平均年収ってどのぐらい? サラリーマンの本音を暴露!

shutterstock_244361152

離職者しか知らない、私の本当の値段とは

転職で給与が上がる、年収が上がる…それが当たり前のような書き方で、人材斡旋企業が広告宣伝しているのを見たことがあるのではないでしょうか?

実際の転職者の話を聞いてみました。

なぜ、就職したの?そんな疑問が浮かぶ、転職者の本音

就職氷河期、あるいは売り手市場…人はそれぞれがどうしても避けられない「タイミング」の中で生きています。

ですから、はたから見ていて、なぜあの人はあの会社に入ったのだろう?という不可思議な声もある一方で、なぜ、あの人はあんないい会社を3年で辞めてしまったんだろう?という疑問符が頭にちらつくことも少なくありません。

例えば武蔵工業大学(現 東京都市大学)や東京理科大学、電気通信大学、工学院大学…といった理工学系の大学出身者の場合、その多くはメーカーに就職するケースが圧倒的です。

よもや、薬品卸の営業マンになるということはなかなか想像できないものがあります。

その一方で、明治大学や東洋大学の経済学部卒の学生が、パチンコ遊技場にこぞって就職した時代があります。平成8年、9年という頃でしょうか。氷河期とはいえ、なぜ?という感想が抜けきれない、そんな報道番組をテレビで見ていたのを思い出します。

その後、この業界は決していい時代を迎えているとは言えないのですが、彼らは今どうしているのでしょうか?

就職、転職を通り過ぎた人たちは、皆一同「年収」をシビアに口にすることはありません。

欲しい年収額をはっきり口にする転職者は、エグゼクティブ転職とよばれる人たちであって、1,000万円もの金額と管理職の二つを手にいれるごく限られた人たちです。

つまり、他の大多数のひとたちは、年収が高いに越したことはないけれど、まずは「やりがいがあるかどうか」が大事、と考えています。なぜなのでしょうか?

年収と手取りはかなり違う

全社員の平均年収が700万円、というグリー株式会社。中途入社で1,000万円という人もザラ、ですが、この会社には退職金制度や手当というものは、見当たりません。あるのは住宅手当ですが、それも余程土地代が高いところにお住まいの社員のみ。

業界最高と呼ばれる給与額は、羨む人が多いはずですが、等の在職者たちにとってみれば、不安定な業績と、太く短く稼ぐしかない今時の会社…という観点から、長く勤められないのでは…という観測が多いのも事実なのです。

一方プロ野球球団も所有する 楽天 ですが、35歳で850万円という社員(市場マーケティング)の場合、中途入社組は前職の年収を基本に、希望する年収額を貰っています。

ただ、この会社は昇給があまり望めないのが本質。新卒社員はそれなりに登りますが、ある一定期間に入るとぴたりと昇給せず、ボーナスだけが個人評価係数を掛けられて年二回支給されます。

上のグリーも楽天も、歴史の浅い会社ですが、給与だけみてもこれだけの違いがあることがわかるでしょう。

楽天では会議は英語、ですがだからといって英語を使わない部署の方が圧倒的でもあり、給与を貰っても日々将来に備える英会話教室への出費など、様々なお金が出て行くのも事実。社内のランチだけが唯一の特典、というのもわかる気がするわけです。

歴史のある会社の場合は、こうだ!

三菱重工業、といえば三菱グループの中でも特に理工系に人気のある企業です。

ここでは30歳で700万円ほどが支給されますが、大手企業の割には給与は少ない、という人が結構います。ですが、独身寮も社員寮も完備されているため、住居費用は、月に1〜3万円だけ。もちろん退職金制度や各種手当が付きますので、結果的には出費が抑えられる企業ということになります。

凸版印刷の場合、30歳で600万円ほど。役付け手当や家族手当(子供1人に2万円、ただし18歳以下まで)など各種の手当がありますが、住宅手当はありません。

印刷業界は工場が大きいことから、経費がかかる一方で、業界の刷新がなかなかないことがネック。その結果、長期間勤務していなければ給与は上がらない仕組みが続いています。

 

年収は多い方がいいのか?

年収と所得で考え方がかなり違うのは、どの人もわかることです。

要は、税引き前か税引き後かで変わること、そしてどれだけの手当があるのか、それも数千円なのか数万円なのか…退職金制度がない場合は、20年後、30年後に退職した時に無一文になってしまわないか、など人生設計を自分の手で考えなければなりません。

20代で1,000万円貰う企業もありますが、そのお金で一定の生活レベルを決めてしまうと、なかなか下がるに下がれなくなるのが人間です。注意が必要になります。

大事なのは、年収よりもかかる経費

自分はどうしても、ベンツのVクラスに乗りたい、あるいはフェラーリを買う…そういう夢を見る人にとっては、大きな年収は魅力的です。ですが、車はお金があれば誰でも買える品物。

逆にお金があっても買えないものも多くあります。都内の一等地に住宅を建てたくても、土地がない場合もありますし、あっても狭小住宅しか建てられない場合も少なくありません。

その点、地方の会社勤めなら、家から会社まで30分以内で50坪から80坪も土地付き一戸建てが、2,000万円などという場所もかなりあります。

それで年収500万円ならば、家族4人でも結構裕福な生活が送れるでしょう。要は経費です。年収だけを比べても、実は意味がないのです。

サラリーマンの平均年収

平均年収は、サラリーマンのある程度の指標であることは間違いありません。 ですが、その中身は掘り下げれば将来への不安定さがあったり、持ち家がなくても生活できる気楽さがあったりと、企業のカラーがバラバラなのです。ぜひ細かい部分で比較してみたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

平均年収ってどのぐらい? サラリーマンの本音を暴露!
Reader Rating 3 Votes