起業して失敗してしまう人の共通点5つ「成功するチャンスをつかむ」

shutterstock_232935352

起業をしても、失敗してお金がない生活を送ることになってしまう人もいます。

失敗してしまう人たちには、同じような共通点があるようです。
どんな人が、起業を失敗してしまう人なのか知っておけば、成功するチャンスをつかめるかもしれません。

1.反則になることをしてしまう

成功したいがために「反則になるかもしれないこと」に手を出してしまう人がいます。
グレーゾーンというのは、どんな仕事にもあるものです。
ですが、そのグレーゾーンに手を出してしまうと、簡単な方法なので、いつもその方法に頼るようになってしまいます。
そして、その方法よりももっと簡単で、もっと危ないことに手を出してしまうこと、よりグレーゾーンが濃くなってしまいます。
結果的にアウトになる方法にまで手を出して、仕事が出来なくなってしまうこともあるのです。
成功するためにはどんな手段を使っても構わない、と成功した人はいいます。
ですが、グレーゾーンだったり、確実にアウトなところに手を出すのは反則なのです。
成功するためには自分の時間を削ったり、1日中仕事をすることになるかもしれません。
グレーゾーンに手を出すような人は、起業しても成功することは出来ません。

2.リスクをとらない

リスクをとることが出来なければ、そのビジネスが大成功を収めることはなくなってしまいます。
例えば、大きなビジネスチャンスが目の前に来たとします。
成功すれば、1ヶ月100万円の収入は増えるチャンスです。
でも、失敗してしまえば収入が今の5分の1になってしまうかもしれません。
さて、このリスクをとりますか?と聞かれたとき、あなたはどうやって答えるでしょうか?
リスクをとることが出来る人というのは、リスクをしっかり分かっているので、ビジネスチャンスを無駄にしないための行動をしていくことが出来ます。
でも、失敗を恐れてしまう人ほど、リスクに臆病になります。
ある程度ビジネスが軌道に乗ってきたとき、大きな話が舞い込んでくることは良くあることです。
そんなとき、ビジネスチャンスだと思ってリスクを恐れない人が、起業に成功する人なのです。

3.柔軟性がない

成功する人は、人の話を聞いて、自分に取り入れられることが出来ます。
良い意見でも、悪い意見でも、柔軟に聞き入れて、自分のものとして活用していくことが出来るのです。
だからこそ、悪い意見を参考にして失敗を少なく出来るし、良い意見を参考にしてもっと大きく成長することが出来るようになるのです。
でも、柔軟な対応が出来ない人もいます。
自分だけが正しいと思ってしまっていたり、自分の考えと違うものは受け入れないという人です。
こういう人は、自分が体験しないと分からない人なので、成功も失敗も自分で体験することになります。
でも、意見を取り入れられる人は失敗を避けることができるので、失敗をしないで成功することが出来るようになるのです。
人の意見を柔軟に受け入れることが出来なければ、起業をしても成功できない人になってしまうので要注意です。

4.人を遠ざけてしまう

起業をした人は、どうしても自分ひとりで頑張ろうとする傾向があります。
でも、自分ひとりの力というのは、あまりたいしたことはないのです。
そんなとき、いろんな人の力があってこそ、自分の力を発揮できていたのだと気付く人もいるでしょう。
とはいえ、そんなことに気付かずに、自分の力だけで頑張ろうとする人は、人を遠ざけてしまいます。
何か助けたいと思っている人がいても、自分でやるから、と避けてしまうのです。
そこにビジネスチャンスがあったとしても、避けてしまえば意味がありません。
自分ひとりでやろうとする気持ちは素晴らしいものです。
でも、自分だけではなく、いろんな人の力を借りてビジネスを成功させようと思う人は、もっと素晴らしいといえるでしょう。
起業をしたからといって、自分ひとりで頑張る必要はありません。
いろんな人の力を借りて、たくさんの手でビジネスを成功させましょう。

5.考える時間を持たない

ビジネスをしていくためには、そのビジネスについて考えていくことが大切です。
成功することが出来た人は、ビジネスについてきちんと考えることが出来ている人ばかりです。
仕事をしているときというのは、その仕事を完璧に行おうと思ってしまっているので、なかなか考えることは少ないはずです。
特に始めたばかりなら、仕事に手一杯で考える時間を取れないこともあるでしょう。
でも、そんなときでも考える時間を30分でもいいから取るのです。
これからのビジョンを考えるのでもいいし、どうやったら成功することが出来るかということを考えるのでもいいのです。
目の前の仕事のことではなく、大きなビジネスという枠について考えていく時間を作ります。
ビジネスを考えることは、将来について考えることであり、そのプロセスについて考えることでもあります。
成功するためには、そのようなことをじっくり考えることも大切なのです。

まとめ

1.反則になることをしてしまう
2.リスクをとらない
3.柔軟性がない
4.人を遠ざけてしまう
5.考える時間を持たない

編集後記

成功する人と失敗してしまう人の差というのは、ほんのわずかなものです。
でも、そのわずかな差が成功と失敗という大きな差になってしまいます。
お金がない生活を送らないためにも、失敗の芽は速めに摘み取っておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!