初心者が起業してWEBサイトを運営するのに役立つ5つのサイト

ビジネスやアフィリエイトに必須のWEBサイト集

ネットビジネスを行なっていない人でもWEBサイトは一つの活動媒体として機能します。もちろんインターネットを専業とする人にとってもWEBサイトの活用は死活問題です。情報を調べより有効活用していくためのWEBサイトが必要なのです。サイト運営に必須ともいえるサイトを厳選して5つ紹介します。

キーワードプランナー

Google AdWords キーワード プランナー自分が運営しているWEBサイトにとって必須とも言える「キーワード」があるはずです。弁護士ならもちろん「弁護士」、アフィリエイターなら自分がアフィリエイトをしているものに直結するキーワードが必要です。このキーワードはサイトのアクセス数にも関係するだけでなく、マーケティングの一つとしても考えられます。その大切なキーワードがどれだけ検索されているかを知るツールがキーワードプランナーです。月間アクセス数を知ることもでき、そのキーワードがPPC広告を出稿した時に単価がいくらになるかを知ることもできます。リサーチするだけでなく、自分のサイトに足りないキーワードを見つけ出すこともできるのです。初心者が起業してWEBサイトを持つのには必須のツールと言えます。

グーグルアナリティクス

Google Analytics初心者がWEBサイトを運営する時、困るのはアクセス解析です。自分のサイトの一日、月間の訪問者やページビュー、リピーターがどれだけいるか、どのページのアクセスが多いのかなど知りたい疑問は山ほどあるでしょう。数あるアクセス解析の中でもグーグルアナリティクスは無料で利用でき、高機能です。多くのウェブマスターから愛用されている信用と実績のあるアクセス解析なのです。お金がない人でも無料で利用できるため安心です。一日のアクセス数から訪問者の数、ページビューやページの移動先までも知ることができます。グーグルアナリティクスの優れている所はデータ量の多さです。過去数年前までのデータが保存されており、比較して自分のWEBサイトのアクセス数の推移を確認することもできます。サイトに検索して訪れるユーザーの「検索キーワード」を知ることもできます。これによりサイトにアクセスしてくるキーワードが何かがわかるのです。

グーグルウェブマスターツール

GoogleWebMasterTool運営しているWEBサイトに問題が生じた時にお世話になるのがGoogleWebMasterTool。サイトがスパム認定を受けていたり、Googlebotのクローリングにエラーやトラブルが出ていないかを知ることができます。こちらも無料で利用でき、お金がない人におすすめのツールです。知ることができる情報には「検索クエリ」もあります。こちらもサイトにアクセスしてくるキーワードが分かり、運営しているサイトへのアクセスを増やす方法が分かるのです。こちらも高機能でサイトの内部リンクや被リンクを知ることができます。サイトに解決すべき問題が生じた時にはメッセージが届き、解決法を提示してくれるのです。

feedly

Feedlyネットで情報収集を行なうと複数のWEBサイトに訪問する必要が出ます。ただ、別なサイトに何度もアクセスして更新記事を確認するのも手間がかかるものです。こうした手間をfeedlyは解決してくれます。feedlyはWEBサイトにある「FEED」情報から最新記事一覧を取得して一括表示してくれるサービスです。過去にもRSSリーダーがありましたが、こちらとほぼ同じ機能があるのです。登録も簡単で無料です。更新記事情報を知りたいウェブサイトを「Add」していくことで登録が完了します。ビジネスサイトやエンタメ、スポーツなど幅広いジャンルの中から選んでフィード情報を読むことができるのです。feedlyを使うことで、気になるサイトの記事を一覧表示できます。最新記事が投稿されたらfeedlyで確認でき、一度読んだ記事は隠されて見えなくなるなど使いやすさも良好です。ジャンルごとにサイトを分類でき、一覧記事からそのサイトのページに直接ジャンプして記事や画像などを見ることができるのです。

検索デスク

検索デスクインターネットで情報収集を行う時、Yahoo!やGoogle、bingなどを活用します。これらのサーチエンジンでも不都合がなく検索ができますが、例えば「オリンピック」というキーワードで検索するとします。普通、YOUTUBE動画を検索したい場合「オリンピック YOUTUBE」としますが検索デスクを使用する場合は上記画像の検索ボックスに単語を入力し、検索したいサイトを選択するのです。ニコニコ動画で検索したいならニコニコ動画の横にある「検索」ボタンを押します。こうすることでニコニコ動画から対象としている単語で検索ができるのです。検索できるWEBサイトはニュースサイトからYAHOO知恵袋など実用的なサイトばかり。今まで利用したことのなかった便利サイトが見つかることもあり、便利なサイトです。

まとめ

・キーワードプランナー
・グーグルアナリティクス
・グーグルウェブマスターツール
・feedly
・検索デスク

編集後記

ネットでアクセス数を伸ばしていくために必要な情報はさまざま。中には現在通用しない情報もあるため初心者には厳しい状況となっています。検索のトップシェアを誇るGoogleは「良質なコンテンツを作ること」を掲げていますが、キーワードやSEOテクニックもまだ必要な様子。ただし、お金がない人には高額な被リンクを購入しなくとも良いわけで状況は良質なサイト作りが成功の秘訣となっているようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!