起業のチャンスをつかむための5つの考え方

shutterstock_266646026

起業のチャンスをつかむことは、今以上にお金持ちになるためのチャンスをつかむことでもあります。

お金がない人にとっては、起業をすることで起死回生ができるかもしれないのです。
そんな起業のチャンスをつかむための考え方を紹介します。

1.お金が欲しいからこそ、仕事をする

まず、起業をしたり、働いたりする意欲を持つことが大切になりますが、一番の原動力になるのは、「お金が欲しい」と言う気持ちでしょう。
今、お金がない生活をしている人ほど、お金が欲しいと思う気持ちは強いはずです。
でも、その気持ちをどうにかして成就させようとすることは、なかなか難しいものです。
今仕事をしている人が起業をしようと思うと、安定を失うことになります。
安定を失ってまで、チャンスにかける気持ちがあるのかというと、その気持ちに疑問が生まれてしまう人も多いでしょう。
ですが、お金が欲しいと言う気持ちこそが、仕事の原動力になります。
起業をするということは、自分次第でどれだけでも売上を伸ばしていけるということです。
自分の力を試すことでも、好きなことを仕事にすることでもなく、お金が欲しいと思ってやっている仕事は、どれだけでもしていくことができるのです。

2.時代の流れと好きなことの共通点を見つける

起業をするときには、売れるビジネスを見つけなければいけません。
ですが、起業をするにあたっては、好きなことを仕事にするべきであるとも言われています。
でも、好きなことが売れなければ、起業をする意味がありません。
そこで必要になるのが、売れるものと好きなものの共通点を見つけることです。
売れるものというのは、時代の流れによって変わってきます。
時代の流れの中で売れるものを見つけて、その中で自分の好きなものをどうやってリンクさせることができるのか、と言うことを考えてみましょう。
必ず、どんなものにも共通点はあります。
絡めて考えていくことが出来れば、自分らしい、自分にしかできないビジネスを見つけることができるはずです。
そうすることで、しっかりと収入を得ることができて、自分の好きなことを仕事にしているという誇りを持つことも出来るのです。

3.人の心を動かすサービスを見つける

何か商品を開発しても、何かサービスを提供しようとしても、人が買ってくれなければ売上にはなりません。
自分だけがすごいと思っているような商品やサービスでは意味がないのです。
かといって、万人にうける商品やサービスを開発するのは、とても大変なことです。
そこでひとつポイントになるのが、「人の心を動かすこと」です。
人は、何かを欲しいと思ったときや、このサービスを受けたいと思ったとき、心が動かされているのです。
商品が良い、と感じるのは人です。
サービスが良いと感じるのも人です。
人の心を動かせるような商品やサービスであれば、どんな人にもうける商品になっていくのです。
人の心を動かす、と言うのは難しいかもしれませんが、自分の情熱を相手に伝えて、巻き込んでいく気持ちを持っていくといいのかもしれません。
心を動かすサービスや商品ほど、強いものはありません。

4.失敗しても良い

起業をしたり、新しいことを始めたときには、失敗はつき物です。
失敗しても、そこで諦めたりしないで必死にがんばることが出来る人は、起業をしても成功することが出来る人でしょう。
もちろん、失敗することはいいことではありません。
でも、失敗しないように気をつけながら生きていると、どうしても行動範囲が狭くなってしまうのです。
行動できることが少なくなってしまえば、ビジネスチャンスも失ってしまうことがあります。
失敗しないようにしていることで、大きな損をしてしまっていたり、逆に失敗してしまったりすれば、意味がないといえるでしょう。
では、どうしたらいいのかというと、失敗してもバネにしてがんばることです。
何度でも失敗していいのです。
そのたびに、何かを学んで、必死に頑張ることを覚えてください。
それが起業を成功させるために必要なことです。

5.初期投資にはお金を使わない

起業をしようというとき、まずは形から入ろうと言う人がいます。
設備を整えたり、オフィスを借りたりすることから始める人です。
でも、そのビジネスは本当に成功するのでしょうか?
設備を整えて、オフィスを借りて、100万円の初期投資がかかったとします。
それでも売上が上がらず、100万円の初期投資の10分の1も取り戻せないまま1年が過ぎてしまった、と言うケースは少なくありません。
初期投資にばかり力を入れることは、あまりいいことではないのです。
ビジネスを成功させたいという人は、初期投資を出来るだけ少なくしていきましょう。
機材などが必要ならレンタルをして、オフィスは自宅でもいいのです。
ビジネスが軌道にのってきたときに、改めて購入を検討するようにしていくことが大切です。
初期投資のかかりすぎるビジネスは、失敗のもとになってしまうので要注意です。

まとめ

1.お金が欲しいからこそ、仕事をする
2.時代の流れと好きなことの共通点を見つける
3.人の心を動かすサービスを見つける
4.失敗しても良い
5.初期投資にはお金を使わない

編集後記

起業するチャンスをつかんでも、それを実行していかなければお金持ちにはなれません。
チャンスというのは誰にでも訪れるものなので、自分からそのチャンスを作ったり、チャンスを生かせるような人になることが一番大切なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!