子役のギャラは高いのか?今だけでは無く将来まで見ると実はそんなに高くない?

shutterstock_144352681

子役のギャラってどうなの?今はよくても中長期的な視点からみた事実

今やテレビやネットで見かけない日は無い子役タレント。

見ているとかわいいですよね。

純真無垢な笑顔や純粋な気持ちからの発言、視聴者を癒してくれるには十分すぎる要素がたくさんあります。

子役の需要はかなりあるようで、子役を募集するためのページはすごくたくさんあります。

大手タレント事務所や劇団など、いろいろなところで応募を受け付けているのです。

あるいは子役タレントを育成するところもありますね。

そんな中、子役のギャラがどのくらいなのか、気になる方もいると思います。

高いのか、安いのか、今は良くても将来はどうなのか?

いくつかの観点から見ていきます。


よく言われる、子役タレントのギャラ

もちろんですが、人気の度合いや主演か助演か、によってギャラは異なってきます。

これは大人のタレントさん、俳優さんでも同じです。

たとえば、ドラマになると1話につき5万~10万の範囲が多いようです。

ただし、そこで人気が跳ね上がるともっと高い金額になるでしょう。

中には、子役のギャラで年収数千万にもなる人もいるようです。

おそらく、あなたが今思い浮かんでいる「あの人」なんて、そのくらいの年収かもしれませんね。

主演になれば10万ではなくそれ以上となることも十分にあり得ます。

CMですと、メインで出演した場合一本当たり30万~50万くらいになるそうです。

ただし、どの企業のCMかによって金額は変わります。

大手の企業で知名度が高いところであればそのくらいの金額だったり、それ以上ということもあるでしょう。

場合によっては一本数百万円ということもあります。

CMでサブの出演の場合は6万円~10万円くらいが多いようです。

これがNHKになると金額は下がることが一般的で、ドラマですと大河ドラマでも一話辺り2万円くらいなのだそうです。

公共放送であるということを考えると、仕方ないのかもしれませんね。

ただ、大河ドラマに出たということになればその子のブランド価値がかなり高くなりますので、先行投資という観点から見るとNHKに出演することは選択肢としていいことだと思います。

