大学費用の準備は万全?奨学金制度や教育ローンを利用して大学資金の準備をする方法

春は大学入学の季節

春になると大学の合格発表の映像や入学式の映像がテレビで流れることが多くなります。

昔を思い出して懐かしくなる人も多くいるとは思いますが、実際に子供を持つ親世代の方にとっては、その費用負担のことが気にかかる方もいると思います。

では実際にはどの程度の資金が必要なのでしょうか?そしてその資金はどうやって準備するのでしょうか?

どんな大学に行く?国公立?私立?都会?地元?

一概に大学で必要となる資金といっても、選択する大学や学部、家を出て通うか自宅から通うかなどの選択によって大きく差が出ます。

その数ある選択肢の中でも、費用が少なくなると想像できるのは、自宅から通学できる国公立の大学に合格し自宅から通学する場合です。

国立大学では年間535,800円の授業料がかかります。これは文部科学省が定めた標準額でほとんどの大学が、ほぼこの金額を採用しています。

入学料もおおよそ300,000円程度かかりますので、初年度だけで850,000円程度必要となるということです。

ただし、自宅から通うので仕送り等の費用は必要ありません。

逆に費用が多くなるのは、自宅からは通学できない私立(特に医歯系)の大学に合格し、仕送りも必要となる場合であると想像できます。

文部科学省「平成26年度私立大学入学者に係る初年度納付金平均額調査」によると私立大学の1年間の授業料は864,384円、入学料は261,089円、施設設備費は186,171円となっており合計で1,311,644円が初年度に必要となります。

これを少なくとも卒業までに少なくとも4年間支払い、さらに仕送りの金額を含めると大きな金額になることが分かります。

どうやって準備する?基本は貯金。

教育資金だけではなく、何かの資金を準備するのは基本的には貯蓄です。

将来を見据えて毎月の給与の中から少しずつでも準備していきましょう。

近年の金融機関の預金金利は、ほとんど0に近い水準となっているため、増やすことを目的としては利用価値がかなり低くなっています。

金融機関に預けてもお金は増えません。

だからといって、資金の重要性から考えるとその資金を投資信託や株式、FXといった収益性が高いものの・変動性が激しく損失を被るリスクの高い資産で運用することはお勧めできません。

預金よりももう少し収益性を求めるのであれば、リスクは低く抑えるべきで学資保険を利用することが検討対象の一つとなります。

学資保険には、大きく分けて2つの種類があります。

一つはけがや病気に対する保障が充実していて満期時の返戻金が少ない(払込金額と同額またはそれ以下程度)タイプで、代表的なものにはかんぽ生命の学資保険などがあります。
もう一つは、保障はほとんどないが満期時の返戻金が大きいタイプで、資金を増やすという観点からみるとこちらの学資保険が向いています。アフラックやソニー生命の学資保険が有名です。

毎年18歳(大学入学時)から毎年同じ(または大学入学時は多い)金額が受け取れるタイプやそれに加えて高校入学にも受け取ることができるタイプなどがあります。

契約時の年齢や払込期間によって変動はありますが、払込金額に対して受取金の合計額が105%~115%程度となるものもあります。

ただし、あくまでも保険商品であるため預金とは違い、中途解約をする場合には、契約からの経過期間によっては、元本割れし損失が出ることもありますので、基本的には解約しないことを念頭に置くことが必要です。

貯蓄だけじゃ足りない。それなら奨学金を利用する?

貯蓄だけでは資金が足りない場合には、他の方法で準備することも検討します。

その一つとして奨学金があります。

奨学金には、返済の必要がない給付型と返済の必要がある貸与型の二つの種類があります。

まずは、給付型から説明していきます。

返済の必要がないということは、つまり給付型はお金がもらえるというもので、給付型の奨学金制度は、大学や都道府県・市町村、一般財団法人・公益財団法人など多くの団体が取り扱っています。

特に私立大学は優秀な人材の確保の為、奨学金制度が多くあります。まずは通学を希望している大学にそのような諸学金制度があるかどうか・あるのであればどのような条件なのかを調べてみるのが一つの方法です。

しかし、優秀な学生を集めることが目的であるため要件は非常に高いものとなっています。

また奨学金の募集は、受験前年の秋ごろから始まる場合もあり、早めに動き始めることが肝心です。

もう一つの奨学金。貸与型って?

