お金を稼ぐために動画を使って期待できる成果とは?

shutterstock_294788087

みんながやる前に抑えておこう!お金を稼ぐために動画で期待できる効果

ここ最近、動画を使ったセールスを盛んに見かけるようになりました。
実際、動画を取り入れるかどうか?で稼ぎが大きく変わるというケースがあちこちで見受けられます。

やはり、動画を使うことで新規集客はもちろんのこと、商品販売やその後のリピーター化、さらにはファン層による商品や会社のブランディングまで、多方面にわたって成果がでるからでしょう。


お金を稼ぐことなら何でも使える!

動画は、お金を稼ぐための商売・ビジネスにはどこでも使うことができます。

今ある売上をもっと伸ばすことができるし、今それほど稼げていなくても動画を使うことで多額のお金を稼ぐことが出来るのです。

動画は直にお客様にあなたのメッセージを届けることができます。

商品の必要性とか内容はもちろんこと、商品製作の背景とかなぜこれが必要になるのか?を、五感を通して強く訴えかけることができるのです。

営業マンとか技術者も最近は動画を使うことが非常に増えています。

売り込む前にあらかじめ自分や自社の動画を見せておくことで、親近感を抱いてもらえたりどういう人(会社)なのか?を伝えることができます。

なので、売りたい商品に興味を持ってもらうことが、あらかじめできるのです。

信頼してもらえていれば、成約に導くのはそれほど難しくありません。

極論、セールススキルが不十分でも稼げてしまいます。

そして、どの業種でも活用できるツールです。

それほど動画はいろいろな場面で使うことが出来るのです。

インターネットを使ったビジネス戦略と抜群の相性

セールスレターやランディングページ(LP)に動画を組み込んでおくだけで、商品が爆発的に売れたり、お客様が一気に集まってくる、そんなことが起きやすくなります。

それもただ売れるのではなく、他の関連商品と一緒に購入してくれたり定期購買につながったり、あるいはいろいろな感想を頂いてそこから新たなニーズやウォンツが判明したりもするのです。

そう考えると動画はインターネットを使ったビジネス戦略と抜群の相性を誇ると言えます。

動画を観てそれを気に入った人が、その流れで商品購入ページに移り、すぐにレジを鳴らして会計してくれるようになるからです。

その中で特に効果的と思われる動画は「商品製作に至った背景を伝えること」です。

「この商品は家族で起こったこんな問題を解決するために生まれたものです」と、その誕生秘話や後ろにあるものを伝えることで、視聴者に共感してもらえるようになるのです。

共感は商品購入に至る「マジックキーワード」です。

共感するから親近感がわき、信用することができ、「これ買ってみたい」という感情を呼び起こすんですね。

動画は映像、音声、文字など様々な要素が凝縮されて、私たちの感情に直に訴えかけてきます。

理屈抜きに「お!?これなんだ!?」と気になり、動画で語られる世界に惹かれ、「欲しいな、これ」と、自然な流れで購買意欲が湧き上がってくるのです。

とはいえ、ただ動画を上げているだけではなんの効果もありません。

ゴールまでの道がきちんと設計され、それに忠実に則ったものでなければ、かえってマイナスのイメージを与えることにもなるのです。

新規集客における成果

動画は視聴者があなたに抱く感情をよりよく信頼あるものに変えてくれるツールです。

文字だけでは表現できないことを動画で表現することにより、視聴者が共感したり親しみをもってくれるようになります。

ただの訪問者や視聴者がお客様になるには、あなたに親しみを感じたり共感を得ることが必要になるのです。

あなたが売っている商品はほかの人も売っていることがほとんどでであり、あなたが視聴者に選ばれる理由を作る必要があります。そのうえでも動画は効果的になるのです。

商品を売るにとどまらず、あなたのビジネスの意義を持たせるのにも動画は役立ちます。

新規の集客は商品を購入するにとどまるのではなく、あなたにアドバイスを求めてきたり問題解決の手伝いをしてほしいという理由で訪れることもあるのです。

昨今、非常に多くの個人・会社がビジネスを教えるということをしています。

アフィリエイトだったり物販系だったりコンサルティングだったりと、様々なビジネスモデルを教えるところはごまんとあるわけです。

ということはお客様からすると、「なぜその人(会社)から教わるのか?」という理由が明確でないと、あなたは選ばれないということを意味します。

選ばれるためには機械的に文字を並べているだけでは不十分です。

文字だとある程度表現はできてもそこに感情や熱意を載せることが非常に困難だからです。

しかし、動画であればそれが可能になります。

あなたの声を入れ、時には熱くときには冷静に、かつ自信を持った語り口であれば視聴者に対してどれだけ影響を与えることができるでしょうか。

「この人なら・・・」と思ってもらえるような語り口、内容にすることが動画では容易になるので、新規集客には非常に効果的になるのです。

リピーター化における成果

動画を使うことにより望める成果として、「顧客のリピーター化」も大いに期待できます。

購入側としては販売者がどんな人なのか、どんな声でどんな話し方でどんな雰囲気を持っているのか、は非常に気になるところです。動画を使うことにより、それらすべてを顧客に届けることができます。

