簡単にお金を稼ぐたった3つの法則「必要なものは決断力」

shutterstock_296302733

お金を稼ぐにはこれだけのことを念頭に置けばいい!

難しく考えることはありません。

  • 働けるだけの体があること。
  • 働く意思があること。
  • 感謝をした上で人に思いやりが持てること

です。

お金を稼ぐことは簡単でありこれほど難しいことはありません。
考えることは単純なのですが行動が伴わないので大変なのです。

100メートル走を15秒台で走る人が10秒切って走れといわれて行うのと同じくらい大変なのです。

単純にして難易度が高い理由

働けるだけの体があることとは普通の体であることは元論ですが、病気だの怪我だのにも負けない体力や免疫力があると言うことを意味しています。
丁度スポーツ選手のコンディションを考えるとわかりやすいです。

プロの野球選手であるにもかかわらず、今日は風邪を引いているのでマウンドには出られませんなどといっていたらどうなるでしょう。

プロボクサーが街中のチンピラと小競り合いをしてのされていたらやはりおかしいものです。

スポーツという並大抵の体力ではやっていけないジャンルゆえに体を鍛える必要があるわけですが、一般の人の場合、
少なくとも定年まで、土曜日日曜日祝日など連休や休日があっても働き続けなければなりません。

時間にすればスポーツ選手以上の持久力と言う体力が必要になってくるのです。
早いスピードで作業をしてその結果オリンピックに出られると言うことでは全くありません。

会社で働くことがスポーツ業界の貢献に成ると言う話しではないのです。

しかし、根気よく忍耐強く仕事を推し進めるだけの体力は、一昼一夜で作られるものではありません。
スポーツジムにいって作ることでもないのです。

健康を買うのが常識

お金を稼げる人は実は健康でいることの大事さを何よりも基本として考えているのです。

比較をするならば、どうやったらお金を稼げるのかを悩んでいる側の人は、その考えに至るまでの間、あまり健康面にたいして
頓着していなかったのではないでしょうか?

怪我は元の健康体に戻るまでに1年かかります。病気はもっとかかるとも言われます。

それは人間の細胞と地球の自転との関連から見てもそのリズムが回復に作用するわけですから仕方ありません。

ゆえに一端不健康になれば健康体に戻るまでに時間がかかりその間の稼ぐチャンスを無駄にさせてしまうのうです。
上手な稼ぎ手はそのようなおろかなことはなるべく避けようとするものです。

むしろ健康になる為にお金を費やすことは厭いません。
ウォーキング、ダイエット、健康食品、暴飲暴食制限。

つまり、昨日の自分と今日の自分に大きな差が無いことを喜びにし、そのための管理にお金を使っていくのです。

考え方も柔軟

働こうという意思がどこまで備わっているかが次のテーマです。

いくらからだが丈夫でも、四六時中家でごろごろしていてはお金を産むことはありません。

アリとキリギリスの話し以上に駄目な人で終わってしまいます。
よくFXなど個人でも出来る株や投資で生計を立てるということがあります。

むろんそれでもしっかりとお金を稼ぐことは出来ます。

長時間椅子に座りあるいはどこに行くにもパソコンやタブレットをもって数字の変動と企業情報の閲覧に集中できればそれも
一つの稼ぎ方です。ここでも健康と言うことは当てはまりますが、働こうと言う意思はそんなに強くなくてもよさそうにみえます。

理由は好きな時に作業をすればいいと思われがちだからです。

そこで考えて欲しいのですが、そうした専門的なサイトをみて何がわかるでしょうか?読み取れるでしょうか?

初めて英語をならって、いきなり高校入試レベルあるいは大学入試レベルの英文を和訳するのと同等な作業が待っているのです。
つまり、予備知識や経験がなければ意味がわからないで終わってしまうわけです。

そしてその予備知識は習得のための期間が必要と言うことです。その期間が「早く知識を得たい。正確に習得したい」という思いの連続があったことになるのです。

働こうという意思と全く同じです。
何事も意思が無ければ動けません。

どんなにテレビ画面をみてあの靴が欲しいなと思っても、買うのだという決意を導き出さない限り動くきっかけは生まれないものです。

一端動き出したら止まらない

欲しいものを手に入れようとする人はきまって執着が強いはずです。
あきらめきれないのが人の性ですから、手に入れるまで続きます。

それが思いであり仕事においては意思です。

稼ごうという気持ちの薄い人は執着も薄いですから、自分であきらめるポイントを作ってしまうものです。

つまり稼げるはずの自分を、みずから稼がないでもいいと抑止させてしまうのです。
これでは稼ぎようがありません。

理由はいくつかあることでしょう。
一つはやっても意味が無いと決めてしまっている。

どんなに頑張っても給料が決まっている以上徒労におわると思い込んでいる。
一つはもっと楽な方法でならトライしたいとおもう。

これは贅沢な考え方でそうした楽な方があっても結局はその楽な地点に至るまでの努力を見ていないので安易に考えてしまうのです。

何が何でも稼いでやると思うのならばどんな試練が着てもやりきるぞという覚悟が無ければ決して今以上に稼ぐことは無理です。

稼ぐ人は目的や目標が明確

じつは稼ぎ手の多くはその稼ぐ行為を持続させています。むしろ持続させられている人のほうが成功しているとさえいえます。

持続させられているとは何かと言えば、自分がやるぞと積極的に行動をしなくとも他人が期待して「やって欲しい」という立場から仕事が入ってくることなのです。

暇な店と繁盛店を比較すればよくわかります。

同じような環境で客層やメニューも同じ飲食店。味も同じくらいであるがサービスのしかたが異なっています。

繁盛点は顧客の要望を積極的にとりいれていかに喜ばせて帰っていただくかを考えた経営方針です。

暇な店はどうやったらお客が来るかばかり考えてチラシまきやダイレクトメールなどアピール重視です。

3ヶ月も経てばもう既に結果が目に見えてわかります。
なぜ繁盛店がうまれるのか?

働くだけの体もあり働く意思もある。実はその時点で既に「アピール」は十分だと知っているのです。

積極的にこの店は安心して食べる店だとわかる、その姿勢が2つの点であらわされています。
そして最後に、来てくれた人への「感謝」そして食べてもらってどのように評価されるか。

「喜んでいただきかえってもらいたい」という顧客に対する思いやりだけを重視する店だからまた来たいと思わせられるのです。
そこが働き手、稼ぎ手の目的であるのです。

明確な部分ですがどの人もどうやったら稼げるかばかりを考えるあまり、何の為に稼ぐのかが見えてこないのです。

アピールばかり強い人は女性にアタックする男性と同じで飽きられてしまうものです。押して押してを続ければ一端はOKでも長続きはしません。苦しくなるからです。

稼ぎたいなら一心不乱

この三つの特性を持っていれば間違いなく稼ぎ手になれるはずです。 猛進すると必ず邪魔や煙たがられる場面にでくわせます。 理由はそんな風に逸脱されると調和が崩れるからです。 ぬきんでられると自分のポジションが危うくなるのが会社組織です。 しかし、稼ぎたいと思った瞬間に既にそういう弊害者があらわれる状況になるのですから気にしないで邁進すべきです。 なんならば会社を変える位の勇気も必要です。 上司になんでそんなに一生懸命なのか尋ねられたら「稼ぎたいからです」の一言だけでいいはずです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

簡単にお金を稼ぐたった3つの法則「必要なものは決断力」
Reader Rating 1 Vote