お金がない新婚生活でひきこもりからWebライターになった私!「人気ブロガーの共通点とは?」

shutterstock_345207017

物々交換からはじめよう!

新婚生活と聞くと、どんなイメージをお持ちですか?

世間の多くは毎日幸せで笑顔があふれる、楽しくて仕方のない時期……このようなイメージではないでしょうか。

しかし、わたしたち夫婦は違います。

なぜなら、入籍時、夫はまだ大学生。

さらにわたしはアルバイト程度の収入しかなく、両家から許可が下りなかったため、別居からのスタートだったからです。

結婚式なし!

お金のないわたしたちは、結婚式を挙げることが出来ませんでした。

結婚前に貯めたわたしの貯金はすこしありましたが、わたしにだけ負担させるわけにもいかないと夫が言うため、結局なしになりました。

周りの友人が手の込んだ素敵な結婚式をあげる中、親族への結婚報告は電話一本、親しい友人にはメールで済ませたわたしたちは、どことなく心にすきま風が吹くスタートします。

たったひとつ、ドレス写真だけは撮ろうと決めていたので、小さな写真館の、借り物の一番安いドレスとタキシードで、記念写真を撮っていただきました。

かかった金額は全部で30万円ほど。結婚にかかる平均金額よりはるかに少ない額でわたしたちは結婚に関するイベントを終えました。

お金がないとこんな惨めなのかと思ったものです。

楽しいことのない新婚生活

別居から半年、ようやく共に暮らせるようになりましたが、就職したばかりの夫の帰りはとにかく遅く、わたしは毎日一人暮らし状態。お金もないため、どこにも行けずなにも出来ずがつづいていきます。

お金がないのに加え、わたしたちは頼るような親も近くに居ないため、近所で孤立していきます。

働き口を探すのですが、なにせ田舎。

車を持たないわたしにはままならず、すぐに頓挫します。さらに、様子を見に来た義理の家族から生活態度を叱責されてしまう始末で、新婚生活の始まりは踏んだりけったりでした。

周りに頼れる知人も居ないため、わたしはだんだん引きこもるようになります。

なるべくお金を使わないように、と好きだった化粧もしなくなり、オシャレも出来なくなってしまいました。

物々交換の始まり

食材を買いに行く以外には外出もせず、ただひたすらに時間を潰すだけの生活を送っていたわたしですが、あるとき町内会費を支払いに、会長さんのお家を訪ねます。

そこで、

パソコンわかる?

と声をかけられました。

なんでも、パソコンでやりたいことがあるが操作がわからないのだとか。

パソコンにはある程度覚えがあったわたしは、軽い気持ちで引き受けることに。

無事解決し、そのとき会長さんからお礼にと食べ物をいただくのですが、どこから話が広まったのか、それからというもの、パソコン関係で困っている方から助けてほしいと呼ばれるようになりました。

お金はありませんが時間は膨大にあります。

わたしは自分に出来る範囲でそれらを引き受けはじめました。

わたしはプロではありませんしすべて無償でしたが、代わりに食べ物をいただくようになりました。

パソコンの操作になれないお年寄りの方が多かったので、お料理の上手な方ばかり。

いただくものはすべておいしく、それはその日のおかずの足しになって助かるように。

依頼される方も、あの人はお金じゃなくて一品のおかずをあげればいいらしい、と広まり、なんと、この現代において、お金を介さない物々交換に似たやりとりが始まったのです。

