これだけは知っておきたい「カードローン」のこと

shutterstock_97316204

カードローンの知識を知っておこう

   
カードローンは、急にお金が必要になった時は、とても便利なものですが、ついつい使いすぎて多額の返済に悩んでいる人も少なくありません。

正しい知識を持った上で、便利に使いたいものです。

カードローンとは?

   
「カードローン」とは、個人向けに担保なしで融資する仕組みのことです。

カードローンは担保を付けないでお金を貸すので、個人信用を重視したローンということになります。

ですから、自動車ローンのように、比較的誰でも借りやすいローンとは違い、審査状況によって、借りられないことも少なくありません。

その意味では、カードローンは、基本的に気軽に借りられるローンではありません。

しかし、だからといって、厳格な年収制限があるといったものではなく、原則的に定職に就き、安定した収入がある人なら申込みは可能です。

最近では、限度額10万円のカードローンもありますので、学生や専業主婦でもカードローンが利用できるようになりました。

審査も以前に比べて、時間がかからなくなってきていますので、利用できる方の幅は広がっているのもたしかです。

カードローンの特徴と仕組み

   
一般的に、ローンには大きく分けると、目的ローンとフリーローンがありますが、カードローンはフリーローンのひとつです。

カードローンとフリーローンは厳密に言えば違いはありますが、資金使途が自由という点でフリーローンの仲間と考えられます。

ちなみに目的ローンとは、自動車ローンや教育ローンなどの資金使途が限定されるローンのことを指します。

フリーローンは、資金使途が限定されません。

自動車ローンで得た資金は、自動車購入資金にしか使えませんが、フリーローンは、旅行に使っても良いですし、借り換えに使っても構わないわけです。

しかし、資金使途が限定されないフリーローンは、目的ローンより金利は高く設定されます。

カードローンも同様です。何に使っても構わないのですが、金利は目的ローンより高くなる、これがカードローンの基本です。

そしてもうひとつの特徴は、カードローンは限度額内で何度でも借りたり返したりができることです。

返済方式はいろいろありますが、基本的には、利用残高に応じて毎月5千円や1万円など、あらかじめ決められた返済額に基づいて返済を続ける残高スライド定額リボルビング方式が主流です。

そしてカードローンは、毎月の返済を続けているかぎり、限度額内であれば、何度でも引き出して使えるのです。

もちろん利用残高がゼロになったり、まったく利用したりしなければ返済は発生しません。

カードローンをつくる人には、万一の資金不足に備えてという方もいますし、住宅ローンの優遇金利を利用するために、融資先の銀行のカードローンをつくる人もいます。

しかし、カードローンをつくったけれど、全然使っていないなら、当然ですが返済は発生しません。

商売をしている人だと、不動産に根抵当権を設定しておき、それを元に決められた極度額の範囲で、銀行から自由にお金を借りられるようにしている方がいますが、カードローンはこうした事業者向けのローンの、無担保型で個人向けのローン商品ということもできます。

カードローンのメリット・デメリット

サラ金、消費者金融のローンも仕組みとしてはカードローンと同じですが、中小の消費者金融のローンの中には、枠内融資を受ける場合、その都度審査を受ける必要があるものが増えています。

これは、債務者の与信をその都度チェックすることで、返済不能に陥らないようにするためでもあり、債権者も貸し倒れのリスクを抑えられます。

しかし、カードローンの場合、一度与えられた限度額は、よほどのことがない限り減額されることはありませんし、枠内であれば審査なしでいつでも自由に引き出せます。

   
このことは当たり前のことと思っている人もいるかもしれませんが、返済によって借りられる枠ができても、それを利用するのに毎回審査を受けて、契約更新しなければならないローンと比べると、非常に大きなメリットになります。

