運転資金を融資で借りる2つの方法

shutterstock_360837716

運転資金の調達方法

   
事業を行う上で、最も頭が痛い問題は「運転資金の調達」です。

売り上げから経費を差し引いた後に残ったお金から、毎月、毎年の運転資金を捻出しなければなりません。

しかし、運転資金が不足した場合には、借り入れる等の方法で調達しなければなりません。

方法としては2つで、銀行(政府系、民間)とノンバンクです。

方法①日本政策金融公庫とは?

   
日本政策金融公庫とは、政府系の金融機関であった「国民生活金融公庫」、「農林漁業金融公庫」、「中小企業金融公庫」、「国際協力銀行(国際金融等業務)」、「沖縄振興開発金融公庫」、の5つの機関が、平成20年10月に統合し、新たに『株式会社日本政策金融公庫』として発足した会社です。

この銀行は、主に中小企業対象の銀行です。

特に中小企業は、日本経済や地域社会において重要な役割を果たしています。

しかし、特に小企業は、「担保力が低い」、「帳簿等の整備が十分ではない」、「資金需要が小口」といった理由から、民間金融機関では対応が難しい分野です。

とりわけ、新規開業する企業への融資は、「事業実績がない」「リスクが大きい」という理由で民間金融機関はほとんど融資に応じてくれません。

こうした民間金融機関ができない分野を補完するのが、政府系金融機関の存在意義となっています。

   
日本政策金融公庫の国民生活事業(旧国民生活金融公庫)の融資先は、小企業が中心であり半数は個人企業です。

融資先は、生花店、パン屋、飲食店、理・美容室、工務店などのように各地域の住民の生活に密接なかかわりを持った小企業が中心です。

融資先の約9割が従業者9人以下であり、個人・法人別でも個人企業が約半数を占めています。

方法①日本政策金融公庫から融資を受ける方法とは?

   
運転資金を対象にして融資を受ける場合の「融資額」は4800万円以内で、返済期間は「5年以内」で、そのうち返済の据置期間は「1年以内」です。

なお利率は、返済額、返済期間、担保の有無で細かく設定されています。

なお運転資金とは、主に商品の仕入(在庫の補充、新製品購入等)や資金繰りに必要な資金(買掛金決済、手形決済、賞与支払い、その他経費の支払等)です。
 

方法①日本政策金融公庫のメリットは?

  
日本政策金融公庫の主なメリットは、以下のとおりです。

1 安い金利で長期借りられる

一般の民間金融機関よりも安い金利で借入することができます。また、返済期間も一般の民間金融機関より長期に設定されています。

2 固定金利で返済が可能

一般の民間金融機関からの借入は、変動金利での返済がほとんどです。

日本政策金融公庫では、固定金利で返済するので、将来の資金繰りについても計画的に行うことができます。

3 新規開業の支援策が充実

一般の民間金融機関では実績が重視されますので、新規開業の借入は非常に困難です。

日本政策金融公庫は国の政策上、新規創業を支援していますので、各種融資制度を準備しています。

4 「無担保、無保証人」制度がある

「無担保、無保証人」の融資制度として、「第3者保証人等を不要とする融資」があります。

一般の金融機関ではよほど実績がよくない限り「無担保、無保証人」では借入はできません。

方法②ノンバンクとは?

   
もう一つの方法は、ノンバンクの「ビジネスローン」を利用する方法です。

ノンバンクというと、消費者金融を思い浮かべる方も多いと思います。

しかし、ノンバンクとは、預金業務などを行っていない金融機関を総合した言葉ですので、クレジットカード会社や信販会社なども含まれます。

このように記載すると、個人向けの融資のみを行っている会社のように思えますが、消費者金融でも事業者向けのビジネスローンを行っていますし、事業者向けのローンのみを取り扱っている会社もあります。

   
また、ノンバンクというと取立てが厳しいのではないかなど、あまり良いイメージを持っていない方もいます。

確かに中には悪質な業者もいますが、多くの会社は法律に則った経営をしていて、日本政策金融公庫や銀行、信用金庫と比較しても、金利が高いこと以外は、基本的に大きなデメリットはありません。

ただし、この金利の高さが唯一にして、最大のデメリットになっているのも事実です。

ノンバンクは、預金業務を行っていないので、自己資金に乏しく、ほとんどの場合銀行や信用金庫から融資を受けて、その資金を事業者に融資しています。

当然、銀行や信用金庫から融資を受ける際に、金利がかかりますので、そこに売上げをプラスする為に、事業者に融資する際は金利が高くなるのです。

   
また、審査を早く進める為に基準を緩くしているので、銀行や信用金庫などよりも貸し倒れになる可能性が高く、万が一貸し倒れになっても穴埋めできる為に、金利を高くしている部分もあります。

