お金持ちになれるかも?起業をするときの5つのポイント

shutterstock_223132003お金持ちになりたいと思う人はたくさん居ても、そのために行動する人は少ないです。

お金持ちになるためには、起業をすることが一番と言われています。
でも、闇雲に起業をしても、お金持ちになることはできません。
起業してお金持ちになるためのポイントを紹介します。

1.自分の好きなことを仕事にする

まず、起業してお金持ちになるためには、長く続けられる仕事を選ばなければいけません。
そして、最初の頃にお金を稼ぐことが出来なくても、続けられる仕事を選ぶべきなのです。
このことを踏まえて考えると、好きなことを仕事にすることが、お金持ちになるための近道だといえます。
人間は、好きなことであればどんなに長い時間でも続けていられるし、多少生活が苦しくても続けていくことが出来ます。
好きなことで稼ごうと思うのは難しいと言われることがほとんどです。
ですが、好きなことだからこそ、長く続けられる仕事になって、お金を稼げる仕事になっていくのです。
起業をするためには、どんな仕事をするのか選ぶ必要があります。
そんなとき、自分の好きな仕事を選んでみることが大切です。
もし、自分の好きなことを仕事にしづらい場合でも、何か自分の好きなことに繋がる分野を模索してみましょう。
自分の好きなことを仕事にすることが、お金持ちになれる起業家には必要なことなのです。

2.長期的な視点を持つ

起業をしてすぐにお金持ちになれると考える人は、どのくらいいるでしょうか?
起業をしたらお金持ちになれると色々なところで言われている今、起業をしてすぐにお金持ちになれると思ってしまう人も少なくありません。
ですが、起業してすぐにお金持ちになれるというのは、ほぼありえないことなのです。
例外としては、「事業主届を出さないで、稼ぐ金額が多くなってきたから届出をした」という場合には、「届出をしてすぐにお金持ち状態」になれるかもしれません。
ですが、お金持ちになりたくて起業をした場合、お金持ちになれるまでには時間がかかるのです。
ですから、長期的な視野を持ってビジネスを進めていくことが大切になります。
起業してすぐから1年くらいは、仕事も安定しないことがほとんどです。
ですが、苦しい時期を乗り越えてこそ、本当に安定してお金持ちになるための仕事が出来るようになるのです。

3.将来性のある事業を行う

起業をするときに、どんな事業を始めるか考え始めたら、「将来性」についても考えてみると良いでしょう。
事業を始めた後、数年で需要がなくなってしまうような事業であれば、その事業でお金持ちになることは難しいかもしれません。
ですが、将来に向けて需要が高まっていくような事業であれば、将来的にたくさんのお金を稼ぐことも出来るのです。
将来的な需要を考えることは、事業を始めていくに当たってとても大切なことです。
どんなジャンルの仕事にも、将来にわたって需要がなくならない仕事はあるものです。
そういった仕事を見つけて行うことが、将来的に、継続してお金を得るために必要なことなのです。
一時お金持ちになれたとしても、その後で稼ぐ手段をなくしてしまえば、すぐにお金持ちの状態ではなくなってしまいます。
ずっとお金持ちのままでいるためにも、起業をするのであれば、将来性のある事業を行いましょう。

4.失敗してもリスクを減らしておく

起業をすることがお金持ちになる近道であると言われていますが、実際に起業をして、失敗せずに継続してビジネスを続けていられる人はどのくらい居るのでしょうか?
実は、起業をして5年以内に失敗してしまう人は、起業をした人の9割にものぼると言われています。
厳しい数字ですが、失敗のリスクを減らすことで、この数字の中の1割の成功者になることも出来るのです。
失敗してもリスクを減らすためには、「周りと同じこと」をしているのではなく、「周りとは違うこと」をするべきです。
もちろん、「違うこと」は最初、受け入れられづらいかもしれません。
ですが、後々に受け入れられるものであれば、将来的な心配はしなくてもいいのです。
また、起業をする前の下準備をしっかりしておくことも大切です。
準備をしっかりしておけば、実際に起業をしてからのビジネスもスムーズに進んで行きます。
失敗しても、そのリスクを最小限に抑えることを考えましょう。

5.自分でやること、人に任せることを決める

起業をするとき、何もかもを自分でやろうとする人は、失敗してしまいがちになります。
失敗しないためには、「自分がやること」と「人に任せること」を決めることが大切になるのです。
例えば、実際のビジネスに関することは自分でやらなければいけません。
でも、喋ることが苦手な人が営業をするのは難しいので、営業が得意な人をパートナーにしておくといいのです。
帳簿付けなども、起業をするとしっかり行わなければいけません。
自分でやるにしても、パソコンソフトで簡単に行うようにするとか、税理士にお願いするなど、自分でやらないことを決めましょう。
自分が出来ることをやって、出来ないことを任せるというは悪いことではありません。
ある程度人に任せることで、その分自分の仕事を丁寧に行うことが出来るのです。
人に任せることが出来る人は、起業して成功する人になるのです。

まとめ

1.自分の好きなことを仕事にする
2.長期的な視点を持つ
3.将来性のある事業を行う
4.失敗してもリスクを減らしておく
5.自分でやること、人に任せることを決める

編集後記

起業をするときには、色々なところに気をつけてみるといいかもしれません。
闇雲に何かを始めるのではなく、きちんと計画を立てることも大切なんですね。
お金持ちになりたくて起業をするのであれば、成功するためのポイントを押さえておくといいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!