物々交換からWebライターへ

パソコン関係の依頼には、ときおり文章を書いて印刷して欲しいとの内容もありました。

中学のときパソコンの使い方を学んだわたしは、キーボードをタッチすることは、指を動かせて楽しいということを思い出し、夫のパソコンを起動してみることに。

元より文章を書くことが好だったので、Webライターの募集を見つけたことをきっかけにひとつ興味のあるテーマを選び書いてみました。

対価は数百円。しかし、久しぶりに自分で得たお金です。

重みのある数百円です。

数回書いて2000円ほどになったところで、わたしは久しぶりに夫をカラオケに誘いました。

思い返せば、結婚してからというもの二人が楽しむことをまったくしていませんでした。

お金の有難みを知ったあとでの行くカラオケは、お互い真剣そのもの。

時間めいっぱい歌い、楽しくお金を使うことが出来たのです。

お金は人との関わりから生まれる

文章の対価を得られるようになってから、わたしは少しずつ外に出られるようになりました。

たいてい握りしめられる程度の数百円しかありませんが、近所の方からお家に呼ばれたとき、手土産代くらいにはなります。

お金がないときは、外に出ます。

人とかかわるようになると、さまざまな困り事を聞くようになるので、それを進んでお手伝いするのです。

対価を得られない時もあります。けれど、絆が出来上がれば、困ったときは、お金に代わるもので助けてもらえるようになります。

特になにかしてもらいたくて始めたことではありませんが、お金とは社会という人と人とのかかわりがあって初めて価値をなすものだと改めて感じました。

お金がない新婚生活でひきこもりからWebライターになった私

引きこもっていたわたしが外の世界と関わるようになって、新婚当初、夫との間にあったやるせなさのようなものが消えていきました。 もちろん、劇的に我が家の経済状況が良くなったわけではありません。 未だ平均年収を下回るような貧乏生活なのですが、わたしが働いていないからこそ夫には素直に感謝が出来ます。 もし、充分に年収があり、時間もなく人の手伝いなどしなければ、この土地においてよそ者であるわたしは、どのような人が住んでいるのかも知らず、美味しい食べ物をいただくこともなくいまを過ごしていたのでしょう。 お金がない。それは、そのため諦めなくてはいけないことも出てきますが、悪いことばかりではありません。 わたしは、物々交換を得て、人と人とのつながりを感じることが出来ました。

Webライターの実情は、どのようなものか?

 最近では雑誌や新聞等のライターに加え、Webライターという仕事が現れました。

従来のライターとの違い、そのメリット、デメリット等について、思うところを書き綴りたいと思います。

 

Webライターとはどんな仕事?

Webライターというのは、Web上に掲載されるブログやキュレーションサイトの記事を書く人のことを言います。

彼らは、自分のブログを開設し、そこで収益を受けるために、Webライティングすることもありますし、他の者からの依頼によって、記事を書くこともあります。

要するに、Web上のコンテンツとなる記事を書く人の総称だと思っていただいてかまいません。

 Webライターと従来のライターの違い

両者の大きな違いは、2点あります。

まず一つ目は報酬です。

他者から依頼されて書く記事の場合、Webライティングの場合、字数やテーマ等にもよりますが、比較的定額に設定されています。

2000字で400円~700円というのが相場(もしかしたらもう少し低い場合もあるかもしれません。)

一方で、従来のライティングの場合は出版社にも寄りますが、1記事1万円弱~5万円と比較的高単価です。

二つ目の違いは、報酬にも結びつくことなのですが、取材の有無です。

Webライティングの場合、数をこなしていくというのが通常なので、みっちり取材をするということはほとんどありません。

したがって、インターネットや書籍から得た情報を分かりやすく要約することになることがほとんどです。

一方、従来のライティングは報酬が高い分取材をすることが多くありますし、取材をしなければ書けないような記事を依頼されることがほとんどです。

したがって、要約型の記事作成はWebライター、取材型の記事作成は従来型のライターということができます。

Webライターは誰にでもできる仕事?

シンプルに応えると、YESです。

誰にでもできます。

ネット上で情報を得て、それを要約し(自分の言葉に書き換えて)納品するというような流れになります。

仕事はどこにあるのかという、質問に対しては、ランサーズやクラウドワークス等のプラットフォームを用いれば簡単に仕事を見つけることができますし、すぐにでも、Webライターとなることができます。

その気になれば、この記事を読んで5分後にWebライターになることだって可能です。

したがって、Webライターの敷居は非常に低いものと考えてよいでしょう。

  

Webライターは儲かるの?

