがちです。

その結果、借入残高が増えてしまうことにもなりかねません。

次に注意したいのは、自分に合った商品を選ぶことです。

例えば「銀行系キャッシング、カードローン」は、他の金融機関よりも低金利で貸し出している場合が多いですが、その分審査は厳しい傾向にあります。

また初回融資実行までに時間がかかる銀行もあるので、注意が必要です。

急いでいないけどお金が必要、という人には最適です。

「消費者金融系キャッシング、カードローン」は、金利が17%~18%と、銀行に比べると若干高めに設定されていますがその分、サービスが充実しています。

即日融資はもちろんですが、深夜の借入・返済も可能です。

返済方法が多彩で、口座振替以外にもATMでの返済やネットバンキングでの返済などから選ぶことができるので、自分の生活リズムに合わせて無理なく返済を進めることができます。

また、無利息期間というサービスを提供している会社を選べば一定期間は利息がゼロですので短期間のみお金が必要、という場合にはかなりお得にキャッシングできます。

「クレジットカードのキャッシング」は、申し込む際に、キャッシング枠も申し込んでおくと、いざという時にキャッシングができます。

金利は消費者金融と同程度という場合が多いです。

返済は月々のクレジットカードの請求と同時に口座から引き落とされます。

 
ところで、初めてお金を借りる時、初めての金融機関からお金を借りる時にも様々な注意点があります。

お金を借りる前に、必要書類を提出しなければなりません。

全ての人に共通する必要書類は、本人確認書類です。

本人確認書類とは、現住所が明記されている運転免許証かパスポート、健康保険証です。

もし引っ越しで住所が変わっているのに住所変更をしていない場合は、上記の書類に加えて、公共料金の領収書や税金の請求書、領収書などの書類が必要になります。

次に必要なのは収入証明書類です。

これは、借入限度額によって必要になる場合があります。

他に借入がない場合は、消費者金融だと50万円以上、銀行は100万円以上の借入限度額を希望する場合に収入証明書類が必要になります。

収入証明書類とは、源泉徴収票や住民税の決定通知書、確定申告書、複数カ月の給与明細プラス1年分の賞与明細などです。

但し、各金融機関の商品によって、必要な収入証明書と収入証明書が必要になる基準が異なりますので、注意が必要です。

最後に、即日融資可能、という銀行や消費者金融が多く見受けられますが、実際には無条件で即日融資可能という訳ではありません。

特に銀行のインターネット申し込みは、細かい条件を設定している場合があります。

「その銀行に本人名義の口座があり、なおかつ契約手続きが午前中までに完了している場合に限り即日融資可能」というような条件が課されているところが多いので、急いでいる場合は注意しましょう。

消費者金融の場合は、自動契約機という無人で契約できる機会が全国に設置されており、午後8時程度までは即日融資可能としているところが多いので、心配はありません。

キャッシングの利用は細心の注意を払う

    手軽で便利なキャッシングですが、計画的に利用しないと返済に苦労することにもなりかねません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

キャッシングの上手な使い方
Reader Rating 1 Vote