逆に言えば、健全な経営をしているノンバンクのビジネスローンは、高い金利さえ問題なければ、緊急に資金が必要になった際に非常に有益に利用できます。

方法②ノンバンクのメリット・デメリット

事業資金をノンバンクで借りるメリットは、必要書類の少なさと審査の緩さ、融資までの日数になります。

日本政策金融公庫や銀行、信用金庫などで融資を申し込む際は、決算報告書や確定申告書の他に、事業計画書などの書類が必要になります。

決算報告書や確定申告書に関しては作成は難しくありませんが、事業計画書については、なぜ融資が必要かということと、今後の業績の見込み、返済できる根拠などが必要になりますので、会社の立地条件や細かい業務の内容、従業員数、予測売上げ、返済計画などを詳細に書く必要があります。

しかし、ノンバンクで借りる場合は、決算報告書や確定申告書のみで良い会社もあります。

   
審査に関しては、そもそも必要な書類が少なくて済むことからも分かるように、あまり細かい部分まで見ず、事業規模の大小なども関係ないので、銀行や信用金庫、日本政策金融公庫に比べると融資を受けやすくなっています。

場合によっては、赤字経営であっても融資を受けられることもあります。

このように審査内容が厳しくないこともあって、審査に時間がかからず、会社によっては、コンピュータの自動審査システムにかけられるだけで、即日融資が可能な会社もあります。

   
他にも、インターネット上で融資の申し込みができる、すでに他の銀行などで融資を受けていても、追加の融資が受けやすい、というメリットもありますが、金利が高いというデメリットもありますので、ノンバンクを利用する際は、慎重に返済計画をたてて、申し込むようにしましょう。

方法②ノンバンクの利用方法

ノンバンクの場合インターネットで申し込みをするのが主流となっており、非常に簡単な手続きで融資の申し込みが完了します。

まずはインターネットで必要事項を入力します。入力事項は業者によって様々ですが、収入や現在の借入状況・希望の借入額など入力します。

   
その後、ローン会社から電話等で折り返しの連絡があり、入力内容の確認等を行います。審査に進み2~3日後に回答というように、申し込みから実際に借り入れるまで非常にスムーズです。

審査も緩いので比較的簡単に事業資金の融資が受けられますが、基本的に公的融資や銀行系融資よりも利率が高いという側面もあります。

   
スムーズに借入をして一時的にしのげたとしても、高い利率で返済を続けることが困難になるというケースもありますので注意が必要です。

とはいえ、ノンバンク系の金融業者も非常に多く存在します。

その分サービス内容も多様で、利率の安いビジネスローンを選ぶことも出来ます。

また、一か月以内に完済する目処がある場合などは、『30日以内の返済で利息なし』といったサービスのあるノンバンクを選ぶのも良いでしょう。

即日融資を利用する場合は、利率が高くなることが多いですので日数にある程度の余裕をもって申し込みをすることをお勧めします。

どうしても早急に資金が必要な場合にのみ、即日融資を申し込むというスタンスが良いでしょう。

運転資金を事業者ローンで借りた後は運転資金を事業者ローンで借りた後は、当然ながら返済をしなければなりません。

事業者ローンの返済方法は、業者によっても違いますが、おおむね5種類のものがあり「元利金等返済」「元金均等返済」「アドオン返済」「リボルビング返済」「残高スライド返済」があります。

元利均等返済は、毎月の返済額を一定にする方法です。

返済する金額全体に占める利息の割合が初めのうちは多く、後になるにつれて元金の割合が多くなっていきます。

元金部分の返済が後回しになりますので、元金均等返済に比べると、支払う利息の総額は多くなります。

  
元金均等返済は、一定額の元金を返済すると共に、借入残高に対する利息を返済していく方法です。

元金が確実に減っていきますが、返済の初めの負担が大きいです。

資金繰りが苦しいために、事業者ローンを利用するという人が多いでしょうから、当初の重い負担に耐えられるのかどうかは、考える必要があります。

  
アドオン返済は、元金に利率をかけた返済総額を求め、返済回数で割った金額を毎月返済する方法です。

リボルビング返済(リボ払い)は、毎月の返済額を一定にでき、借入がいくらであっても返済金額は一定という方法です。

ただし、返済総額や返済が終了する期間などが、わかりにくくなるデメリットがあります。

残高スライド返済は、借入残高に応じて月々の返済金額がスライドしていく返済方式のことです。

運転資金を事業者ローンで借りる際には、資金繰り表などを用意しましょう。

返済方法は「どれが一番優れている」ということではなく、事業の資金繰りなどを考えながら、合う方法を選ぶことが大事なので、資金繰り表をもとに考えていくことが大事なのです。

運転資金は計画的に借り入れる

    運転資金の融資は、必要な時に借りることができて便利ではありますが、計画的に借り入れないと、返済の際に困窮する可能性があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

運転資金を融資で借りる2つの方法
Reader Rating 1 Vote