「お金が欲しい」という感情はどのような行動によって満たされるのか?

shutterstock_110256713

お金が欲しい願いを叶える

お金が欲しい思いを持つのは人間であれば誰でもあることです。その頻度やその感情を持つときの状況のは人それぞれに違うものです。

そして、そのお金が欲しい状況になる理由にもたくさんの種類があります。では、その状況に遭遇した時にはどのような行動を取るのが正解なのでしょうか。

あなたやあなたの周りの人達はどのような行動を取っていますか。お金が欲しい時にどのような行動を取るのかのも人それぞれで選択も自由です。

ただし、それが成功する確率のは多くの場合において高くはありません。多くの人が抱く「お金が欲しい」感情はどのような行動によって満たされるのでしょうか。

正しい行動を取ることによって「お金が欲しい」思いは少なからずは満たされるはずです。その行動の選択を間違えないために知っておくべきポイントを整理しました。

お金が欲しい時とは

まず考えなくてはならないのはあなたはどのような時に「お金が欲しい」感情を持つのか事になります。原因や要因が分からなくては取るべき行動もわかりません。

考えられる原因や要因を並べてみることから始める必要があります。例えば、「出費が続いた時」「大きな出費が発生したとき」のも理由となることがあります。

他にも「ギャンブルで負けたとき」「欲しい物を見つけたとき」のように様々な理由が様々な状況下で起こっています。理由によっても状況によっても取るべき行動は変わります。

その他に考えられるケースとしては人生の節目の時考え方です。「卒業」結婚」「出産」のはお金が必要になる要因としては大きくなります。生活の中での節目にはお金が必要です。

多くの場合はお金が欲しい時のはお金が必要な時だと言えます。理由は何であってもお金が必要になる時のがお金の欲しい時と言えます。

お金が欲しい理由

「お金が欲しい」その感情を抱くのには必ず理由があります。「お金が欲しい」その理由とは大きく分けると2つの種類に分類することが出来ます。1つはお金が足りない事です。

そして、もう1つはお金が必要である事です。どちらも同じことのように考える人も多いはずです。しかしそこには違いがあり、その違いによって取るべき行動も違います。

例えば、お金が足りないのはどういう状況でしょう。足りない考えた方は普段の生活の中で発生する支出に対して自分の収入が満たない状況の事になります。

家賃や水道光熱費、食費などを捻出するのにお金が足りないといった状況のことです。多くの場合これは常に起こることではなく「今月は」などといった状況と言えます。

一方で、お金が必要のはどのような状況のことなのでしょうか。これは例えば子供が進学し入学金が必要などの節目の時期が到来したことによる場合が1つにあります。

それともう1つは、事故を起こしてしまい、修理代と治療費が必要などといった突発的に発生するケースも考えられます。固定的な出費ではなくスポット的に発生する出費ことです。

「お金が欲しい」理由としてもう1つ例外的に起こり得るケースがあります。それが「遊ぶ金欲しさ」と表現されるような場合です。これは「足りない」とも「必要」とも異なります。