一番気になる点はここだと思います。

これはなんともいえないのですが、数をこなせるようになればそこそこ稼げるようにはなるというのが答えです。

Webライティングというのは自分の時間を切り売りしているのと同じことで、その内実は、内職と変わりません。

出来高制の副業というのがほとんどなのではないでしょうか。

およそ、本業でWebライティング一本で食べている人は非常に少数派であると思います。

なぜならば、単価が安いからです。

とても、記事の書くスピードが早くとも、毎日締め切りに追われるけれども、その対価は非常に少ないというお仕事なので、あくまで副業でのおこづかい稼ぎという感覚が正しい認識であると思います。

ではやるかどうか?

これは、あなた次第です。

記事を書いたりするのが好きで、空いた時間を何か書くことに時間を割きたいのであれば、Webライターとして活動するのは良いことと思います。

一方で、書くことが苦手、要領が悪いという人の場合は、非常にコストパフォーマンスが低いのであまりお勧めできません。

いずれにせよ、副業としての位置だという感覚を忘れずにWebライティングという仕事を考えておくことが得策だと思います。

Webライター

Webライターの仕事は要約作業。内実はPCを使った内職と同じで、単価自体も安いので、数をこなさないと、お小遣いとしては十分とはいえません。 したがって、書くことが好きで、かつ、時間が空いている人が副業で行うことをお勧めします。

 
 

shutterstock_279709577

webライターって言うと聞こえもいいし格好がいい?実は地味で孤独な作業の連続なんです。

でも、こなせるとこれほど自由なものはありません。

とある会社で、オフィスに来ることなく自宅で仕事をしていいという指令がでてました。

社員は結果さえ出せばいいとわかっていますからサボることなく自由で作業をします。

パソコンを持って入力の連続といったスタイルはライターのようです。

業界でも情報の伝達と正確さを求めていますからこれからもどんどん、そうしたネットへの記述は必須になってくることでしょう。

イメージはなんとなく湧きますが、実際にはどんなことが必要なのか、

収入は安定するのかと言う本音が知りたいところかと思います。

必要なんです、あなたの情報が!

ライターで大事な資質とは?五つあります。

①人に伝えたいと言う使命感のようなもの。
②情報を集めるだけではなくつなぎ合わせることで伝達すべき相手のことを考えられる。
③どんな些細なことでも気に留めておける。忘れるのは早いが呼び覚ますのも得意。
④的確に文章におこすことができて、正確に伝達内容を記載できる。
そして一番大事な部分です。
⑤それはどんな人とも隔たり無く応対できると言うことです。

簡単なようなことですが、人は自分の気に入る人に対してはいい顔をしようとよく見せる傾向があります。

でも、気に入らない人に対しては冷たく接するばかりか、避けようとさえします。

いけなくは無いのですが、そういう人であってもあなた以外の人にとっては重要な情報を持っていたりします。

ライターの仕事では情報こそが命なのです。そして、その情報を得ることが一番手間であり大変なことなのです。

①については仕事の本質です。

作業ではないのですから楽しくまた喜んでもらいたいという気持ちが無ければ仕事を続ける気力がなくなります。

ですから根本の所で気持ちが伴わない人は出来上がってくる文章が独りよがりかいい加減なものになってしまうことでしょう。

②は情報を集めることに終始してしまうところです。誰しもがそれに陥ってしまうかもしれません。

たとえば祭りの情報を届けたいと言う場合、その情報収集をします。

しかし、誰に対してと言うことを度外視してしまっては情報の羅列で終わってしまいます。

家族連れということでしたらトイレや休憩所や迷子センターのことまで調べておきたいです。

カップルや女子同士での参加者向けに流したい場合を例にすると。

屋台等で今年流行しているメニュー特集を春先にやっていたという情報を持っていた場合、それと合わせて伝達することで祭りに訪れた人に付加価値の情報が伝えらるることにもなります。

