お金を借りるという行為がもたらすメリットとデメリットとは?


お金を借りると言う行為をどう思いますか?

お金がどうしても必要になったとき、

または何らかの理由で手元に現金を持っておきたい時、

とにかく自分のお金だけでは足りない時、

あなたはお金を借りるという事をしたことはありませんか?

お金を借りると言う行為は別段悪い事だとは個人的には思いません。

借金と言う言葉が良くないものだとして一般的に浸透してはいるものの、

きっちりとした計画に基づき、

その計画が実現可能であるというならお金を借りると言う選択肢は非難されるものではないと思うからです。

ましてや今の時代は「一般人」と言われる私達が持てるお金の限度と言うのは高くはなく、

お金を稼ぐためには資本がものを言う時代ですから場合によってはお金を借りると言う選択肢こそが英断になることもあります。

しかしお金を借りると言う行為はやはり世間一般で言われているようにどうしてもリスクが付き物です。

消費者金融やクレジットカードのキャッシング、

各種ローンはもとより、

例え無利息無期限で友人や家族からお金を借りるのだとしてもそこには一定以上のリスクがあるという事をしっかりと意識していなければ、

お金を借りると言う行為は非常に危険な行為ともなりえます。

そこで今回はお金を借りるという事がもたらすものという事について色々と考察してみました。

お金を借りると言う行為についてあなたは深く考えてみたことありますか?

お金を借りるという事のメリット

お金を借りると言う行為が一般的に良くないとはされていますが、

返すことができるものを借りるという事は誰もが普通にしている事です。

例えば学校で文房具などの道具を借りると言う行為をしたことがない人はいないでしょう。

最低でも学校のものを使わせてもらう立場を学校に通っていたならしたことがあるはずです。

他にもタバコを吸う人なら火をつけることが出来なければ、

喫煙所にいた全く知らない他人に「火を借りる」という事をしたこともあるでしょう。

つまり借りると言う行為である事自体には全く人は悪いと言う印象を感じてはいないという事ができます。

それもそのはず、なければ持っている人に借りると言うのが、

自分が持っていないときに一番単純で確実に解決するための方法だからです。

そうして考えるならば、お金がない「今」何とかしたいという時に、

お金を借りるという事は即効性と確実性を持ったことであるため、

お金を借りることは「今」なんとかするためにもっとも確実な手段です。

それに加えてお金を稼ぐと言うのは中々簡単とは言い切れないものであり、

その金額が大きくなればなるほど稼げる手段はなくなっていき、手が届かない人が増えるのが道理です。

しかしある程度纏まったお金を必要とする事が世の中には沢山あります。

例えば住居の購入、

車も中々安いとは言えない金額ですし、

高校以上の教育機関に通うための学費と言うのも中々大きな金額です。

しかし車はともかく、そうしたものは現代社会を生きる上で圧倒的に持っていた方が良いと言える要素であるため、

手に入れるために自分の持つお金で足りなければお金を借りると言う選択をした人、

あるいはする人が沢山います。

一定以上の纏まったお金を手に入れることが難しいからと言ってそれが出来ない人が諦めるしかないとなってきたなら、

貧富の格差は広がる一方であり、

纏まったお金を手にできる機会がない人にもチャンスを手に入れることが出来るのが、

お金を借りると言う行為であるという事ができます。

以上のようなメリットがあるにも拘らず、

どうしてお金を借りると言う行為が人から良くないものだとされているのかと言うとそれ以上のデメリットがあるからです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2