「お金がない生活を脱出したい!」起業して成功する人の5の特徴

shutterstock_172337432

もっとお金を稼ぎたい!

お金がない生活を脱出したい!

そう思って起業をする人が増えていますが、実際に成功するのは10パーセント未満と言われています。

どうしたら起業に成功することが出来るのか、考え方を紹介します。

1.自分で頑張っているという意識がない

まず、起業をするとしばらくは、しゃかりきになって働かなければいけない時間がつづきます。

休日返上は当たり前で、朝早くから夜遅くまで、みっちり仕事をすることが増えるのです。

でも、それくらいやらないと起業は成功しません。

起業して失敗してしまう人は、働く時間が少なくなると思っている人か、これだけ頑張っているんだから、と思ってしまう人です。

成功する人は、自分がどれだけ頑張っていても、自分は頑張っているわけじゃないと思っています。

強がりなどではなく、本心から頑張っていないと思えるのです。

まだまだ頑張れるはずだと思うことが出来る人ほど、大きく成長することが出来ます。

その結果、自分のビジネスを成功させることができるようになるのです。

もちろん、頑張りすぎは禁物ですが、頑張って頑張って、ようやく成功するのが起業であるということを覚えておきましょう。

2.懐が深い人である

成功する人は、たくさんの人の話を聞いて、それを生かそうとすることが出来る人です。

ビジネスを始めるときには、自分の事をしっかり信じてあげなければいけません。

ですが、自分だけが正しいと思ってしまうと、人からの協力を得られなくなってしまうのです。

人からの協力というのは、起業をしていく上でとても大切なものになります。

もしかしたら、その人が新しいビジネスチャンスを運んでくれるかもしれないのです。

人の話をきちんと聞ける人や、人の成功談、失敗談から学ぶことが出来る人は、とても効率よく仕事を進めていくことができます。

効率よく仕事を進めていくことが出来れば、それだけ簡単に成功していくことが出来るのです。

人の話の中には、色々なヒントが詰まっています。

そのヒントを見つけて、自分に活かせる懐の深さが、起業成功のためには必要になってくるのです。

3.人に感謝をすることを忘れない

誰かに助けてもらうことで、自分で行うビジネスは飛躍的に進歩していきます。

全ての事を自分でやろうとしてしまうと、時間が足りなかったり、他がおろそかになってしまうこともあります。

そこで、人に頼ることはとても大切なことなのです。

とはいえ、感謝をしない人に力を貸してくれる人はいません。

感謝をすることが出来る人であれば、「また今度も力になるよ」と言ってもらえるのです。

やってもらうのが当たり前、と言う話はありません。

お金を払って何かをやってもらうにしても、やってもらった人に感謝の気持ちを持つことはとても重要なのです。

感謝することを忘れないでいられる人ほど、起業に成功する人になれます。

たくさんの人の力を借りて、自分のビジネスは成り立っていると考えましょう。

そして、常に感謝をすることを忘れないようにすることが大切なのです。

4.身の丈に合った生活をしている

起業したからといって、すぐにお金持ちになれるわけではありません。

むしろ、最初の数年間は貧困が更に悪化してしまうこともあるので、覚悟をしておいた方がいいかもしれません。

とはいえ、身の丈にあった生活をしていれば、そんな貧困も気にならなくなります。

例えば、起業をして、「自分は一国一城の主になった」と高級マンションに引っ越して、高い車をすぐに買ってしまったとします。

でも、実際に振り込まれる報酬は微々たる物で、マンションの家賃も、車のローンも払えなくなってしまっていては、意味がないのです。

身の丈にあった生活というのは、「収入に見合った生活」です。

毎月10万円しか稼げていないなら、10万円で生活できるところを探します。

収入に見合わない生活は、続けていくと借金の元になってしまっていく危険性があります。

そうならないためにも、身の丈を知っておきましょう。

5.明確のビジョンを持っている

ゴールを設定していないマラソンは辛いだけです。

ゴールのないマラソンを、走りたいという人はいるでしょうか?

起業も同じでゴールを決めないで闇雲に発進してしまうと、どこかで息切れをしてしまうのです。

それが、1年後なのか、半年後なのか分かりません。

でも、ゴールが見えないことに不安を覚えた時点で、そのビジネスを諦めたくなってしまうでしょう。

起業に成功する人の多くは、明確なビジョンを持っています。

例えば、年数は決めなくても「いつかはこうなっている!」と言う強いビジョンを持っているから、頑張れているのです。

逆に、夢や目標もなく初めたビジネスは、どこに向かっていいのか分からなくなってしまって、結局中途半端になってしまうのです。

そうなってしまわないように、自分が向かっていくべきゴールを決めておきましょう。

ゴールがあれば、人は頑張れます。

起業に成功するのは10パーセント未満と言われていますが、誰でも成功するチャンスはあります。

チャンスを生かせるかどうかというのは、その人次第なので、チャンスに備えておくことや考え方をしっかり持つことは大切なことなのです。

まとめ

1.自分で頑張っているという意識がない 2.懐が深い人である 3.人に感謝をすることを忘れない 4.身の丈に合った生活をしている 5.明確のビジョンを持っている

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!