③は先ほどの②に付随するもので、情報の有効性を問う能力です。もし苦手であっても訓練すればある程度は可能でしょう。

そのためにも情報番組をよく見たり、雑誌や広告など見に止まるものは眺めるだけでもいいでしょう。

特に見たらそれを想像で膨らます等工夫も大事です。

やはり書けなければ意味が無い

④の重要性は説くまでもないですが、念のためです。

文章を書いたことの無い人はよもやいないはずですが、効率よく=意図を正確に伝える方法で書く事は別だと思います。

飲み会の席で友人と楽しい話をするような書き方では支離滅裂で終わってしまいます。

起承転結ということばかりを気にして書いてもやはりインパクトがありません。

落語や物語ではないのですから「オチ」は必要ありません。

伝えたいことが十分に伝わるよな展開が必要なのですから。

これは書くことでしか培われないことです。

知人に一つのテーマでいいので情報伝達を意図したものを書いて感想をもらってもいいかと思います。

面白いか、役立ったか、十分な内容であったかなど。

そして、文字数という制限も実は大事な要素であることは覚えておくことです。

論文等でも制限がありますが、伝えるべきことをだらだらと書いていては駄目です。

最初は文字数を増やすことが苦痛ですが、しばらく書き続けるといかに減らすかが大変になってくると思います。

情報発信者ってどんな人がなってるの??

ただ情報を発信すればいいものではない。

また、テレビのニュースキャスターを見ても魅力的に映る人もいれば単に原稿を読んでいるだけの人もいる。

熱く語るものではないにしても情報を発信すると言う作業は実に緻密なものです。

どんな時に人はその情報に耳を傾けるでしょうか?webライターとは実はこの部分が一番問われるべき所なのです。

その道のエキスパートの人が紹介した内容でしたならばまず試してみたいと言うのが人の心理です。

ブログ閲覧でトップの芸能人が勧める商品ならば安心して使ってみたいと思いませんか?

あるいはカリスマ的トップモデルが今期はやりそうな色や素材の服を着ていたならば間違いなく手に取るはずです。

いわば、情報発信者は今の時代では歩く広告塔なのです。

広告ですからキャッチーで洒落っ気が無ければ面白くありません。21世紀は飽きのある世代ですから常に新しいものと世の中の仕組みすら変わってきます。

ゆえに、目に留まるような広告でなければなりません。その目に留まるというのはどういうことなのでしょう?

目に留まってしまうような魅力的な人

結局は人間力に他なりません。

信頼を得るには時間と露出が必要です。

魅力的な人間になるにはその信頼がまず不可欠です。

信頼とはどこから生まれるのか?

それは相手を自分以上に大事にしてくれている、理解してくれているというその人の姿勢が見え続けた時に生まれるものです。

一度や二度の親切程度ではそうしたことは生まれません。

忘れられてしまうことでしょう。

しかし、その親切心が貴方だけのためにしてあげられたものなのだとわかったならば人はその人のファンになるものです。

そして、そういう姿勢を持っている人は、どんな人に対しても同じ接し方をするものなのです。

余裕がある人です。

だからこそ、その人が広告搭になって情報という文章を表現を行うことで読んでみよう、役立たせようという読者が増えるのです。

ここにwebライターの醍醐味があると言うわけです。

褒めてもらえるから続けられるのです。

地味な作業とは人の役に立つことを聞き続けて調べ続けて纏め上げ続けるという連鎖をひたすらやり続けるからです。 それはあくまでも作業ですから深夜にパソコンに向かって書いている姿ほど寂しいものはありません。黙々とただ黙って描くわけですから。 しかし、そうしたシーンを繰り返したとしても他では味わえない、プライスレスな報酬が、掲載したwebサイトでの評価として返ってくるのです。 一つの「いいね」は読者の本心だとわかれば心から自分の仕事に納得できるかとおもいます。

shutterstock_280611107

高収入を稼ぐWebライターになるには?「人気ブロガーの共通点」

Webライターとして活躍する人たちの多くは、ツイートやブログといった短い文章を、頻発に発信するひとばかり。

市川海老蔵やきゃりーぱみゅぱみゅなどの芸能人でなくても、ブログやツイートで、ものすごい反響が反響を呼ぶライターは、果たしているのでしょうか?

