起業のチャンスをつかむための5つの方法

shutterstock_149643362起業したいと思っても、なかなかチャンスをつかむことが出来ない人も居ます。

ですが、ビジネスのチャンスというのは、色々なところに転がっているものなのです。
そこで、起業のチャンスをつかむための方法を紹介したいと思います。

1.「お金が欲しい」という気持ちを大切にする

まず、起業をするときに必要になるのは「お金が欲しい」という気持ちです。
あなたはお金に対してどのような印象を持っているでしょうか?
いい印象を持っている人も、悪い印象を持っている人も、お金に対する印象というのは人それぞれです。
ですが、起業をするということは、自分の力でお金を稼いでいくことなので、「お金が欲しい」という気持ちが大切になるのです。
お金に対して悪い印象を持っている人は、どうしてもあからさまに「お金が欲しい」と思うこともないと思います。
ですが、「お金が欲しい」と思うからこそ、仕事に対するやる気が沸いてくるのです。
仕事に対してのやる気がなければ、起業するチャンスをつかむことはできません。
お金に対する意識を変えることは、お金に貪欲になるということです。
お金に貪欲になることが出来れば、仕事のやる気も増して、より多くのお金を稼げるようになります。

2.時代の流れと好きなことをリンクさせる

起業する前、どんな職業を選ぶか考えるときには、時代の流れと自分の好きなことの2つを考えてみてください。
自分の好きなことであっても、時代の流れに乗っていないビジネスであれば、仕事になりません。
逆に、時代の流れに乗っていて確実に売れるビジネスであっても、嫌いなことであれば長続きしないのです。
起業をするときには、時代の流れと自分の好きなことをリンクさせて考えることが大切です。
例えば、人のお世話をすることが好きな人で、介護分野の仕事というのはこれからもっと必要になる仕事です。
そこで、在宅介護の事業所を立ち上げようと思えば、時代の流れと自分の好きなことをリンクさせた仕事と言えるでしょう。
このように、自分の好きなことで、これから需要がある仕事を選ぶことが、起業するチャンスを見つけることに繋がるのです。
起業するということは、これから先の未来を予想することでもあるのです。

3.「失敗しないように」と思わないようにする

ビジネスを始めるときには、失敗はつきものです。
「失敗しないように」と考えてばかりいると、逆に失敗を繰り返してしまうこともあります。
また、失敗しないことだけを考えてしまうので、どうしても保守的な考え方でしか仕事ができなくなってしまうのです。
起業をしたときに大切になるのは、「積極的に新しいアイディアを提案していくこと」です。
ですから、積極的に提案できないような、保守的な考え方では起業は成功しないのです。
では、どうしたらいいのかというと、「失敗したら、その経験を生かして次は失敗しないようにしよう」と思うことです。
失敗は悪いことではなく、自分の経験になります。
その経験を生かさないことが悪いことなので、失敗することを過剰に恐れてはいけません。
失敗しても、次に生かせる経験としてとらえることが出来れば、そのビジネスが成功するチャンスが大きくなります。

4.誰よりも早い行動を心がける

起業して成功する人は、「誰よりも早い人」です。
ビジネスの世界には、「ファーストムーバー・トップシェア」という言葉があります。
初めに動いた人が、そのジャンルのトップシェアを獲得できるという意味です。
誰よりも早く、最初に動くことは、ある意味ではとても大変なことです。
新しいジャンルを切り開くと言う意味でもあるので、その道の開拓者にならなければいけません。
既に他の人が開拓した道であれば、何の悩みも迷いもなく、その道を進んでいけばいいだけです。
ですが、その考え方ではより多くの報酬を貰うことはできません。
自分が開拓者になって、悩んで迷っていくことで、より多くの報酬を獲得することが出来るのです。
起業をするということは、自分が開拓者になるということです。
誰よりも早い行動をすることが、そのビジネスのチャンスをつかむことになるのです。

5.自分にしか出来ない分野を確立させる

例えば、人と接することが得意な人や、一人で黙々と作業をすることが得意な人ほど、人にはそれぞれ得意なことがあります。
その「自分が得意なこと」をより高めていくことが出来れば、ビジネスのチャンスが転がってくることもあるのです。
人にはそれぞれ、「自分にしか出来ないこと」があります。
他の人と同じことをしていても、他の人が出来ないことをしている人もいます。
自分にしか出来ない分野というのは、必ずあるのです。
その分野を見つけて、その分野を突き詰めていくことが出来れば、それは起業をするチャンスでもあるのです。
起業というのは、自分の得意な分野を突き詰めることでもあります。
その分野のプロと呼ばれるくらいになることができれば、その分野のビジネスをしていくことができます。
自分が得意な分野を見つけて、磨いていくことが出来る人こそ、ビジネスのチャンスをつかむことが出来る人なのです。

まとめ

1.「お金が欲しい」という気持ちを大切にする
2.時代の流れと好きなことをリンクさせる
3.「失敗しないように」と思わないようにする
4.誰よりも早い行動を心がける
5.自分にしか出来ない分野を確立させる

編集後記

起業するチャンスがないと思っている人は、単純に、そのチャンスを見逃しているだけなのかもしれません。
起業したいと思ったら、そのときがチャンスなのです。
起業をするというのは一大決心ですが、チャンスを逃してしまわないようにすることも大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!