信用取引をしようと思っている人向けの規制情報

shutterstock_323649743

信用取引を少しやってみたいけど、信用取引って何?

みなさんお金がないと言っても100万円くらい投資できる貯金は以外とあるようです。

そこで信用取引を少しやってみたいけど、信用取引が現物取引と違って、借りたりしているけど、コストはどういうものがかかるの?

よくわからないけど、自由度が少しすくないよね。

といったことに対して、十分に信用取引を理解してもらって、信用取引を始めるのもわるくないかと思って、取引を始めてみましょうか。

きっと現物取引の時には味わえない面白さがいっぱいありますよ。

  

信用取引の歴史

まずは、日本で信用取引が生まれた歴史を見てみましょう。

日本における信用取引の始まりは、戦後、4年が経過して、証券取引所の再開が連合軍総司令部により認められました。

戦前派主流であった先物取引が禁止されました。

ちなみに、先物取引は、大阪でお米の先物市場が世界で最初の先物取引でした。

長年の働きかけと準備の上で目前に迫っていた取引所取引再開のため、先物取引禁止を受け入れました。

1949年5月、証券取引所で売買が再開されましたが、市況は、8月をピークに恐慌相場になりました。

市場低迷のため、市場への流動性供給(仮需給の導入)を求め、「先物取引の復活」か、「米国式の信用(マージン)取引の導入」の議論が活発になりました。

1951年6月1日、米国のマージン取引をモデルとした「信用取引制度」が実施されました。

党首は、証券会社に十分な資金力がないため、市場に流動性(仮需給)をもたらすことができなかったので、資金を融資する証券金融会社という日本独自の仕組みが重要な役割を果たしてきました。

現在は、信用取引を必要としない機関投資家が増加したため市場全体に占める信用取引の比率は低下が続いています。

2013年1月に、インターネット取引普及や、株券電子化などを背景に委託保証金の計算方法の見直しが行われました。

同じ保証金を使って一日に何度も信用取引をできるようになりました。

信用取引のコストの詳細情報について

買い手、売り手双方にかかるものは、株式委託手数料、事務費用の事務管理費が上げられます。

株式委託手数料は、手数料は証券会社によって異なりますが、買い手であっても、売り手であっても同額となっています。

また、多くの証券会社では現物株取引よりも手数料が安くなっている場合が多くなっています。

事務管理費は、信用取引により保有する「玉 ポジション」が一ヶ月経過するたびに、かかる費用です。

どの証券会社であっても上限1000円となっており、買い方、売り方に関係がありません。

買い方にかかる費用、収益には、買い方金利、名義書き換え費用、配当落ち調整額が支払いの費用で、配当落ち調整額、逆日歩を受け取ることができます。

買い方金利は、証券会社から借りた資金の金利が発生しているので、その支払いが求められます。

一般的には、貸し株料よりも高く設定されています。

名義書き換え費用は、1売買単位あたり、数十円程度が一般的で、権利付最終日と権利落ち日をまたいで、株主としての絵権利を確定させた場合にかかる費用です。

一方受け取ることができるお金として、配当落ち調整額が受け取ることができます。

これは、保有期間中に配当の支払いがあった場合に、配当金額から税金相当額を引いた額を受け取ることができます。

逆日歩を受け取ることができます。

一方、売り建てている売り手は、貸し株料と、配当落ち調整額、逆日歩を支払う必要があります。

貸し株料は、証券会社が定めている金利を支払います。

一般には、買い方の金利よりも低いです。

逆日歩とは、追加の貸し株料のようなものです。

制度信用取引で空売り注文を出したとき、証券会社は、「証券金融会社」という会社から株式を借りています。

しかし、株式は無制限に存在しているわけではありません。

空売り注文が殺到したとき、証券金融会社は、受け渡しまでに不足している株式を大口投資家から調達します。

証券金融会社は、こうして貸してくれる大口投資家に対して手数料を支払います。

これが逆日歩です。

この逆日歩は、大口投資化がたくさんの株式を持っている場合には、ちょっとの金額で貸してくれるかもしれませんが、株不足が深刻だったり、大口投資家が少なかったりしたときには、