Webライター・イケダハヤトさんは、なぜ受ける?

高知に移住したことでも知られる、ブロガー「イケダハヤト」氏。年収500万円をブログだけで稼ぐ、これは非常に大変なことです。

Web上で多くの収入を稼ぐには、Webデザイナー、フォトグラファー、FXの指南など、数多くのコンテンツがあります。

ですが、ブログというものは、継続して読ませるには非常に難しいテクニックがあります。

そもそも文章は陳腐化してしまいますし、受け取られ方次第では、ネット上の戦いが始まってしまい、参戦する人と静観する人の二極化に陥ってしまいます。

イケダハヤトさんの場合は、短い文章をトントンと吐き続け、移住の素晴らしさを殊更に主張するだけでよいはずなのですが、面白いのは東京での都市生活者に徹底した鉄槌を下す、という荒業を行うことでしょう。

住宅ローン35年(フラット35)で、東京湾に面する超高層タワーマンションを購入する「バカさ加減」を愚弄するなど、大変炎上騒ぎになっています。

ただ、考えたいのは、パソコン一台だけの初期投資で年収500万円がいかにすごいことか、です。

それを臆面なく晒すことが、大変受けているのです。

時事問題や政治などを語っても、Webライター絶対に儲からない

Webライターはブログを書くことで、生活費を稼ぐ…そういう人にとって、一番よい環境は「生活コストがかからない場所」に住むことです。

よく、一本2,000字の文章で1,000円、1日10本書いて、2万円を稼ぐ…という人ならば、週休2日で確かに月額40万円、年収500万円に近づくのもわかります。

ですが、こうした文章は、人目に付くものに限ります。例えば「FX」「転職」「エステ」などや「エロ」関係などに絞られるのが通常です。

サッカーや野球、テニスやラグビーなどのサイトが多くの人に見られているのは、華々しい国際大会などがあった場合だけ。

長続きさせるには、書き手の個性が強い場合、あるいはテレビのコメンテーターなどの場合など、注目度の高い人が書き手の場合だけなのです。

政治や経済といった分野は、モノによっては多くの人が見るケースが多いでしょう。

政治の場合は日韓、日中の争い事などがよく見られていますが、それだけ多くの人が参加し、次第に過激な方向に言論が引っ張られてしまいますので、どうにも後味が悪い文章になりがちです。

政治はどうしても「しろくろ」を付けにくいテーマですし、10人ひとがいれば、10通りの考え方があるわけで、多くのひとを引きつける話題にはならないのです。

儲かるWebライターは、海外で活躍

最近活躍しているWebライターの多くは、東南アジアで写真を取り、アップしながらその旅行記を書いたり、実際に生活しながら、その内容を事細かく書くケースが多く見られます。

ベトナムやミャンマーは、タイやインドネシアに比べて物価が安く、生活レベルは低いのですが、Wifi環境だけは整いつつあります。

そのため、老若男女、とりわけ年金暮らしを物価の安い東南アジアで考えているひとにとっては、こうした情報は大変役立ちます。

物価は現在の日本円と現地とのレートを比較し、様々なライフコストをリアルに伝える手段になります。

また、国内にいるよりも様々な雑音に縛られず、自由にモノを書ける自由さと、稼ぎが少なくても贅沢できる魅力があるのです。

 