なぜ顧客はリピーターになるかといえば、販売者のことを好きになるからです。つまり、ファンになるのです。

だから何度も購入するし、新しい商品が出たと聞けば真っ先に試してみたくなるのです。

そこには販売者側と購入者側との間に、強いつながりができているということを無視することはできません。

販売者は購入者のことを常に考えて新商品をリリースし、購入者は販売者のことを信頼して商品を買うようになります。

他者で類似商品があったとしても、購入者はいつもの販売者から買うのです。これは強いつながりがあり、絆が結ばれているからなのです。

そのためのツールとして動画は非常に効果的になります。

動画は視聴者やお客様に対し、すべての感覚にじかに訴えかけることができます。

視覚や聴覚などに直接話しかけ、ダイレクトなコミュニケーションが図れます。

コミュニケーションが図れるということは、相手の反応をうかがい知ることができるということです。

相手の反応が分かれば、それに合わせた切り口や言い方、言葉を入れていけばいいわけですから、自然と視聴者との信頼関係が作られていきます。

お客をカモにせず、囲い込める

 
個人でビジネスをしている人でこういう勘違いをしている人がたくさんいます。

「ファンを作れ!コミュニティを作れ!自分の信者を増やせ!」と言っている人たちです。

これは何を勘違いしているかというと、「お客をカモにできるぜ!」という内面的なところです。

つまり、「自分だけではなくお客さんも一緒に成長して幸せになろうぜ!」という心意気が見えない人が多いのです。

だから「ファンを作れ!」という言葉でその内面を覆い隠している人がすごく多くいます。

そもそもビジネスとはお客様をカモにして自分が利益を得るためのものではありません。

本来、一番得をすべきはお客様なのです。

お客様のことを考えて動画を作るからこそ、その内容に引き込まれ、共感され、信頼され、「これ買ってみたいな」に変わっていくんですね。

これは作為的でもなんでもなく、ごく自然な流れなのです。

きちんとした手順を踏んで、正しい視点をもってさえすれば、自然な流れで購入まで至ります。

だからお客様を囲い込めるのです。

囲い込んでいるわけではないけれど、お客様が望んであなたのもとに居続けるのです。

動画はまさにそのための超効果的な道具になります。

あなたの姿、声、雰囲気、トーンなどを直に視聴者に伝えることで、視聴者がお客様に変わり、あなたの近くに居続けてくれるのです。

オリジナル性をいかんなく発揮するブランド構築

動画マーケティングはただ売上を伸ばしたり集客に貢献してくれるだけではなく、あなたの独自性・オリジナル性を大いに発揮してくれます。 なので、「あなた」というブランドを構築するのに最適なのです。 マーケティングというとお客さんを集めて役立つ情報を提供し、必要な商品を提供して利益を得る、という流れが一般的ですよね。 ところが、マーケティングは売り上げをあげたり利益を得るだけではなく、あなたの信頼度をあげたりブランドをもたらしてくれるツールでもあるのです。 そこに動画を活用することにより、文章よりももっと「あなた」という人間を引き立ててくれます。視聴者があなたのことを、もっとよくわかってくれるようになるのです。 動画がそこにあることで「この人、こんなこと考えてるんだなぁ」とか、「こういう視点をもってるのか」ということが、いろいろな感覚を通して伝わるんですね。 つまり、より人間味というのを感じながら「あなた」という人物をライブ感を持ってよくわかってもらえるのです。 だから信頼されたり親近感が湧いたりしやすいんです。 ここで大事なのは動画の作り方ではなく、いかに「あなた」という姿を魅せられるかということです。 動画を作ろう!と言われると「どうやって作るの?」という視点を持つ人が圧倒的に多いです。 ですが、動画を撮って編集して、というのは実は結構簡単にできるんです。 iPhone・スマホを使えばすぐ撮れるし、音楽をつけられるし、順番に編集できるのです。 これが大事なのではなく、いかに「あなた」を視聴者に伝えられるかが求められます。 「あなた」が伝わればそこから信頼関係が生まれ、ファンが生まれ、商品を買ってくれ、それに満足してもらえ、さらにあなたを信頼してくれるようになります。 だからブランド構築ができるようになるんです。信頼されてブランドがあるんですね。 今、誰もが聞いて知っているプラダとかトヨタとか、そういうブランドって多くの人が信頼しているのと同じように、信頼されているからこそブランドになるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金を稼ぐために動画を使って期待できる成果とは?
Reader Rating 1 Vote