奨学金の制度には、もう一つ貸与型があります。こちらは返済の必要性があります。

日本で最も多くの人に利用されている貸与型の奨学金は日本学生支援機構(JASSO)のものです。

貸与型は、返済が必要であるのでつまり貸付を受けるということです。

貸与型には、無利子のものと有利子の2種類があります。無利子のものは第一種と呼ばれ、有利子のものは第二種と呼ばれています。

それぞれの条件は以下の通りです。

(条件)第一種
 利率:なし
 貸与金額:月30,000円~64,000円
 所得基準:年収781万円以下(4人家族)
 学力基準の目安:高校の成績が平均3.5以上(5段階評価)
 返済期間:20年以内

(条件)第二種
利率:0.6%程度(固定型)
 貸与金額:月30,000円~120,000円
 所得基準:年収1,124万円以下(4人家族)
 学力基準の目安:高校の成績が平均水準以上
 返済期間:20年以内

有利子であることから第一種よりも第二種のほうが、条件が緩くなっています。

ただし貸与型の奨学金を利用した場合、学生の名義で借りることになるため、返済する義務も学生に発生します。

例えば、毎月50,000円借りたとします。

4年間借り入れた場合の借入総額は、50,000円×4年×12ヶ月=2,400,000円になります。

もしこれが、利息のない第一種の奨学金であったとして、卒業後10年間で返済しようとすると月々の返済額は2,400,000÷10年÷12 ヶ月=20,000円となります。

月々20,000円の返済というのは、就職直後の少ない給与から考えると思った以上に大きなものです。

経済状況の悪化により大学卒業後に就職すことが出来なかった場合や、就職したとしても収入が少ないことで、返済財源に困りこの返済が滞る例が増えてきています。

奨学金の返済は、大きな問題を引き起こします。

まず奨学金を滞納してしまうと10%の延滞金が加算されます。さらに延滞が続き3か月を超える場合には個人信用情報のブラックリストに記載され、以後の借入ができなくなる鵜場合があります。

また、さらに長期的になれば、一般のローンと同様に財産の差し押さえに発展することもありえます。

JASSOの調査によると50%以上の大学生(昼間部)が奨学金を利用しているといわれています。

それだけ多くの学生が奨学金を利用している中で、30万人を超える人が奨学金の返済を延滞しているとされており、これは利用者の10%を超えています。

奨学金制度には、減額返済制度・所得連動返済などの救済措置もあるので、大学卒業後の収入等の関係から返済に支障があるようであれば早めの対策を取る必要があります。

奨学金は条件が厳しい!ローンを組もう。

奨学金制度は、条件が厳しいと感じる場合には、ローンを組むことが考えられます。

ローンには国が行っているものと民間金融機関が行っているものがあります。

国の教育制度としては、日本政策金融公庫の教育ローンがあります。

貸付の最高金額は350万円で2.05%の固定金利(平成28年3月24日現在)となっています。

日本政策金融公庫のホームページ(https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html)では返済金額の試算をすることもできます。

例えば、上記のホームページで借入金額250万円を返済期間10年で月々の返済金額を試算すると、毎月の返済金額23,300円返済総額2,764,900円という結果になります。

また民間の金融機関でも教育に関するローンは取り扱っています。

例えば、東京三菱UFJ銀行であればネットDE教育ローンという商品があり、金利は3.975%、返済期間は10年以内、借入金額は500万円以内(平成28年3月24日現在)となっています。

民間金融機関の教育ローンは奨学金(貸与型)や日本政策金融公庫の取り扱う融資より金利の高いことが多いですが、一般的に教育資金が必要となる時期(入学料および前期授業料支払時期の春頃や後期授業料支払時期の秋頃)には金利優遇キャンペーンを行われていることがあります。また取引の厚い金融機関であれば金利優遇がある場合がありますので、実質的には2%~3%の金利であると言えます。

また借入金額の上限が日本政策金融公庫のものより高いことが多くなっています。

メリットとしては、保証会社の保証が得られることで融資がされるので、奨学金の要件となる学力を気にしなくてもいいことや返済の義務が生じるのが親になることが挙げられます。

貯蓄・奨学金・ローン組み合わせて準備しよう!

冒頭にも述べたように大学卒業までには多くの資金が必要となります。 貯蓄だけで準備することが出来れば良いのですが、その額も多いことから、なかなか難しいことも多くあります。 また支払うことで貯蓄が尽きてしまうのでは、その後のリスク(病気やケガなど)に対応できないかもしれません。 ここまでに説明してきた奨学金制度や教育ローンの利用も検討して、大学資金の準備をしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

大学費用の準備は万全?奨学金制度や教育ローンを利用して大学資金の準備をする方法
Reader Rating 1 Vote