少しでも儲けたいなら、自分の画像を持つべき

アフリエイト広告を得るには、文章だけでは無理です。

うまい下手は別にして、とにかく画像が必要です。画像はありきたりのモノではなく、自分が撮影したモノならば、著作権は関係ありません。

とにかく、読者受けするような面白い画像、動物の表情などを特に取り立てておきましょう。

Webライターで、注意するポイントは

Webはキーボードによる文章制作が基本。ですから、扱いやすいパソコンを手にしなければなりません。

また、ネットで文章や画像を送り続けるわけですから、誤送信の内容にしなければなりませんし、長時間続けて同じ体勢でいることを避けなければ、続きません。

また、パソコン自体のメンテナンスも必要です。モバイル機器は消耗品です。

ですから、コストをケチってはいけません。

よいパソコンを買うこと、ソフトについてもしっかり購入しましょう。

そうすれば、問題が起きても、様々なひとから、アドバイスがすぐに送られてくはずです。

人気ブロガーになるには

ライターとして儲けたいひとはたくさんいるでしょう。 ですが、その内実はそれほどいいものではありません。 とにかく好きなことを続けること。 それが秘訣です。 儲けたい…と言う気持ちが強い場合は、ジャンルを選ぶこと。 ライフコストがかかりすぎる場所でのWebライター生活は、返って苦しいモノになりかねません。

Webライターから学ぶ!稼げるスキルの習得法

今ほどWebライターが必要とされている時代はありません。

なぜ必要とされているのか?というと、稼げるスキルが手に入ること、どの分野の仕事でも活用できるスキルであることです。

このような背景から、専業でやる人はもちろん兼業でやる人も増えてきました。

実際に私も兼業でやっていますが、本業の仕事にも十分に役立っているのです。

Webライターは稼げる!?