逆日歩が高くなります。

こうして決まった逆日歩は、その原因を作った、空売りをしている投資家が負担をすることになります。

一方、証券会社から資金を借りて株を買って、証券金融会社に担保として預けている買い手は、証券金融会社に対して提供しているので、逆日歩を受け取ることができます。

逆日歩の計算方法は、1日1日について、決められていて、1株につき何円、何銭と決まります。

逆日歩は、取引があった翌日に金額が判明します。

つまり、投資をする時点では、逆日歩が発生するのかどうかがわからないのです。

発生した場合の金額も不明です。

逆日歩、買い方金利、貸し株料はすべて、受渡日ベースで計算されています。

たとえ自分が1日しかもっていなくても、受け渡しは、3日分かかるので3日分の逆日歩などを払わなければならないことになることがあるということです。

信用取引の種類

信用取引には、制度信用取引と一般信用取引があります。

証券取引法や証券取引所がルールを決めて、信用取引が行われてきました。

しかし、近年の規制緩和により、証券会社が運用できる信用取引ができるようになりました。

これを一般信用取引といいます。

制度信用取引とは、証券取引所が定める信用取引です。

一般に、信用取引といった場合には、この制度信用取引をさすことが多いです。

一般信用取引とは、一般的なルールを踏襲しながらも、具体的ルールについては、証券会社が定めています。

この二つは、取引可能な銘柄、手数料、金利、貸し株料の違いがあることが多いです。

買い建てに関しては、制度信用取引よりも、一般信用取引のほうが取引可能銘柄の数は多いです。

一方の売り建ては、制度信用取引の場合には、「貸借銘柄」に指定されている銘柄のみが空売り可能です。

一般信用取引の場合は、ほとんどの証券会社で売り建てはできないとなっています。

しかし、「松井証券」、「SBI証券」、「カブドットコム証券」では売り建てが可能になっています。

また、手数料なども証券会社が定めることができるので、制度信用取引も一般信用取引もあまり違いはありません。

信用取引の規制関連

信用取引に対しての規制は、「相場の過熱を抑えるための措置」と「投資家保護のために行われる措置」が存在していて、制度信用取引にのみ適用されます。

一般信用取引では少し異なります。

空売りのダウンティック規制(空売り規制):空売りのダウンティック規制とは、個人投資家がある銘柄を空売りするときに、50単元以上を現在株価よりも低い値段で売り出すことを規制するものです。

信用取引の日々公表:いわゆる「日々公開銘柄」といいます。

証券取引所が指定するものではなく、単に売買量が多く、売買が活発な銘柄を日々公表されることにより、信用取引残高が公開されます。

日々公開銘柄でない銘柄は週一回の公開となっています。

増担保規制:増担保規制とは、証券取引所が実施する規制の一つです。

信用取引の委託保証金率が法令で30%以上となっていますが、それを引き上げる措置です。

貸株注意喚起:貸し株注意喚起とは日証金等の証券金融会社が行う指定で、規制ではないです。

特定の貸借銘柄について、空売りが増加しており、今後も貸し株が増加する場合には株不足となり、逆日歩が発生して、売り禁となるリスクが高いことを周知するものです。

売り禁(新規売り建て禁止):売り禁とは、貸借銘柄において、新規の売り建てを禁止する措置です。

この規制となった場合には、空売りが不可能となります。

信用外をしている場合、現引きが不可になります。

証券会社の個別規制;証券取引所や証券金融会社が行う規制以外に、制度信用取引でも各証券会社が独自規制を行うことが認められており、委託保証金率の引き上げ、委託証拠金に対して
一定割合以上の現金預託、特定銘柄の代用有価証券の代用掛け目変更などです。

信用取引は、リスクもリターンも大きい取引です。

先物取引の最初は、日本の大阪のコメ市場といわれています。 戦後の混乱期に、証券取引所取引を開始するときに、信用取引の禁止を飲まされたが、その後の改正でアメリカのような制度を押し付けられたのは政治的なものでしょうか。 制度的に優れていたのでしょうか。 それはわかりませんが、アメリカ式を取っています。 信用取引は売り方が金利などが優遇されているように見えますが、損失が無限大に膨らむリスクを負っているのでその差が金利として出ています。 売り方も買い方も一通り取引をしてみて自分にあう取引形態を見つけてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

信用取引をしようと思っている人向けの規制情報
Reader Rating 1 Vote