賢い「借金返済」の方法とは?

shutterstock_336666182 (1)

借金返済に困ったら

   
日常生活では、どうしても借金をしなければならない場合があります。

返済が順調にいっている時はいいのですが、返済額が増えたり、不測の事態で返済が滞りがちになったりすることもあります。

そのような場面での対処法を説明します。

借金返済と計画

    
お金を借りる際に、きちんとした返済計画を立てていないと、借金の支払いは非常に難しいものになってしまいます。

基本的に支払いの際には、借りる時のことよりも返すことまで考えた上で利用するのが望ましいのですが、中にはそうしたことを忘れて、しっかりとした計画を立てずに借金を重ねてしまう人もいます。

例えば、借金返済には必ず利子が発生します。「借りた金額+利子」というのが、返すお金の総額になるわけですが、この利子というのは借り入れる金額にもよりますが、法律によって年20%までと定められています。

この利子分を返済計画に入れないまま計画を立ててしまうと、場合によっては利子で支払い額がどんどんふくらみ続けるということになりかねません。

基本的にお金を借りる際には、利子分をしっかりと計画の中に加えて、最終的にいくらぐらいの金額になるのかを把握しておきましょう。

その上で、自身の収入から毎月どれぐらいを返済に充てることができるのか、またその額が元本を減らせる額となっているのかなどを考慮して、借金をすることが大事です。

   
 お金を借りることそのものは悪いシステムではなく、しっかりと計画をもって利用することができれば、とても便利なものです。

しかし残念ながら、そのシステムを使いこなせていない人も多く、そういった人が借金のイメージを低下させてしまいます。

そうならないためにも、借入をする際には返済を考えて利用することが大切なのです。

借金返済の注意点

借金をする理由は人それぞれですが、金額が多くなると返済が追いつかなくなるために注意が必要です。

人間はお金がなければ生活ができないため、お金を稼ぐことに全力を注ぐもので、お金があれば様々なことを自由に楽しめるためにお金の状況によって考え方が大きく変化するものです。

借金をする理由としては、お金を簡単に借りられることを知って気が緩むことが多く、返済を忘れることが習慣になって、起きることが多いようです。

簡単にお金を借りられる方法は、金銭感覚が麻痺することにつながりやすく、キャッシングやローンをする時には仕組みを正しく把握して、今後の返済計画を考える必要があります。

借金の金額が多くなれば、利息の金額が膨れ上がることになり、結果的に金額が高くなることで返済放棄をする恐れがありますので、注意が必要です。

    
多くの負債があることは今後の人生に悪影響を与えるため、債務整理や自己破産などをして対処することが大事です。

多くの借金を抱える原因は、自分自身の金銭管理が甘さや金銭感覚の麻痺が原因で起きることが多く、金額が多くなりすぎた場合には弁護士に相談してから今後の人生を見直すきっかけを作る必要があります。

 

早期に借金返済するためには?

生活費や固定資産税などの税金、家賃や子供の学費などの家計の支払いをするために、消費者金融やクレジットカードの利用や、子どもの教育ローンや住宅ローン、奨学金などの借金をしている人がいます。

もし個人事業者であれば、国金から借り入れることもあるでしょう。

これらの借金返済におすすめの方法として、繰り上げ返済があります。住宅ローンの場合など、夫の退職金で繰り上げ返済した、などという話を聞いたことがある人も多いと思います。

借金の繰り上げ返済とは、元々の月々の返済予定とは異なり、借金をある程度まとまったお金で一括払いして残金を大きく減らす借金返済方法のことです。

たとえば1000万円借りて月々5万円ずつ返済している場合に、貯金などを利用して200万円分を繰り上げ返済してしまうのです。

そうすれば、そのときの借金残高から一気に200万円が差し引かれます。

なお、住宅ローン支払い方法には、よくボーナス払いがありますが、繰り上げ返済はボーナス払いとは異なります。

ボーナス払いは、元々の返済予定に組み込まれた定期的なものですが、それよりも不定期で、ボーナス払いよりもさらに一括でまとまった金額を支払うことによって、残債を大きく減らす方法が繰り上げ返済です。