お金が欲しい時の行動

あなた自身の事を思い返してみましょう。人は「お金が欲しい」感情を持ったときにどのような行動を取るのでしょうか。あなたの場合はどうだったかを考えてみましょう。

1つだけ、誰にでもわかる間違った行動ものがあります。それは「犯罪行為」に走ることです。ニュースなどで目にする「お金に困って」パターンです。

このようなケースのはごく小数の例外的なケースだと言えます。そして「お金が欲しい」時に取るべき行動として最大の誤りであることが明白なパターンだと言えます。

それでは、「お金が欲しい」と考える人たちはどのような行動を取るのでしょうか。人によって様々な方法や行動のパターンが存在するのは当然の事です。

そんな中で大きくは行動のパターンは2つに分類できるはずです。1つは「支出を減らす」行動に出るパターンです。「お金が欲しい」要因の為に他の支出を減らす事です。

この行動は自分自身の収入の中で調整して「お金が欲しい」自分自身の欲求を満たそうとする行動のパターンことが出来ます。最も安全な選択でしょう。

もう1つの行動パターンとしては「お金を得る」パターンになります。この場合はいくつかの行動が考えられますが、代表的なものとしては「借入」や「副業」などです。

お金を貯める

「お金が欲しい」と考えるとその理由が長期的な場合や時間的に余裕のある場合には多くの人は「お金を貯める」行動に出ることになります。多くの人が経験があるはずです。

この行動で「お金が欲しい」思いが解決できるケースのも少なくはありません。ただし、この行動が解決策になるのは「お金が欲しい」感情の欲しい時期が先にある事です。

当然のことですが、お金を貯める行動については一定以上の期間が必要になります。その期間分だけの時間的余裕がある場合においてはお金を貯める行動が有効になります。

「お金が欲しい」状況は計画的に訪れることばかりではありません。日常生活の節目となる時のは誰にでもある程度の予測できる範囲で訪れますが、それ以外は違います。

その事を考えるとお金を貯める行動は「お金が欲しい」状況になる前に取ることで予防的な行動として効果を発揮する事も十分にあります。

お金を節約する

最も行動として起こす人が多いと考えられるのがお金を節約する行動です。「お金が欲しい」状況になった時に多くの人が真っ先に思いつくのが節約行動だと言えます。

誰もが可能なお金の捻出の方法として考えられるのが節約する方法なのです。多くの人の場合は収入部分はある程度は一定の範囲内で決まっているものです。

その範囲内でお金を捻出することは支出を減らす以外にはお金を残す方法はありません。「お金が欲しい」状況を解決するためにはお金が使える状況にする必要があります。

自分自身が普段の生活をしていく中で決まっている支出の項目のは把握できている人が大半です。そのそれぞれの項目について金額のは多くの場合は変動します。

毎月定額のものに関しては節約の対象とはできませんよね。そうなると変動する固定された項目が節約の対象ことになります。水道光熱費や通信費、食費や娯楽費事です。

節約することは我慢することにもなります。続けるには大小の差はあれ、覚悟と努力が必要となる行動です。「お金が欲しい」その要因がその我慢と努力を出来るだけのものか。

節約で「お金が欲しい」状況を打開するのにはその理由が大きく影響することが出来ます。

お金を得る

シンプルに考えると「お金が欲しい」のであれば「お金を得る」ことが出来ればその願いは叶い、その思いは満たされることになります。問題となるのは「お金を得る方法」事です。

「お金を得る」場合にあなたはどのような方法を考えますか。「宝くじ」や「ギャンブル」での一攫千金を考える人もいるでしょう。「バイト」や「副業」人もいるはずです。

多くの人が「お金が欲しい」状況で選択肢の中に加えるのは「借入」方法になります。この方法は社会的にも認知されていて「お金が欲しい」要因となる事象を対象としたものもあります。

目にしたことや耳にしたことがある人も多いと思いますが、「教育ローン」や「育児ローン」といったものがそれにあたる商品ことになります。

この「借入」方法については借金であることで「お金が欲しい」時の根本的な解決のための行動にはならない考え方をする人もいるはずです。

確かに「借入」行動については一時的に状況を打開するための手段と考えることもできます。「お金が欲しい」その要因が「お金が必要」状況である場合は「借入」も手段としては有効です。

これは、必要となる期間が単発的であって一時的であるからです。「お金が足りない」側面の強い要因に対しては「借入」は根本的な解決にはならない場合が多くなります。

しかし、例えば日常に訪れる節目のイベントであったり、突発的に起こった支出となる事象については「借入」で対応することで解決となることも少なくはないのです。

お金が欲しい

日々の生活を送っていく中で「お金が欲しい」と考える状況のは誰にでも訪れるものだと言えます。その状況が起こる要因は人によってタイミングや時期によって様々です。 それだけに取るべき行動のも当然変わってくるものです。しかし、この「お金が欲しい」状況については事前に対応するための行動を取ることも可能です。貯金や節約がこれにあたります。 それでもやはり「お金が欲しい」となった場合には対策としての行動が必要になります。この対策としての行動と事前に取る予防としての行動を上手く使うことで状況は解決できます。 発生してからだけではなく、発生する前からの行動が大切ことになるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

「お金が欲しい」という感情はどのような行動によって満たされるのか?
Reader Rating 1 Vote