主婦にうれしい働き方!「主婦ジョブ」のために必要な5つの知識

shutterstock_215852257

主婦でも働ける環境が整ってきた今、主婦ジョブという言葉も出てきました。

子供がいる主婦であっても、時間帯を決めればしっかり働くことができるのです。

では、そんな主婦ジョブについて、考えていきましょう。

1.家事と両立できる主婦ジョブを探す

主婦ジョブを行うときに一番考えなければいけないことは、家事との両立です。

主婦といえば、やはり家事はするべきものという考えが日本にはあります。

夫も家事参加をするべき、とはいえ、1日中仕事をしている夫が出来る家事というのは極僅かです。

大半の家事を主婦がしなければいけないとなったら、その家事と仕事が両立できるかどうかと言うのを考えなければいけないのです。

毎日行うべき家事というのは、その家によって違います。

毎日掃除機をかけて雑巾掛けをしてお風呂掃除もして、という家もあれば、掃除機は2日に1回であとはフロアモップだけ、と言う家もあります。

その家々によって家事の量というのは違うので、それぞれに合わせて仕事をする時間と言うのを決める必要があります。

ですから、主婦ジョブを決めるときには、家事との両立が出来ることを最優先に考えましょう。

昼間の3〜4時間程度の仕事であれば、家事との両立ができる主婦ジョブと言ってもいいと思うので、そういった仕事を選んでみてください。

2.夫の扶養内で働ける仕事をする

主婦ジョブを決めるにあたって、一番気になるのは金額です。

少なすぎれば家計の足しにはならないし、かといって多すぎても夫の扶養から外れてしまうという人もいると思います。

そもそも、専業主婦である場合には、夫の扶養に入っています。

そのおかげで扶養控除があるので、夫に余計な税金がかからないようになっている仕組みなのです。

扶養控除があるのとないのとでは、大きく金額が違ってくるので「大したことないわよ」ではすまないのです。

とはいえ、扶養控除内で働くというと、毎月3万円程度を稼ぐのが限界と言われています。

アルバイトやパート程度の仕事ということになりますが、これで十分という人もいるでしょう。

少しでも多く稼ぎたいというのであれば、主婦ジョブではなく、本格的に仕事として探す必要があると思うので、夫の扶養から抜けるという方法も必要になってくるかもしれません。

主婦ジョブを選ぶのであれば、夫の扶養内で働くことで、家族にも夫にもプラスになるのです。

3.子どもがいても働きやすい環境を探す

主婦が働ける職場を選ぶときには、まず、子供がいても働きやすい主婦ジョブを探す必要があるでしょう。

主婦が働かない理由のひとつとして、子供がいるからという理由があります。

子供というのは急に熱を出してしまったり、はたまた他人に迷惑をかけて親が呼び出されたりすることもあるかもしれません。

みんながみんな、家で一人で留守番ができるというわけではないので、子供の面倒を見なければいけない主婦にとっては大きなネックになってしまうのです。

そんなときには、子供がいても働きやすい職場を探すことです。

託児所完備であったり、パートタイム扱いで子供が帰宅する時間には仕事が終わっているといった職場が一番です。

また、同じように子供を抱える主婦が多い職場は、主婦同士が協力しあってシフトを回していくことも可能です。

子供と言うのは突発的に何が起こるか分からないので、そのときにも対応ができるような主婦ジョブを選んでおくといいかもしれません。

4.在宅でできる仕事を見つける

主婦ジョブは、何も外で働くだけではありません。

在宅で出来る主婦ジョブも多いので、そういった方面でも探してみるといいかもしれません。

在宅で出来る仕事というのは、現在多様化してきています。

例えば、パソコンがあればパソコンを使って文字入力をする仕事だったり、文章作成だったり、色々な仕事の種類があるのです。

ウェブデザインなどの知識があれば、より単価の高い仕事を受注することもできます。

この場合、在宅なので自分の好きな時間に好きな仕事をすることになります。

もちろん仕事なので、責任は持たなければいけませんが、急に子供が熱を出したりしたときにも、すぐ対応することが可能なのです。

また、パートやアルバイトの募集はたくさんあっても、仕事を求めている人の数は多いのでなかなか外で働く仕事が見つからないこともあると思います。

そんなときに在宅の仕事に目を向けてみると、思わぬ発見があるかもしれません。

主婦ジョブを探すなら、外の仕事だけではなく、在宅の仕事も探してみてください。

5.趣味を仕事にする

主婦ジョブとして今人気があるのは、趣味を仕事にすることです。

趣味を仕事に、というのは、一昔前であれば遊びだと片付けられていたことですが、今は趣味を仕事にすることが出来る時代なのです。

例えばハンドクラフトが好きな人であれば、ハンドクラフトで作ったものを売ることも出来ます。

文字を書くことが好きな人なら、記事作成などを行うこともできます。

他にも、色々な種類の仕事において、自分の趣味を生かしている人もたくさんいるのです。

そういった人を見てみると、どの人も仕事に対していきいきと取り組んでいることが分かると思います。

仕事を楽しむことはとても重要なことであり、この先続けていくのに、大きな原動力になることなのです。

なので、趣味を仕事にするというのは、必ずしも悪いこととはいえないでしょう。

仕事を趣味にするときには、あくまでも仕事なので、しっかりと計画を立ててから始めることです。

主婦ジョブでは、主婦だからといって責任がないわけではなく、主婦でもしっかり責任を取ることが必要なのです。

主婦ジョブは、主婦の色々な働き方を紹介してくれます。

自分にあった仕事の方法を見つけて、楽しく働けるといいのかもしれません。

主婦ジョブを行うには何事もバランスが必要なのです。

まとめ

1.家事と両立できる主婦ジョブを探す 2.夫の扶養内で働ける仕事をする 3.子どもがいても働きやすい環境を探す 4.在宅でできる仕事を見つける 5.趣味を仕事にする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!