そもそも社畜とは何か?「仕事や働き方の捉え方が外国と日本では違う」

忌み嫌う呼び方の社畜、考え方を変えてみたい!

義務教育がおわり、自分できめた道に進むと必ず社会人として会社に就職という流れになります。

自分で起業する以外はみなサラリーを取るわけですから会社に飼われているといえます。

そういいう考えからまるで舎にいる家畜という表現を真似したいいかたであるのでしょう。

社員でいる苦痛

社畜という表現を持ち出すからにはなにか、そうしたゆがんだ心持にさせた強い恨みのような憎しみがあるように感じます。
奴隷のように感じる当事者、あるいは振り回されるような仕打ちにばかりあうといったことでしょう。

普通に会社員をしているならば、多少の無理や協力を仰ぐことはよくある話です。

しかし、度重なるサービス残業や理不尽な処理仕事を強いられたりすればどんな人でも嫌になるものだ。
何年も続けば会社のためにとう気などうせてしまう。

さらに、そうした会社内で我慢してきた人が新しい社員にも同じような仕打ちをするような伝統がるならば、
人とのかかわりを持って更に会社に対して一層嫌な思いしか残らないはずです。

昔は窓際族、次は肩たたき、今度は社畜

バブル期から数年は会社をいったり来たりするだけで殆ど仕事をしない中間層の上司がいた。

いわゆる窓際族と呼ばれる人々で、会社は雇用上の責任から止めさせることは出来ずに定年までそうした俗に言う
使えない人を窓側に置いたがためにそういわれた皮肉用語です。

そして、今度は経費削減のための処置であるリストラが台頭してきました。

自主退職を募るが窓際族の人々はそうそう退職をする気持ちはない。
そのために諸先輩者からあるいは人事から退職の催促をするのである。
肩たたきである。

陰湿ないじめとまではいかないが、言いづらい辞職を自身から言いやすいようにといった方法です。
そして、この不景気のなか、リストラだけではなく、会社の方で出来るだけコストをかけずに労働力を確保したいと言う
やり方が選ばれたといえます。

派遣や委託という労働方法を取る会社の他、実際の社員には諸事情を伝えたうえで、我慢してもらうと言うのである。
それが社畜の始まりと言えます。

仕事の捉え方が外国と日本では違う

海外はアダムとイブが起源で、禁断の果実を食べてからその罪と罰から労働させられるたとされています。
つまり、仕事とは償うべき作業であり嫌なものなのである。

嫌なものと言う発想ゆえにそうした仕事をやり続ける姿勢である日本のスタイルを海外の人々はおかしがるというのです。

一方日本における仕事とは、日本書記などでも見られるように、神様がやっていたことをやらせていただくという謙虚な部分が起源と言われています。

田植え、絹のつむぎ、神事からくる作業なので苦なのではなく、義務なのです。
ゆえに仕事は善しとする作業ですからそうしたことに対する負の要素すら入り込む余地等はないとなります。

傍を楽にするから働く

よく日本の仕事ぶりを紹介する話の中で、働くとはそのことで自分の身近な人あるいは周りの人が楽になるという言い方をします。
傍が楽になるからはたらくと言うのです。

春先から初夏にかけて田植えが始まる日本の農業はまさにそれです。

自分の所だけ行えばよいわけではなく、周りと協力して行う。まして、同じ水源を使うわけですから均等に水が入ってこなければなりませんし、
一箇所で苗の病気が始まれば全体にすらその影響が広がり変えず、その集落の収穫は全滅になり死活問題に発展するのです。

食べるために必死になることは社畜などという悠長な表現すら介入できない事情があります。
死にたくなければ働けという昔からの姿勢がそこにはあると言うことも忘れてはならないと思います。

社畜かどうかは結局は捉え方の違い

経営をしたことのない社員で社畜と言う表現で自らをあるいは他人をさげすむ人は一端経営側に回るべきだと思います。

また経営側の人で社員の辛さがわからない人は一端社員と同じ給料だけで自分の仕事をやってみるのも良いでしょう。
お互いに見えないものを見た上で、結局ばかばかしいと言う考えに至るかもしれません。

それは宗教上で争いあう戦争に似ていると思います。
結局はどちらが正しいかという観点からでしかみないからそうなるのだと。

社員がその状況下で見方を変えれば企業戦士という言い方だって出来ます。
その表現はバリバリの会社員になり、好印象がもてます。

さらに、言えば、「どっちが楽しいか」を考えれば問題ないと言うわけです。

社畜という表現を言い続けて周りを不愉快に、仲間も家族も、自分も、会社も嫌な思いをさせてしまうことが楽しいか、
企業戦士という表現で、どんなことがあっても会社も家族も守っていくんだという姿勢を見せ続けるのが楽しいのかです。

企業は無理強いばかりさせることで社員を苦しめ続けていると言うことが楽しいか
経営難で苦しい中でも社員の幸せを考えた経営を考え続けることが楽しいのかです。

企業の味方でも社員の味方でもない

誰しもが残業無くまた仕事のためだけに生きたいとは思わないと思います。 しかし、医者や先生、あるいはプロと言われている人々は少なからず社会の家畜だといえます。 それでもかれらはそんなコトは一切いいませんし、言われたくもありません。 理由は、使命感です。誰かのために活躍し続けたい、待っている人、頼りにしている人がいるからこそやり続けるという姿勢です。 そういう人々とどうか自分を比べてみてください。 きっと何かしら自分の出来る使命感のようなものがかけているからこそ、つまらない一部の点にとどまって悩んでいるのではないかとおもいます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

そもそも社畜とは何か?「仕事や働き方の捉え方が外国と日本では違う」
Reader Rating 6 Votes