フリーランスが抱える仕事の楽しみと悩みとは?

shutterstock_231187612

フリーランスの仕事は大変だけれど、面白い

フリーランスの仕事は、自分の時間を自分が思うように使えますから、それは面白くなります。

一方で、上手くコントロールができなければ、仕事もなく、ただ茫然と流れていく時間を恨めしく感じることもあります。一度、仕事を断ってしまい、二度と仕事がこなくなることもあります。

馬車馬のように働くフリーランスもいます。楽しいのか楽しくないのかは、自分次第です。

フリーという枠の中でどう楽しむか

フリーランスの仕事は、人に束縛されることなく、自分の意志で、自分の時間を、自由に使うことができます。

会社員のように、平日の朝9時から夕方6時まで拘束され、週末と祝日だけがお休み、それを拘束と感じる人はフリーランスが向いているでしょう。平日は朝9時までと夕方6時からは自由時間で、週末も祝日もお休み〜、と感じる人はフリーランスなんてとんでもない。会社員が合っています。

フリーランスの仕事は、頑張った分、結果もお金も求めていくことができますが、どんなに頑張っても結果が伴わなかった場合には、時間もお金も失います。拘束が苦手な人が、やはり多い、フリーランスです。

守られないことの、弱さと強さ

フリーランスは、自分一人ですべてをこなさなければなりません。

もちろん、チームを組む場合もありますが、その時は、チームという拘束がありますから、フリーランスのお仕事とは少し離れます。

交渉、実務、そして、何よりお金の回収までが仕事です。このお金の回収が、個人でやっている人は皆、苦労しています。契約書や注文書を、個人が交わすことは少なく、そのため、言った言わないの問題が起こります。

このことは、フリーであろうと、会社員であろうと、ご近所付き合いでも、友人関係でも、起こることではありますが、フリーランスの場合、泣き寝入りせざるを得ないことも多々あります。現在は、クールに契約書を交わしたり、何よりメールでのやり取りが増えていますから、文字が残ることが多く、言った言わないの問題は、メールでなるべく残すことでかなり解決はできています。

実力があれば強いです。どんどん仕事は入ってきます。仲間との競争ではありませんから、人の目を気にする必要もありません。
弱さと強さを知ったうえで、フリーランスを楽しむことができるとハッピーです。

フリーターとプータローとニートとフリーランス

フリーランスの頂点は、テレビドラマ「ドクターX」の大門未知子。本人には少額のお金しか入っていなかったみたいですが、格好いいの一番です。自由。自信。愛。こんなフリーランスに憧れる人は、完全にフリーランス向きです。

一方、なんて一匹オオカミなのかと思う人は、会社員向きです。
そして、似たような言葉の、フリーターとプータローとニート。まったく違いますが、なんとなく、みな、一人で、勝手に、というようなイメージがつきがちな気がしますが、それぞれ別々です。

フリーターは、若くて会社などに属さずアルバイトなどで生計をたてている人、プータローは、仕事もせずにゴロゴロしている人、ニートは若くて学校にも仕事にも行かず何にも属していない人、フリーランスは、別格です。というより、フリーランスは働いています。
知っていたら、すみません。

得られるものも失うものも大きい

実力がすべてです。認められれば、仕事相手とは直接のやり取りが行われますから、お金も直接入ってきます。誰かと争うのではなく、自分の力で頑張って得る報酬や評価は、実感が伴う充実感が得られます。

一方、信頼をなくしてしまった場合、自分一人なだけに言い訳は通用しません。その対応次第で、二度と付き合いがなくなったり、評判が落ち切ってしまうこともあります。失くした信頼を取り戻すのは、並大抵のことではありません。

組織に属していれば、上司が出てきてあやまるとか、別の担当に配置され、仕事はそのまま続行できますが、フリーランスの仕事において、そのようなことはありません。

得るものが大きいかわりに、失うものも大きいのです。そのリスクの中でも、自分の主張を通すことを優先するからこそ、フリーランスなのです。

  

人あってこそのフリーランス

自分一人とは言っても、仕事相手は必ず存在します。

依頼者がいて、自分の仕事が始まります。グループ行動が苦手で、人が苦手で、だから一人のフリーランスを選ぶ、というのは、少し間違っているかもしれません。

自分一人で、交渉もやり取りもしなければなりませんから、組織に属す以上に、フリーランスは仕事相手との関係は密になります。但し、現在は、必ず直接会って、ご挨拶をしてから、打合せが始まる、という流れではなく、メールで、一度も会わないまま、仕事が終わり報酬が支払われることも増えています。依頼相手が、外国の方の場合もあります。

会っても会わなくても、相手は人です。クールでも、大切な付き合い方が必要です。その先には、楽しいフリーランス生活が待っています。

どんな仕事も大変です。

自分らしく生きるために、 皆、色々な道を選択し、失敗し、成功し、なにもないつまらない日々も通り過ぎ、 行きつく先は天国か地獄か、というほど、大げさにすることもなく、 日々は違うようで、誰しもに同じ時間が流れていきます。小さな自分が、 その時間をどう使うのか、精一杯生きていくていくのか、適当に生きていくのか、 フリーでも、プーでも、同じく、悩みながら笑いながら、成長をしたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

フリーランスが抱える仕事の楽しみと悩みとは?
Reader Rating 1 Vote