ライターで初心者や未経験者がお金を稼ぐために必要なポイントとは?

shutterstock_230250223

資格や経験のない初心者がお金を稼ぐには?

アルバイトやパートをしている時間もない人は大勢います。副業を禁止されている職業の人。育児や仕事の関係で時間の取れない人。副業に無関心な人。バイトに抵抗のある人もいます。そんな人たちでもインターネットで仕事ができてお金を稼げるのがライター業務です。そんなライティングで未経験者でもお金を稼ぐ方法を紹介します。
目次ライターで未経験者が稼ぐポイント1.仕事を選ぶ
ライターで未経験者が稼ぐポイント2.依頼内容にあった記事を書く
ライターで未経験者が稼ぐポイント3.自分の得意ジャンルを書く
ライターで未経験者が稼ぐポイント4.書き方のツボを抑える
ライターで未経験者が稼ぐポイント5.割り切った考え方を持つ

ライターで未経験者が稼ぐポイント1.仕事を選ぶ

ライターの仕事もさまざまで、依頼内容や案件によりそれぞれ異なっています。
例.
・まとめ作成
・日記
・体験談
・キーワードを含んだ記事作成
・完全オリジナル記事こうしたそれぞれの特徴を理解しないとお金を稼げないどころか徒労に終わって不満だけが残る結果となってしまうでしょう。実際のライター業務は報酬の支払い条件の緩いものから厳しいものまでさまざまにあるのです。初心者未経験者が選ぶ仕事は主に「体験談」「日記」です。これはそのまま自分が経験したことや日常の出来事を書き連ねるものですから、お金を稼ぐ手段としては易しい部類に入ります。文章を書くのが苦手な人でも比較的かんたんに作成できて承認されやすくお小遣い稼ぎにはなるのです。主な文書作成のライター業務を募集しているクラウドソーシングサービスのサイトには、こうした文書作成依頼が豊富にあります。その中でもランサーズやクラウドワークスはこうした日記や体験談など初心者が書きやすいテーマの依頼が多く、お金を稼ぎやすいのが特徴です。Shinobiライティングやリアルワールドクラウドの場合、キーワードを意識した文章になっていれば比較的承認されやすい傾向にあります。ただ苦労して書き上げた一文が非承認され無報酬となった場合には時間的にも精神的にもダメージが大きくなり、お金を稼げないどころの話ではなくなってしまいます。そのために「承認されやすく、お金になる依頼を選ぶ」必要があるのです。

ライターで未経験者が稼ぐポイント2.依頼内容にあった記事を書く


画像はリアルワールドの「CROWD」です。こちらは会員登録などの作業が単純で、仕事を始めるのにも手間が省けやすく大量に記事を作成するのに向いています。画像の中にあるように「ジャンル」「テーマ」が非常に大切な部分なのです。「ひげ脱毛」というキーワードでの文書作成依頼なら必ず「ひげ脱毛」の話題でなければ失格の報酬ゼロ円になってしまいます。重要なポイントはテーマにあっていることなので、有名なブロガーを意識した文やタレントのようなブログを作ることではないのです。文章として最低限意味が通じて分かりやすければ大抵の場合は承認され報酬が支払われます。技術文書やセールスレター、ビジネス文書のような文体でなくてもこうした平文で書けばいいのです。

ライターで未経験者が稼ぐポイント3.自分の得意ジャンルを書く

日記は10円から50円程度という報酬が多く、書きやすい反面単価は低い傾向にあります。とにかく考えずに作業をこなしていける反面稼ぎにはなりづらい特徴があるでしょう。他にこなせる仕事がない時やひまつぶしなどで作成してみると少しずつお金がたまっていきます。体験談の場合ならハードルは少し上がり、その依頼にあった自分の体験や感想を執筆していくことになります。単価は50円から100円以上で、内容によってはもっとうえのものもあります。テーマに対しての知識や話題、その時起こったこと、どうなってどう感じたか。体験談として求められていることは多岐に渡りますが、「大筋で~で、~いうことがあって、~経験をしました」という筋が通っていれば問題がありません。債務処理での体験談などは実体験として持っている人は少ないでしょうから、自分が書きやすいテーマ選びをしましょう。「ダイエット」「自動車買い取り」など検索することで手間を省いてワークの選びを行なって手早く作業をすませましょう。

ライターで未経験者が稼ぐポイント4.書き方のツボを抑える

初心者でもお金を稼ぎやすいのが体験談や日記系統の依頼です。上の画像にあるような依頼を受けていきましょう。▽日記や体験談で気をつけたいポイント
・言うまでもなくコピーペースト禁止
・ブログやメールでの友達と会話するような文章はさける
・顔文字や!?なども少なくして使わないのが無難
・適度に改行をしておく
・乱暴表現やスラングなどは使わない
・誹謗中傷はしない
・文体は「~です、でした、~ました」大筋でこうしたことが守られていなるなら作業ははかどって、承認率も上がりお金はこつこつと稼げていきます。やや文章が不得意な人でも問題なく作成できるレベルですね。一度に2,3記事書いてしまってもいいでしょう。

ライターで未経験者が稼ぐポイント5.割り切った考え方を持つ


どれだけ記事作成に時間をかけてもお金を稼げないこともあります。これは仕事を受注するライター側としては避けられない事態で、交通事故にでもあったと考えてください。高度な文章力やキーワード選定を駆使し、依頼条件を忠実に守ってもこうした事例は起きるものです。10件ライター記事作成をした場合1,2件無報酬になることがあったとします。1つの記事で50円の報酬単価だったとして100円前後未払いになるでしょうが、これは割り切って考えることです。その代わりに記事を大量に作成する効率が必要になります。いくらか未払いになっても問題のないように手早くライティングしていくことでまとまったお金が稼げるようになるでしょう。

まとめ

ライターはプロの人でも1記事あたりの単価が安くなっているとも言われます。資格のない初心者がお金を稼ぐのは厳しい世界かもしれません。自分がこなしやすい依頼を受けて大量に作業をこなすのも収入を得るノウハウの一つです。

編集後記

実際の体験からライター業について紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?ポイントを抑えて早く書くか、自分の得意テーマで高額継続依頼を続けるかが収入アップさせるツボといえます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!