稼げることは稼げる職業

子役タレントの場合、稼げるものかというと稼げる職業であると言えます。

金額だけを見ると物足りないかもしれないですが、我が子がちょっとテレビに出るだけで数万円もらえると考えると、稼げるという表現が当てはまりますね。

たとえば、会社員としての仕事の他にアルバイトをしようとしても、1日に稼げる金額は2万円を超えることはまずないでしょう。

時給が1,000円とか1,200円とか、高くてもそのくらいですから仕方ない面があります。

一方、子役タレントとして我が子がテレビのCMに出るとした場合、サブの役であっても1本当たり6万円ほどがくることになります。

しかもテレビCMであれば撮影に1日要するくらいですし、要する時間も数時間で済むと思われます。

そう考えると、時給換算したらかなりの額になりますよね。

このような観点から見ると、子役のギャラは比較的高いと見ることができます。

最近、子役人気があるためか親御さんが自分の子供をタレントにしようと、オーディションを受けたり事務所に応募したり、ということが増えています。

おそらく、その背景には「子役タレントは稼げる」ということがあるのではないでしょうか。

とはいえ、最初は良くてもほとんどは続きません。

なぜかというと、仕事の依頼が必ずあるとは限らないからです。

会社員ではなく個人事業主のような立場ですから、仕方ない側面があります。

やればやった分だけギャラが発生しますが、やらなければギャラはもらえないのです。

短期的には稼げる可能性は高いですが、3年後も5年後もというのはなかなか難しい世界なのです。

子役の中長期的な展望から見たギャラ

短期的には稼げる職業である子役タレント。

では中長期的にはどうなのでしょうか。

中長期的に見ると、厳しい側面があることは否めません。

つまり、大きくなるにつれて仕事が減り、ギャラも減っていくことが多いのです。

のちほど一例を示しますが、いろいろな子役タレントの例がそれを物語っています。

自分のお子さんを長くタレントとしてやってもらえるようにするには、このあたりのことを頭に入れて考える必要があります。

なぜ、厳しい面があるかというと、子供は成長するからです。

小学校低学年まではいいのですが、中学年・高学年、そして中学生となるにつれて身長が伸び、骨格がしっかりし、体つきがだんだんと変わっていきます。

成長期になれば声変わりするとか、体格が変化するとか、目に見えて変わっていくのです。

そうなると、子役としての価値はだんだんとなくなっていくことになります。

そこで、いかに大人のタレント・俳優として変わっていくかが大事になるのです。

実際に、子役として大人気だった人がいつの間にかテレビの画面から消えていた、ということはものすごくたくさんあります。

以前、某テレビ番組で内山信二さんが、そのことについて述べていました。

小学校のころはさんま大先生に出て、大人気を博していましたし、それ以外の番組でも引っ張りだこでした。

そこから成長期を迎えるにつれ、だんだん仕事が減っていき、ついにはまったく芸能の仕事がなくなってしまったのです。

今ではおデブキャラを活かしたタレント活動をしたり舞台にも出ていますが、その当時はかなり辛かったと言っていました。

これが子役タレントとして必ずぶつかる壁なのです。

もし、自分の子供が長く芸能界にいて欲しいと思うのであれば、そういうときが必ず来るということを頭に入れておく必要があります。

きちんとそうなることが分かっていれば、対処はどうにでもできます。

予め事務所と相談して成長に合わせた役をやってもらうようにするとか、一時的に学業に専念させ、大人の知見を持たせたうえで再度芸能の仕事をさせるとか、あるいはタレントでは無くキャスターとしてやってもらうか、などいろいろな選択肢があります。

早くから対策を考えておけば、壁にぶつかっても乗り越えることができるでしょう。

そして、将来の選択肢を増やすことができますし、それは稼ぎを増やすことにもつながるのです。

子役で大事なことは親が勘違いしないこと

子役として人気が出ると、どうしても親としては調子に乗ってしまいます。

これ自体は悪いことではありません。

自慢したくなるでしょうし、誇りに思うでしょう。

これは親としては自然なことです。

大事なのは、「金銭的な勘違い」をしないようにすることです。

人気子役タレントとなれば、年間で数千万円を稼ぐことも十分にありえます。

それはサラリーマンの平均年収を遥かに超える額なのです。

それまでそんな額を手にしたことが無い人が大半ですから、金銭的な感覚がおかしくなってしまうことがあるのです。

先ほど、内山さんの例を出しましたが、彼も親も金銭的な感覚がおかしくなってしまったと言っていました。学校の行き帰りはタクシーを使ったり、中学生のときのデートでは銀座で買い物をしたりお寿司を食べたり、ごくごく普通の生活からはかけ離れた状態だったのです。

金銭的な勘違いを起こすと、それが人に対する態度にも表れます。

そういう状況を引き起こすことがあるのです。

そうならないよう、おかしな勘違いを親がしないようにキモに銘じることが必要です。

そして、もう一つ。

子供の価値観や考えを尊重することです。

自ら子役育成の事務所を運営している坂上忍さん。

彼も子役として活躍し、苦悩してきた一人です。

その体験を踏まえ、後進の育成を行っています。

親御さんからの申し込みが殺到するほど人気なのですが、彼は最初の面談のときにこう言うそうです。

「お子さんが本当にやりたいと思っていますか?」と。

彼は親では無くお子さんの意志をとことん尊重しています。

そのためには親に向かって厳しいことを言うこともあります。

だからこそ日々厳しい訓練が行われているのであり、しっかりと全力でフォローしているのです。

テレビでは厳しい様子ばかりが放送されていますが、その一方で厳しく接した以上に手厚くその子のフォローアップを行っています。

自分のことでは無く、お子さんと向き合って取り組むことが求められるのです。

子役のギャラは高い!しかしそこだけを見ないで!

子役のギャラは、金額的には非常に魅力的です。 どうしてもそこに目がいってしまいがちですし、クローズアップされてしまいます。 だからといってそこだけに目を向けないで欲しいのです。 人間形成の一環、社会勉強の一つであるという観点を持って子役にする、ということを思って取り組んで欲しいなと思います。 せっかく仕事をしている大人たちと接する時間が多いのですから、将来どの道にも勧める土台をこの期間に育成して下さい。 それだけで将来の大きなハンデを周りにつけることになります。 生きるための大きな力が手に入り、どんな状態になっても力強く生きていける人間になれるチャンスでもあるのですから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

子役のギャラは高いのか?今だけでは無く将来まで見ると実はそんなに高くない?
Reader Rating 1 Vote