Webライターって稼げるの?ちゃんと収入が得られるの?と、私は何度となく聞かれました。

結論から言うと、収入を得ることができます。

ただ、こう言うと「Webライターは稼げるんだ!」と、表面だけを捉えてしまう人がいるのです。

正確に言うと、「稼げるスキルを身につけるから、Webライターはちゃんと収入がある」ということなんです。

Webライターという立場で仕事をしていると、「収入に直結するスキルが身につく」と、づくづく感じています。

ライティングスキルだけではなく、営業のスキル、コミュニケーションスキル、プレゼンスキル、マネジメントスキルと、実にたくさんのスキルが身に付きます。

どのスキルもあなたの収入に結びつくものばかりです。

さらに、これらのスキルはどんな仕事でも、どんな立場でも必要になる可能性が極めて高いものばかりです。

これらのスキルが一つでもあると職場で重宝がられ、クライアントから必要不可欠な存在とされ、営業などせずとも仕事がどんどん舞い込んでくるようになります。

私は会社員という立場でありながら、そのような状況にいる人をたくさん見てきました。

彼らや彼女らは、同年代の人たちよりも収入が高かったのです。さらにお金だけではなく、信頼度やブランドといった面でもほかの人たちよりも高い位置にいました。

つまり、お金だけではなくそれ以外でもいろいろなものを「稼いで」いたのです。

だから収入が多い、という面があることは疑いのない余地です。

 Webライターをしながら・・・

先ほどの項でも触れましたが、Webライターでありながら会社員をしている人がいます。

会社員だけではなく経営者だったり実業家だという方もいらっしゃいます。

そこで実績を出している人たちは、Webライターとして得た知識やスキルを、ご自身の仕事や商売にふんだんに活かしているのです。

Webライターでしか使えないスキルというのはなく、どの仕事でも使えるのだということを、彼らは証明してくれています。

だから社長として会社を好業績に導けるのです。

だからサラリーマンとして同僚よりも圧倒的な結果を出せるのです。

だから様々な事業を興してそれを順調な軌道に乗せることができるのです。

Webライターと聞くと「モノを書く事でしょ?」と思うかもしれませんが、実はそれだけではありません。

書く対象のものを知らないといけないし、誰が使うのか?それを使ってどうなるのか?など、いろいろなことを知らないといけないのです。

知るだけではなく、それをネット上で表現することがWebライターの役目です。

そこで得たスキルはいろいろな仕事で使えます。

知っている人はすごく少ないし、使っている人はもっと少ないです。

だから貴重価値があるし、多くの会社や職場で重宝がられるのです。

ここは抑えておこう!ちょっとした注意点

Webライターは実の多くの利益をあなたにもたらします。

なのでWebライターを目指す人ややろうとする人は、たくさんいらっしゃいます。

だからこそ、注意しておいたほうがいいことをお話します。

何を注意したほうがいいかというと、「ネットにずっと残る」ことです。

Webライターはネット上で表現することが仕事ですから、書いた文章が消されない限りずっと残るんです。

そこでおかしなことを書いたり矛盾していたり、あるいはあからさまに批判したり悪口を書くと、それがずっと残ります。

そしてそれを見た人はマイナスイメージを抱きますし、反発して炎上させたりします。

炎上してしまうと、なかなか収まらないのでネガティブイメージがずっと残ってしまうのです。

だからといって、恐れることはないです。

ネットはその反面、うまくいったときのパワーもすごいのですから。

あなたが書いたレターがネット上で大反響を巻き起こし、そのおかげでレター作成を依頼した会社の業績に大きく貢献するということもあるのです。

やるべきことをきちんとやっていれば、炎上することはまずありません。

自信を持って表現して欲しいですね。

あなたも使えるWebライターのスキルとは?

Webライターが持っているスキルは、サラリーマンはもちろん経営者や起業家といった立場の人でも使えるし、存分に活用できるスキルです。

もっといえば、正社員とか派遣社員とか、そういう状況に関係なく役立つスキルなのです。

だからあなたも使えるということです。

では、あなたも使えるWebライターのスキルとは何か?

「お客さんが気づいてないけど持っている問題を発見し、それを解決する」

スキルです。

お客さんをよーく観察していると、

「こういうことも問題になっているんじゃないか?」

とか、

「今後、こういう問題が起きてくるかも?」

ということが見えてきます。

売るということを例にとると、Webライターが書くレターや文章は、売りたいものを適切に表現してそれを求めている人にアナウンスするためにあるものです。

噛み砕いて言うと、「この商品を手にして使ってもらえれば、あなたの持っているその悩みが解決できます。

この商品はあなたの問題を解決するためのお手伝いをするものです」ということを、該当する人に伝えるためのものなのです。

それを文字や言葉などの形で表現するには、問題を発見してそれを解決するための道筋を発見する必要があるわけです。

それが分からなければ表現できないわけですから。

それができるようになると、営業トークで相手の心を惹きつけられるようになります。

プレゼンで相手が求めていることを適切に表現できるようになります。

相手からすれば「この人は自分のことをわかってくれている」と感じるわけです。

だからあなたの話を聞くし、文章を読むし、そこで表現した通りの行動をしてくれるようになるのです。

Webライターの最大の目的は、見た人が「動いてくれる」ことです。

そこで表現した通りに動いてくれるようにすることなのです。

それがあなたの普段の仕事で現れるようになれば、あなたは仕事でもっともっと大きな結果を出せるようになります。

だからWebライターのスキルはいろいろな仕事で使えるんです。

明日から早速やってみよう!

スキルは使ってこそ価値があるものです。 大事なのは特定の仕事だけではなく、ほかの仕事でも活用できることです。 Webライターのスキルはライターとしてだけではなく、ほかのいろいろな仕事でも活用できます。 それこそ、レバレッジが効くというものです。 特定の仕事に依存することなく、他でも結果を出せるとしたら何が起きても大丈夫な気がしますよね? そうなるための第一歩として、まずはWebライターのスキルを知り、やってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金がない新婚生活でひきこもりからWebライターになった私!「人気ブロガーの共通点とは?」
Reader Rating 4 Votes