開業医の8割は赤字!実は見栄でベンツに乗る医師が増えているのを知っていますか?


悲しき弁護士と悲壮感漂う歯科医師

昔からお金持ちの職業と言えば、「医師」「弁護士」「歯科医師」と言われています。

ところが、最近はだいぶ様子が変わってきました。

まず、「弁護士」は法科大学院なるものが全国に生まれ、弁護士を増やそうという波に押されて、どんどん司法資格を取った学生が増加したのです。

あそこで離婚だ、ここでは借金過払いだ、交通事故の弁償だ…などと、訴訟ごとが増加すればいいのですが、弁護士が増えたところで、裁判がそう簡単に増えるはずもありません。

そもそも、裁判に訴えても、解決に時間がかかるし、弁護士費用もバカになりません。

だからといって「みなさん、やり方は簡単ですから、気軽に裁判を起こしましょう」などとセールスするわけにもいきませんから、弁護士は仕事をただ待つだけということに終始します。

結局、今では弁護士全員が金持ち、というわけにはいかなくなってしまいました。

歯科医師も同じです。

こちらは有名な話で「コンビニよりも歯科医院の方が多い」という町が当たり前になってしまいました。

実際に、北海道札幌市中央区を調べたところ、コンビニの数の1.2倍もの歯科医院が開業していることがわかったのです。

それどころか、今なお歯科医院は増加中。

そのわけは毎年2,500人もの卒業生を出す「歯科大学」の存在です。

黙っていれば、4年で1万人もの歯科医師が溢れてしまう。

でも、日本の人口は毎年1万人以上減っているのです。

自ずから、歯科医師の中で儲けているところよりも、年収300万円以下のプアデンティストの方が圧倒的になり、開業してわずか1年で夜逃げしたり、破綻した開業歯科は珍しくなくなっています。

つまり、今や弁護士も、歯科医師も、決して金持ちになる職業とは言えなくなっているのです。

医学部ができる、ということは大変なことだった

全国にある国立大学、公立大学と私立大学の中で、医学部のある大学は80大学。そして、81番目の医学部が30年ぶりに誕生しました。

その理由は、紛れもなく医師不足が社会問題化していることに依りますが、2011年の東北地方の大震災も大いに影響しています。

結果、新設される医学部は仙台市の東北薬科大学が母体。

新たに、医師を育成する国費が投入されることになりました。

実は、医学部が30年も新設されなかったのは理由があります。

80大学全部の学生定員数が100人としましょう。

1年間で8,000人の学生が大学に入学します。

6年間の学生生活を終え、その後2年間の研修医制度を終えて、早くて8年後には8,000人誕生する《予定》になります。(予定、というのは国家資格取得が終わってから、だからです)

その後は、毎年8,000人もの医師が誕生していくわけですから、国とすれば10年後には8万人もの医師が育っていると考えて、自然減も入れると国には30万人から35万人もの医師が常時勤務している、ということになるわけです。

これだけの医師がいれば、全国どこでも医療過疎に悩むことはありません。

そのため、全国の医師会でも医学大学新設の声を上げてこなかったわけです。

横目で歯科医師の増加を見ていれば、自分たちの将来も薄々わかってくるわけです。

ところが、実際にはそう簡単にはいかなくなってしまいました。

現在、厚生労働省の調査では、55もの診療科目が認められています。

内科、外科という分け方から派生して、臨床と執刀の医師がいるわけですが、内科から循環器内科や神経内科、心療内科といった科目が増え、外科からは心臓血管外科、頭頸部外科、移植外科など、どんどん科目が増えていきました。

つまり、医師はよりスペシャリスト(専門医)になり、ゼネラリスト(総合臨床医)が激減してしまったのです。

仙台にできる新しい医学部は、震災を教訓に、内科医の育成、それも全領域を診られるゼネラリスト教育に重点が置かれる、とのこと。

つまり、どんなへき地で、医療設備が整っていなくても、医師として一次救急対処ができる力量を育てる、というのです。

大学設置となれば、新しくキャンパスと大学病院を建てなければなりません。これは、ノウハウがありますから、順調に行われました。

が、問題は別のところにありました。

教員が集まらないのです。

つまり、大学で教授や准教授となるべく医師がいないのです。

それはそうでしょう、医師が足りなくなっている東北地方で、教授となる医師、それもゼネラリスト医師は、皆引っ張りだこですから、そう簡単にはどの病院も医師を手放そうとはしません。

この際給与をアップするから、病院に残ってくれ!そう言われる医師も随分いたのです。

30年ぶりの医学部新設、その裏には、激しい医師獲得の実情があったのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2