借金返済において繰り上げ返済を利用すると、利息支払い分が大きく減らせる点が最大のメリットです。

借金には高い利息がついているので、借金している期間が長く金額が大きくなればなるほど、利息分が上がります。

従って、借金している期間や金額はなるべく短く、少なくすることで賢く借金返済出来ます。

極端な話になりますが、繰り上げ返済で借金を一括払いしてしまったら、その後の利息は一切支払わなくて良くなるわけです。

このように、借金は繰り上げ返済すると借金の支払い総額が減るので、とても楽にお得に完済することが出来ます。

借金しているときには、なるべく貯金をするなどして、一気に繰り上げ返済してしまうことがおすすめの借金返済方法です。

借金返済に苦しい場合、債務整理をすすめられることがよくあります。

確かに任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理手続きを利用すると、借金問題自体は解決できる場合がほとんどです。

ただ、債務整理をすると、個人信用情報に事故情報が記録されて、融資の審査に通らなくなってしまいます。

収入があっても、自分名義でクレジットカードを作ることもできないブラックリスト状態になり、カードを使いたいときには家族名義のものを使わなければなりません。

このようなデメリットのある債務整理に対し、借金を繰り上げ返済で完済してしまった場合には、ブラックリスト状態になることはありません。

むしろ、繰り上げ返済で早期完済した場合には優良なローン利用者となりますので、信用状態はより良い評価となるでしょう。

このように、借金返済方法として繰り上げ返済した場合には、債務整理した場合のようなデメリット(信用情報に傷がつくこと)がないことも、繰り上げ返済をおすすめする理由の一つです。

借金返済をFPへ相談

    
有効な返済方法が見つからないまま、借金を抱えて途方にくれるという人は少なくありません。

支払い不能に陥らずに借りたお金を完済するためには、現時点での金銭条件をよく認識することです。

特に多重債務になりかけていて冷静になれないときは、第三者の専門家に相談してみる必要があります。

最近では、インターネットで債務に関する相談を受け付けているところもありますので、利用するといいでしょう。

賢い借金返済方法を教えてくれるというFP(ファイナンシャルプランナー)もいます。ホームページなどを利用して、相談してみましょう。

    
支払いの負担を軽くする方法や、保険料のチェックなど、借金返済の方法に留まらずに、家計の効率化やスリム化が図れます。

家計のムダな部分が改善されれば、多重債務に陥る前に、きちんと借入を払っていくことが可能になります。

自分では気づかない無駄があり、返済に回すお金が実はあるというのであれば、十分な借金返済方法になるでしょう。

もしも、何をしても問題を解決する方法が見つからないのであれば、債務の整理が必要なります。

お金の問題で困ったらまずは専門家に相談するというのが、賢い借金返済方法だといえます。

恥ずかしいとか、気後れするとか、そういった気持ちがありかもしれませんが、手遅れになっては元も子もありません。

おまとめローンで借金返済

    
借金を返したくてもなかなか計画的に支払いできず、返済のために別の借入を作ってしまう人が多くいます。

そこで、しっかりと借金の完済を目指すために、借入先を一箇所にまとめましょう。

「おまとめローン」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

要するに、借金の借り換えということです。今までバラバラだった借入先を一箇所にまとめる事によって、支払いの計画が立てやすくなります。

この方法によって、自分の借入の総額が把握しやすくなります。

総額を把握することは、とても重要です。

また金利についても、バラバラだったものがまとまりますし、借金の返済日も1回になり1回あたりの返済額も減らすことができます。

このメリットによって、無理な支払いプランが解消できます。

    
ここで不安なのが、借金の借り換えをスムーズに行えるかどうかという点です。

借り換えには、審査があります。しかし、おまとめローン用のプランを用意している金融機関は、多くあります。

定職に就いていて、借金返済の滞納などが無ければ、基本的には審査をパスできると考えて良いと思います。

おまとめローンは、金額が大きくなる場合が多いと思いますが、総量規制の例外であることがほとんどです。

借りる側にとってメリットの大きい借り換えは、総量規制の対象外となると定められているからです。

賢い借金返済方法である「おまとめローン」を利用して、きっちり完済を目指しましょう。

借金返済の第一歩は自分の借金の総額を把握すること

     借金返済のために、新たに他から借りて返すことを続けていると、元金だけでなく利息もいつの間にか膨れ上がってしまいます。 先ず、自分が今抱えている借金の総額を把握し、できれば専門家のアドバイスを受けてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

賢い「借金返済」の方法とは?
Reader Rating 1 Vote