最も賢い借金の方法!銀行でお金を借りるメリットを理解しよう

shutterstock_370456712

銀行でお金を借りることは一番借金です

今の世の中は持ちうる資本が力となります。

言葉を変えて言うのであればお金を持つ人の方が圧倒的に有利な社会であると言えます。

しかし誰もがなろうと思っても直ぐにお金持ちになれるというはずもなく、多くのお金持ちではない人はお金が必要になったときにその分のお金を借りると言う選択をせざるを得なくなる場合があります。

借金と言う言葉にするととても嫌なイメージを持つ人も多いと思いますが、なければ借りて後で返すと言う選択は現状を打破する上で一番効果的に見ても効率的に見ても正しい選択であるとも言えます。

勿論返す当てもない借金をしたり困った時は借りればいいと楽観的にお金を借りると言うことを私はオススメしたい訳ではありませんが、時と場合によって借金するという事は必要な事ではあるという事は知っておいて貰いたいと思います。

そして出来る事なら借金と言うリスクある行為におけるリスクは必要最低限に抑えることが必要であると私はお伝えしたく思います。

誰に借りても、どこで借りても同じである。

流石にそんな事を思っている人はいないでしょうし、お金を借りるリスクを全く考えないと言う人はいないでしょう。

そんな借金をすると言うリスクを最も排除できるお金を借りる先とは銀行です。

なんとなく漠然とそうとは知っていたとしても銀行でお金を借りるというのは大変であるとよく言われているために、意外と銀行からお金を借りるという事についての方法やメリットデメリットと言うものをはっきり知らない人も多いというのが現状の日本。

そこで今回は銀行でお金を借りるために知っておいて欲しいことについて御紹介させていただきます。

銀行でお金を借りるという事真剣に考えたことはありますか?

銀行でお金を借りるために必要な事

今回の記事のテーマである「銀行でお金を借りる」ということについての事を話すにあたって、まずそもそも銀行でお金を借りるために最低限必要な事と言うのについてご紹介します。

実はこの事についてを知らないが故に消費者金融や、クレジットカードのキャッシングを使っていると言う人も多いのです。

その為これを知っておくと、そうした形の借金をするよりも銀行からお金を借りるための流れや必要なものを知っておくことでスムーズな手続きができるだけでなく、銀行から借りると言う選択肢をお金を借りる必要のある時に思い浮かべることが出来るという効果があるのです。

勿論、お金が必要でお金を借りるというのは大体が急に必要である場面であり、事前にいざという時への備えをしておらず「アレがない」「コレは準備できていない」「ソレは知らなかった」という事がないようにしていればキャッシングほどではなくとも銀行からお金を借りると言うことが比較的早く出来るようになるという事も言えます。

最初にお金を借りるために必要な事は銀行での審査を通れるようにすること。

銀行だって申し込みをされた人全てに対してお金を貸すことなんて出来ませんし、それをしていたら貸したが返ってこないというケースが頻発して直ぐに銀行が潰れますから当然の事です。

審査を受ける前にお金を借りることをしても返していないという事があったりする所謂ブラックリストに載っていたなら既にその段階で審査には確実に落ちます。

他にも勤めている会社、何年勤務しているのかといったことから支払い能力の有無、簡単に言えば安定した収入がある人物なのかどうかも大きく影響してきます。

そうした自分の収入からしてあまりにも大きな金額を借りる申請をしても審査は落ちやすいというのは誰もが想像できますし、虚偽の報告は勿論、あまりにもいい加減に書かれた書類であったりしても審査を通す上で悪影響となりえます。

しかし逆を言うとそうしたことに気をつけていれば審査については問題ありません。

具体的に必要なものとして運転免許書、パスポートなど公的身分証明書と言う物や印鑑と言った誰もが想像できるものはもちろんの事、50万円以上のお金を借りるともなってくると源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書となる物が必要です。

そして大事な必要となる物としては保証人に関しても保証人になることの承諾書を始め、印鑑証明書、住民票や公的身分証明書の写しが必要になります。

住宅ローンであるならば住民票も必要ですし、お金を借りる目的とその金額に合わせてドンドン必要な書類は変わってきますので、銀行でまずは「今は借りる必要がないけど」ぐらいのうちからなにが必要になるかを調べることが大事です。

銀行でお金を借りることと消費者金融でお金を借りる違い

銀行でお金を借りることは消費者金融で借りるよりも難しい。

そんな風に思ったことはありませんか?

確かに銀行ではお金を借りることは出来なかったけども消費者金融では借りれたと言う話を聞いたことはありますが、それは何も審査の厳しさが全てとは言いがたいところがあるのです。

それと言うのも消費者金融だって「貸金業法」と言う法律の下に運営されている企業ですから審査だってされもしますし、審査に落ちることもあります。

どこだって結局のところ返ってくる当てのないお金を貸すことなんてないのですから基準が甘いとは言い難いところがありますのでなにを基準に甘いとか厳しいといっているかを考えるなら銀行で即審査落ちをするぐらいの人は結局消費者金融でも審査に落ちるケースがあります。

ただ銀行でお金を借りる場合の特徴として借りたお金を使う目的の明確性が必要な場合があるのと大きな金額を借りることが多いので銀行の方が厳しいという事も言えるかもしれません。

家を買うためにお金を借りる住宅ローン、車を買うためのお金を借りるマイカーローンといった形でお金を使う目的がしっかりと決まっており、その目的であるという事が分かるような書類を求めるものがあるため、イメージとして「銀行でお金を借りるための条件が厳しい」と思われているところもあります。

勿論そうした目的がハッキリしていない場合のフリーローンと言うものも銀行にはあり、一時的に困窮してしまった際の生活費の足しや、投資するための先行資金にするためといった証明するのが難しいようなものに対応して銀行がお金を貸してくれるものもあります。

寧ろこうしたフリーローンと言うものであるなら限度額内で自由にお金を借りることが出来るという特徴が銀行でお金を借りることに対してはあるので限度額内でお金を再び借りるときに再審査を必要とする消費者金融よりもメリットがあるといえるかもしれません。

他にも銀行でお金を借りる際にはいくつかメリットも存在しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2