自営業に向いている人の5の特徴「お金持ちになるチャンスに恵まれる?」

shutterstock_141675481

お金がない生活を抜け出すために、起業をする人が増えています。

実際、起業をすると稼ぐ金額に限度がなくなるので、お金持ちになるチャンスに恵まれます。

では、どんな人が自営業に向いているのか、ということを考えてみたいと思います。

1.自営業に向いている人は自分の考えがしっかりしている

まず、会社員をしていても、会社の考えに沿わずに自分の考えを貫こうとする人がいたとします。

そういう人は、自分のルールの中で仕事を行うことが出来る自営業が向いているといえるでしょう。

起業をする人というのは、自分のルールに則って仕事をしていきます。

もちろん、仕事をくれる会社や、個人に合わせる必要もありますが、多くの場合、自分のペースで、自分のルールで仕事が出来るのです。

これが、起業をしたり、自営業になる一番のメリットといえるかもしれません。

なので、自分の考えを貫き通して仕事をしたいという人は、自営業に向いているといえるでしょう。

逆に、ルールに則って仕事をすることが楽しくて、何もルールがない状態だと仕事が出来ないという人は、自営業には向いていないかもしれません。

起業をするということは、ある程度のルールはあったとしても、自分で決めなければいけないことが多いので、自分の考えがしっかりしている人が向いているのです。

2.起業をする人は完璧主義である

会社にいると、それぞれが得意分野でたくさんの人を補いながら仕事をすることが多いと思います。

営業が得意な人、苦手な人、デスクワークが得意な人、苦手な人、会社にはいろんな人がいます。

でも、起業をするとどれも完璧に自分でこなさなければいけないという側面が出てくるので、完璧主義の人は自営業に向いているかもしれません。

起業をすると、基本的な業務をするのも、経理を行うのも、営業を行うのも自分自身です。

ですから、どれもとりあえずは平均点くらいに出来る人でなければいけないのです。

とはいえ、起業したからといって全て自分でやろうとする必要はありません。

全て自分でやろうとするのではなく、出来ないところは専門家に任せてしまうことも必要です。

任せている間にお金を稼げば、専門家を雇うくらいの金額になります。

こういったことができる人ほど、自営業に向いているのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2