しかし、枠内であればいつでも自由に引き出せるために、カードローンに対して借金の感覚が薄れてしまうというデメリットもあります。

一度カードローンをつくると借り入れと返済をずっと繰り返してしまい、それを何十年も続けている人もいます。

こうなると、金利だけで相当な金額を支払っていることになり、大きな損失です。

カードローンは借りている限り、正真正銘の借金ですから、解約しないまでも、利用残高ゼロの状態に早めに戻しておくことが、賢い使い方です。

枠内ならいつでも借りられるというメリットは、デメリットと背中合わせであることを忘れてはいけません。

カードローンとキャッシングについて

   
いくらカードローンが頼りになるサービスだとはいっても、借りたお金はいずれ返さなくてはなりません。

当然ですが返済には利息がつき、借りた金額よりも多めに返さなければいけません。

借り入れや返済を自分できちんと把握していないと、少ししか借りていないのに、多額の返済をいけないということも起こりえます。

そのようなことは、できれば避けたいものです。

   
「キャッシング」と「カードローン」の違いを理解し、どちらを利用したほうが自分にとってお得で、損をしないのか、それを知っておくことが大切なのです。

両者の一番の違いは、何と言っても「返済方法」です。

「一括払い」が一般的なキャッシングと違って、カードローンは「分割払い」が一般的です。

そのため、キャッシングとカードローンの違いは、「一括払い」と「分割払い」の違いと言えるでしょう。

  
 分割払いの場合は、毎月少額ずつ支払う返済計画を立てます。

一度の返済額が少額になるため、それぞれの負担も少なく、無理なく返済が続けられるという点が分割払いのメリットです。

借入れた金額が大きい場合、一括払いでの返済が困難という場合もあるでしょう。

そういうときには、分割にすることで返済しやすくなります。

ただ、借入れた金額を分割して、細々と支払っていくことになるため、返済完了までの期限は長期になりがちです。

長期の返済になると、利息がその都度加算されるため、一括払いよりも利息分の金額が多くなってしまいます。

そのため、返済完了までに支払う総額が増えてしまいやすいというのが、分割払いのデメリットです。きちんと毎月支払える金額で、なおかつ利息があまり増えないようなペースで返済が出来るよう、綿密な計画を立てる必要があります。

銀行カードローンの問題点

大手銀行のカードローンに関する広告が増えてきました。

消費者金融、サラ金といったイメージのない大手銀行が、ローンサービスを個人向けに提供しています。

また、インターネットやコンビニATMなどから、気軽にお金を借りることができる環境が整ってきました。

一方で、そんな手軽さから安易にカードローンに手を出し、多重債務に陥る人も決して少なくはありません。

   
手軽になったカードローンと陥りやすい問題点をまとめてみます。

カードローンといっても、本当に必要な時に一回使うというケースなら、それほど問題ではありません。

ただし、一番危険なのは、生活費の不足分を補う方法として、カードローンを使ってしまうことです。

このパターンがカードローン地獄、多重債務への入り口となります。生活費を補う方法でカードローンを使うということは、要するに自分の給料以上の生活費が必要になっているということです。

ちょっと外食が続いたとか、そんな理由でカードローンに頼るのは大変危険です。

生活費が足りない、カードローンで借りる、返済もあるので生活費が不足して来月も生活費が足りない、来月もカードローンで借りる、再来月さらに返済額が増えて生活費が不足して生活費が足りない、再来月もカードローンで借りる、とループしてしまいます。

しかも、このパターンだと返済のペースを上げない限り、どんどん借金が増えていきます。当然借りているお金には金利が付いてきます。

   
例えば、1万円をカードローンで借りて、1万円を返済するとします。

このときトータルの借金残高は増えたでしょうか、減ったでしょうか、それとも変化なしでしょうか。

「1万円借りて1万円返済したのだから変化なしでは」と思うかもしれませんが、借金は増えています。

なぜなら、返済額の1万円のうち一部は「金利の支払い」であるため、ローン借金の返済はその一部でしかないのです。

仮に金利14.6%で50万円の残債がある場合、1万円の返済した場合元金の返済にあたる部分はたったの3917円です。

残りの6083円は利息となります。同額返済だと借金は減らず、逆に増えるわけです。

なるべく早くこの負の連鎖を止めないと、借金が借金を呼ぶ雪だるま状態になってしまいます。

   
カードローンやキャッシングといったお金を借りるということは、初めて借りるまではかなり抵抗感があるのですが、一度借りてしますとその抵抗感が一気に薄れます。

また、最近の銀行カードローンはWebやコンビニATMなどで簡単に借りることができるので、まるで自分の銀行預金を引き出すような感覚で、お手軽にお金を借りることができてしまいます。

ちょっと買い物をしすぎて、返済日にお金が用意できないからちょっとカードローンで借りたり、クレジットカードのリボ払いや分割払いで買い物をしたりする時点で、生活力を超えるレベルの生活をしているわけです。

普通の人はどれだけ高額所得者であっても稼いだお金以上に使うことはできません。

最近はクレジットカードやカードローンなどで手軽に借金ができてしまいます。

しかしながら、その利用は高額な利息の支払いに加えて、結局は支払いという「問題」を先送りしているにすぎないということを忘れてはいけません。

カードローンは便利であるが、その仕組みをよく理解しておこう

    カードローンは、とても手軽で便利なものですが、その仕組み、特に金利についてよく理解をして、利用することが大事です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

これだけは知っておきたい「カードローン」のこと
Reader Rating 1 Vote