起業したときに失敗しない人の5つの特徴「ブランド価値の確立について」

shutterstock_1945641951
起業をすることは、簡単に、誰でもできることです。
ですが、起業して失敗してしまう人と、成功する人がいます。
その違いを知ることが出来れば、起業をしたときにも失敗しなくて済むかもしれません。
起業をしても失敗しない人の特徴を紹介していきます。

1.自分のビジネスに一貫性がある

自分のビジネスに一貫性を持つことは、そのビジネスのブランド価値を確立させていくために必要なことです。
例えば、ネットショップで手作りのアクセサリーを売りたいと思って企業したとします。
アクセサリーだけでは売り上げが上がらないからといって、まったく関係のないような商品を取り扱ったりしていれば、何のショップなのだろう?と消費者は購入を悩んでしまいます。
一貫性を持って、その事業だけを進めていくことができれば、すぐにはプロフェッショナルになれなくても、少しずつ、ブランド価値も出てきて、消費者からの信頼を得ることが出来るのです。
事業を始めていくに当たって、一番大切なのは消費者側の信頼を得ることです。
消費者側の信頼というのは、やはり、一貫性を持っていることで生まれてくるものです。
継続して事業を進めていくためには、一貫性を持って事業を行っていきましょう。

2.何があっても悲観的にならないで楽観的でいる

悲観的な人は、マイナスの結果を呼び込んでしまいます。
逆に、楽観的な人は、プラスの結果を呼び込みます。
悲観的な人は、よく言えば慎重に物事を進めていく人です。
ですが、少しの失敗で大きく落ち込んでしまったり、事業を進めることが難しいと感じてしまったりと、起業をした後に失敗してしまう人のパターンに陥りやすくなってしまうのです。
楽観的な人は、少しの失敗をしても、初めてすぐに売り上げが上がらなくても、「これからだ!」と思うことが出来るので、地道に事業を続けていくことが出来るのです。
起業をすることは簡単ですが、売り上げを上げていくことはとても難しいことです。
その中で、売り上げをあげる一番の近道は、継続していくことなのです。
継続していくことで、リピーターが増えて、たくさんのお金を得ることができるようになります。
楽観的にいることで、起業を成功させるきっかけになるのかもしれません。

3.時間の管理が上手くできる

個人事業主になったり、起業をすると、会社のように決められた時間から仕事を始めて、休憩時間も決まっていて、というような時間の拘束がなくなります。
つまり、自分で管理して仕事をしていかなければいけないので、時間の管理が出来ることが重要になってきます。
例えば、「夜更かしして眠いから、お昼から仕事をしよう」というようなことも、起業家になると出来てしまうわけです。
自由な時間を作ることが出来るというのはメリットですが、仕事をきちんと終わらせるということが一番大切になります。
自由な時間を持てることは、ダラダラ仕事をしても良いというわけではないのです。
時間の使い方を間違えてしまうと、予想以上に仕事が進まなかったり、納期を遅らせてしまう可能性もあります。
信用問題にも関わってくるので、時間の管理を上手くすることが、起業したときに失敗しないためのポイントなのです。

4.人に頼ることができる

起業をしたからといって、なんでも自分でやろうとすると、仕事が上手くいかなくなることもあります。
起業をするということは、自分の仕事の責任は自分で取らなければいけないということです。
でも、仕事をしていく上で困ったことがあれば、自分ひとりで解決しようとする人は、起業しても失敗してしまいやすくなります。
例えば、取引先の相手であったり、同じ仕事をしている人だったり、困ったときに助けてくれるような人たちとのパイプを作っておくことも大切なのです。
そして、自分ひとりでは解決できないような問題は、人に頼って解決していくことが大切なのです。
自分がしなければいけないことは、仕事をしっかり行うことです。
もし、それ以外のこと、例えば経理などで悩むことがあれば、専門家を頼るようにしましょう。
上手に役割を振り分けていくことで、事業をスムーズに進めていくことができるのです。

5.成功までには時間がかかると思える

起業をして、1ヶ月目で成功する人はほとんどいません。
少なくても、半年から1年の間は、成功といえる成功を手に入れることが出来る人は、ほんのごく僅かでしょう。
はやく成功させたいという気持ちは分かりますが、長く続けていくためには、しっかりと基盤を固めて、時間をかけてじっくりと取り組んでいくことが大切なのです。
すぐに事業が成功しないと、資金繰りが苦しくなったりして、事業を辞めて就職をしようと考えてしまう人がいます。
ですが、じっくり続けていくことで成功させることが出来るとしたら、焦らずに、自分の仕事をしていくことが大切になります。
企業をして成功する人は、成功するまでには時間がかかるから、それまでは自分の仕事を精一杯やっていようと思える人なのです。
じっくり時間をかけて取り組むことで、ブランド価値を高め、売り上げをしっかりあげることができるビジネスになっていくのです。

まとめ

企業をしたときに失敗しない人には、このような特徴があるのです。
これから起業をしようという人や、もう起業をしている人は、こんな考え方を持っているか、確かめてみるといいかもしれません。
起業をして成功したいと思うのは当たり前のことなので、まずは考え方から取り入れていきましょう。

1.自分のビジネスに一貫性がある
2.何があっても悲観的にならないで楽観的でいる
3.時間の管理が上手くできる
4.人に頼ることができる
5.成功までには時間がかかると思える

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!