今すぐお金が必要だけれど、どうにか成らないかと聞かれれば答えは簡単

shutterstock_188657969

お金の解決はお金ではないのです

切羽詰ったお金がらみの状態。

予定していたお金が入らず返済期限が間近にせまった経験はありませんか?

公共料金や家賃など支払日が近づいた時あるべきお金がなく工面できない場合も長い人生の間一度くらいはありそうです。

誰でもが経験する手持ちがないという状態は、トイレに入って紙がないという事に非常に近いものです。

今まさに必要であるならばお金を借りる以外どうにもなりません。
血が溢れている状態で、輸血をしなければならない時に、処置が遅れたら死んでしまいます。

少しでもお金が必要な日に余裕があるならばちょっと考え方を変えてみませんか?

行動しなければ意味がない

想念の世界ならば飲み物が欲しいといえば目の前に現れることでしょう。

紙がほしいと言えば神は無理でも紙は出てきます。
しかし、実際の現実では思っても何か行動をしない限り目の前に現れることはありません。

紙が欲しければ大声で誰かに助けを求めるか人が居なければ一端我慢して外にでて買って来るかしか方法がありません。

二回目はよほどの学習能力が乏しいことの無い以外には紙のあるなしを確認する癖がついている事だってあります。

この世は思ったうえに行動を移せば何かチャンスが出てくるものです。
お金が無いということで切羽詰った場合はどんなチャンスがくるのでしょうか?

鬱じゃありませんか?

お金が無いお金が無いと言う頭でいると、今すぐ手に入れる方法にばかり目がいくようになります。
目がいくからそういう文字が目に飛び込んでくるのです。

いつも見ていた文字でさえ強調されたようにみえたり輝いてみえてしまうものです。
「即日融資」「簡単スピーディー」「無担保ローン」などです。

普段でしたらそんなに意識しなかった事に見事に脳が反応するように出来ているのです。
ネット検索をしたり相談する時もおなじです。
基本は切羽詰った精神状態、いわゆる恐怖から来る小さな鬱状態で解放されたいと思うからこその行動です。
本屋にいけば失敗しないお金の工面方法という内容の文字が飛び込んできます。
ネットでは「お金」「借金」という文字に敏感になります。
それ自体は悪いことでもありません。
お金を借りることは決して悪しきことではないのです。
鬱の状態が悪いだけです。
そして鬱ゆえにその解放だけに捉われた行動をすることがいけないのです。

ゲームと思えばいい

考え方を変えていくと鬱がなくなり解決方法も変わって見えたりしてきます。
気分が凹みお金を探すような行動は恐怖を餌に商売をされることと変わりません。

変な霊に取り付かれていると脅されてそれを取るには、例えばお札の他この石を買ってお払いをしなければならないということです。

よく見れば浜辺に転がっている変哲も無い石なのにさもご利益があるかのように説明されて買ってしまう。
その時の自分は盲目になっているので信じきるものです。

お金を借りれば解放されるのですから直ぐに信じてしまいます。

利率や融資金額なども計画を自分で立てることをせず融資者からの提示や設定を与えられて鵜呑みにしてしまうのです。
実際には不利な条件でさえただ単に解放されたいから借り入れを起こす結果になるのです。

その時点で、恐怖の気持ちを気楽な気持ちに切り替えたらどうなるでしょう?
何時何時までにお金を払わなければ大変になるという恐怖を、お金を稼ぐチャンスがまだこれだけ残っているという一種のゲームと思うとしたらどうでしょう?
これをクリアーしたらまた次のステージに上がれると思えば精神的に全く異なった自分でいられるはずです。
ゲームクリアーはそれだけ集中して一番効率的なやり方を考えて実行しないでしょうか?

間違っても浜辺の石を飾って状況を乗り切るなどはしないことでしょう。
試合放棄も絶対にしたくないと思うものです。お金を払うことをあきらめるような愚行すらしないはずです。

いつもいつもお金が足りないですか?

今すぐお金が必要と言うのは、人生でそう何度もあることではないものです。
一度や二度、のっぴきならないような状態になった時に味わってしまう経験です。

毎月あるいは毎回お金が足りずに必要と言うのはある種の病気です。

不要な部分の切り詰めや稼ぐ方法の切り替えをしないつまり、収入と出費の把握が出来ずに生活しているということです。
出来ないことは相談して解決すべきです。

定期的に足りない状態になるのは経済的余裕が持てない現代では起こりうる事態です。
そんな時にでさえ、鬱になることなくチャンスと思うようにできるようにすべきなのです。

何度も陥らない時でも、何度も陥る時でも切り抜ける方法はあります。

サラ金でかりる、銀行でかりる、友人知人にかりる、身内にかりる。お金は借りることはできます。

しかし、知恵は自分で構築しなければ借りても意味がありません。判断をにぶらせてしまい、ベストやベターな方法を見出せず、
単にそのお金が必要と言う状況から逃れているだけの策になってしまうのです。

目的思考

一番の方法はお金を借りることなくまわすと言う発想です。
自分が稼ぐ方法で補填すると言う考え方です。あるいは充当と言う考え方です。

企業でも何でもそうしたお金が必要な場面では良く使います。
つまり自分に必要なお金を他で稼いでもらって払わせると言う方法です。

考え方を変えない限りそうした発想はでてきません。
一種のゲームと思えるから効率のいいやり方を考え付くのです。

10万円の支払いがあるというと支払いの督促という恐怖が沸き起こります。
10万円の仕事を与えるといえばどうでしょう?

10万円の価値を見つけてそれを相手にさせたうえでその支払いを実際の支払う場所に還元すれば済む話なのです。

妙にヤル気になってこないでしょうか?
それには人を使わなければなりません。
人を使うには出会いがなければなりません。
出会うためには出会うべき場所にいかねばなりません。

出会うべき場所に行くには場所に行くだけの目的がなければなりません。
目的を持つためには考え方を変えない限り出てくるものではないのです。

鬱ではでてきません。お金が欲しいという動機だけでは生まれもしません。

何故必要なのかは支払うから必要なのではなく、自分が目指したいものがありその手段のための経費で必要だとわかれば
そうした考えのもと、目的が確固たるものになるのです。

確固たるものが魅力的であればどんどん出会いがうまれてくるものです。

知恵の結晶を駆使してみませんか?

お金が必要になったときには真っ先に図書館にいってお金に関する本以外のものをあさってみるといいでしょう。 冷静になって、自分を見つめてくるとみえてきます。 そのための本は例えば気分が良くなるようなものや、向上するようなものが一番いいです。 そして、稼ぐ方法の中で、今の自分にとって一番出来そうなこと、得意なことに特化し情報の提供から始めることです。 料理が好きでそうした教室にも頻繁に通ったことがあるならば、友だちを募って料理発表会を行う。 その時に参加費をもらったり広告を作って宣伝して定期的にコミュニティー紹介を地域新聞に載せる等。 その製作を任せてもらったりすればお金を生む事だって可能です。 お金が必要であるからこそ生まれる知恵の結晶を実現してみるのが一番いいとは思いませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

今すぐお金が必要だけれど、どうにか成らないかと聞かれれば答えは簡単
Reader Rating 2 Votes