要領よくビジネスを進める方法5選

shutterstock_219231619

要領よくビジネスを行える人は、それだけ利益を上げやすいといえます。

お金持ちになりたくで起業した人でも、要領が悪ければお金がない生活が続いてしまうのです。
では、どうやったら要領よくビジネスを行うことが出来るのでしょうか?

1.目的と目標を達成すること

まず、仕事をしていく上ではどんな人にも目標があり、目的があると思います。
要領が良い人というのは、その目標や目的を達成するためだけに仕事をしているので、余計なことをしないでもすんでいるのです。
でも、要領が悪い人といわれるような人ほど、目的や目標を達成するまでの間に、あちこちで寄り道をしてきてしまいます。
なので、要領よくビジネスを行っていくためには、まず、目的や目標を達成するためだけに仕事をこなしていくようにしましょう。
例えば、起業した人の目的や目標として多いのは「○日の支払いを行う」というものですが、これに焦点を当ててビジネスをしていけば、その日に支払う分だけのお金を作ることを最優先で実行していくことが出来ます。
途中で寄り道をしてしまうと支払いが出来なくなって自分が不便になってしまうので、寄り道もしません。
まずは寄り道をせずに目標や目的のためだけに行動していきましょう。

2.必要なことだけに集中する

要領が悪い人というのは、先ほども出てきたように寄り道が多い人です。
気が散りやすい人といってもいいかもしれません。
1つの事に集中して取り組むことが出来る人というのは、仕事を終わらせるのも早い人です。
ですが、あちこちに気が散ってしまう人ほど、どうしても仕事が進んでいきません。
例えば、1つの仕事をしながら、「この前の会議の資料はどうしたっけ?」「そういえば今度の面談のアポはとったっけ?いつだっけ?」と複数の事を考えようとすると、そのたびに手が止まってしまうのです。
手が止まってしまうと、仕事は進みません。
仕事をしているときには、その仕事だけに集中しましょう。
そして、後の事は仕事が終わってから考えればいいのです。
寄り道をしやすかったり、気が散りやすい人は、気が散らないような環境で仕事をしましょう。
自分の妨げになりそうなものは全て除いた仕事部屋があると便利かもしれませんね。

3.環境や状況に適した方法で仕事をする

例えば、この仕事をするにはこの方法を使ったほうが便利だし、仕事も速く終わるという方法があると思います。
そんな方法を無視して自分のオリジナルの方法を使って仕事をしている人は、あまり要領が良い人ではないでしょう。
どんな仕事にも、効率よく終わらせるためのマニュアルのようなものがあります。
自営業で仕事をしている人は、そのマニュアルをどれだけ早く見つけることができるか、ということに、要領よく仕事をすることが出来るかどうかがかかっているのです。
今、新規の事業を立ち上げたとしても、競合他社というのはたくさんあるような時代です。
ですから、同じようなビジネスをしている人に、どうしたら要領よく仕事をすることが出来るのか、聞いてみてもいいでしょう。
ビジネスをするときには、その仕事に適した方法で行うべきです。
そうすることで、要領よく仕事を片付けることが出来ます。

4.自分の能力を正しく判断する

自分の能力を買いかぶっている人ほど、仕事の効率が悪く、要領が悪い人であることがほとんどです。
自分は出来るんだから、これくらいの仕事は後回しにしてもいいだろうと思ってしまうのです。
また、ゆっくり仕事をしていても、自分ならこの時間までに終わらせることが出来ると思ってしまっているので、終わらなかったときに「自分は出来るはずなのに、なぜ?」と思ってしまいます。
自分の能力を高く買うことは、自信がないよりはいいことかもしれません。
でも、買いかぶりすぎてしまうと、自分の能力以上の仕事が来たときに、まったく仕事が出来なくなってしまうのです。
なので、要領よく仕事をすることが出来る人ほど、自分の能力を正確に把握しています。
自分が出来ること、出来ないことを判断するためには、自分の能力がどの程度であるかをしっかり考えておく必要があるのです。

5.無理をしすぎない

最後に、要領が悪い人の一番の弱点を紹介しましょう。
それは、無理をしすぎてしまうことです。
周りの人があなたを信頼して投げてくれた仕事であっても、無理をしすぎてしまえば心配をかけてしまいます。
要領が悪い人というのは、いつもカツカツで仕事をしているので、どうしても時間に余裕がありません。
体調を崩してしまっていても、ゆっくり休む余裕もなく、働き続けている人もいるでしょう。
そう考えてみると、無理をしすぎる人ほど要領が悪い人なのではないか、と思います。
周りの人は、無理をして欲しいから仕事を投げてくれるのではありません。
仕事をするためには、自分自身に余裕を持つこともとても大切なことなのです。
自分が仕事をしていく上で、余裕を持って仕事が出来るように、無理なことは無理だといえるようになりましょう。
断ったからといって、仕事がなくなることはないのです。

まとめ

1.目的と目標を達成すること
2.必要なことだけに集中する
3.環境や状況に適した方法で仕事をする
4.自分の能力を正しく判断する
5.無理をしすぎない

編集後記

世の中には、要領が良い人と悪い人がいます。
ですが、ほんのわずかな違いしか、そこにはないのです。
要領が良い人が行っていることをまねすれば、誰でも要領よく仕事をこなせるようになっていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!