サラリーマンがお金持ちになれる考え方「なぜ大富豪はお金を稼ぎ続けられるのか?」

富を作れないはずのサラリーマンが富を作れる、実にシンプルな考え方

サラリーマンをやっている人ならば、この真実はすごくよくわかるのではないでしょうか。

「サラリーマンという仕組みは、決して富をもたらすことはない」ということを。

つまり、サラリーマンである以上お金持ちになることはできないということです。

実際、多くのサラリーマンがお金持ちとは縁遠い生活を送っています。

普通の生活を送っているならまだいい方で、毎日が困窮している人もすごく多いのです。

これは、サラリーマンはお金持ちになれる働き方ではなく、食い尽くされる存在であることを意味します。

そして、サラリーマンは仕事についてはいろいろ教えてもらえる環境ではありますが、もっと大事なことは決して教えてもらえないのです。

それは、「お金」に対する考え方です。

多くは、「これをこの金額で売っても大丈夫だろうか?」、「もっともっと安くして負いたい方がいいのではないか?」、というような、実にネガティブな印象を持っています。

それはお金に対する知識が不足し、経験値が圧倒的に足りないからです。

ということは、お金に対する知識をきちんと仕入れ、経験を積めばお金持ちになれるのではないか?

実際のところ、お金持ちの人は、お金に対して詳しくとてつもない経験値を持っている人ばかりです。

それらの人たちの思考を覗いてみませんか?


なぜ、お金持ちはお金持ちでいられるのか?

お金持ちがお金持ちでいらえる理由は、「お金に対してものすごく詳しい」からです。

それは知識が豊富であるからですがそれだけではなく、自らその知識が正しいかどうかを試し、実践しているということも大きなファクターとなっています。

このような人はお金と金融についてしっかり学んでいます。

もちろんそれに関することについても、ものすごく勉強しています。

かつて、高所得者層ではない限り、お金の管理について詳しく学ぶ必要がない時代がありました。

そもそも、お金に関する選択肢があまりなかったからです。

口座を持っていたとしても、ほとんどの人が普通預金口座を利用しているだけでした。現在は、地元の金融機関に行くと、A地点からB地点に行く航空運賃表よりも複雑な金融商品一覧表を見せてくれます。

今はどうでしょうか?

お金をどうするかについてはさまざまな選択肢が存在しています。

あなたもご存知のはずです。

預金口座の種類だけでも、扱いきれないほどの選択肢があります。

銀行窓口に相談に行った人ならばよくお分かりだと思うのです。

お金を稼ぐことは、成功するための総合的なアプローチの中で非常に重要な部分を占めるので、金融についてしっかり学ぶ必要があります。

金融について学ぶとはどういうことか?

証券会社に行ってお金の運用方法を知ることなのか?

あるいは株式投資とか資産運用について詳しくなることなのか?

もちろん、そういったことも大事でしょう。

しかし、もっと大事なことは「お金はどのような流れで自分のところに入ってきて、そしてどこへ出て行くのか?」を知ることです。

お金持ちになるには「循環」を知ろう!

お金を稼ぐためには、「稼ぐお金はどこから来るのか?」を知る必要があります。

どこから来るのか?がわかれば、その地点に対してアプローチして、交換できるものとお金を取引すればいいからです。

実は、これについて詳しく書かれている書籍はあまりありません。

それは多くの人が「お金の循環」について知らないからです。

お金がどこから入ってきてどこへと出て行くのか?

そして、それはなぜそんな循環になっているのか?

お金持ちとか成功者と言われる人が経済的に豊かなのは、それをよく知っていて、なおかつ自分でもそれを体験しているからなのです。

もちろん、最初からわかっていたわけではないのですが、自ら試したりうまくいったことを実践したり、逆に失敗談はやらなかったり、といろいろな経験をしていって結果としてお金がどんどん入ってくるようになったのです。

自分でお金を稼ごうと動き、もがいてみて「お金はこんなふうに循環しているのか!」がわかるようなったので、お金持ちはお金持ちたる状況を生み出すことができました。

その中にはサラリーマンでありながら億万長者になった方もたくさんいらっしゃいます。

最初に私はこう言いました。

「サラリーマンは富を作ることができない」と。

しかし、実はお金に対して詳しくなるとサラリーマンであってもお金を作り出して億万長者になれるのです。

もっと言えば、サラリーマンであるかどうかに関わらず富を作り出すことができるのです。

お金の流れは血液と同じである

お金の循環は私たちの体内を流れている血液と同じです。

血液は心臓から体内のあらゆる場所を巡り巡って心臓へと返ってきます。

心臓から出て行く際にはいろいろな栄養素や酸素が豊富な状態で出ていきますが、心臓に返ってくるときにはそれらの要素が全くない状態です。

だから、心臓へ返ってきてエネルギーを与えられて再び体内へと旅立ちます。

実はお金もこれと全く同じ循環をしているのです。

お金を使うとき、そこにはあなたの色が付いています。

つまり、「これが欲しいから、その品物と交換する」ため、というあなたの目的があるからお金を使う。

そして出て行くのです。

また、お金が入ってくるときも「何かの色」がついています。

それはあなたが何かを提供したとき、その提供先の色がついているということです。

サラリーマンであれば、あなたの時間を提供してその対価として給料を頂くわけですね。

これから分かるように、お金の循環は「色」という要素がついているのです。

その色に、いかにあなたの色を重ねるか?が大事になります。

あなたの色が強ければ強いほど、お金は巡り巡ってあなたの元に引き寄せられて戻ってくるのです。

これをよく理解しているからこそ、成功者や富裕層はいつでもお金持ちでいられるのです。」

お金に関する戦略も学ぶべし!

それだけではなく、資金管理や投資戦略についても学ぶ必要があります。

また現時点では、お金を使う準備まで整っていることよりも、お金についてさらに詳しく学んでいくことのほうが重要だと思うのです。

実はこれこそが、引き寄せの法則を活用する手段の一つだと思います。

お金持ちと言われる人を見ていると、実際に投資をする準備が整う何年か前から、株式市場や投資信託などについて学び始めている例が数え切れないくらいに多いのです。

彼らは知識が必要になる前に、すでに知識を得ていたのです。

これは大事なことだと思います。

今後必要になる知識や技能を習得したり、資金を作り出したりしておくとよいでしょう。

また、知識を手にするということは「種を植える」ことと同じです。

種を植えておけばいつか発芽し、それがどんどん成長して大きくなります。

自然の原理ですよね。

知識も同じことで、今使わなくとも仕入れておくことによって、将来の大きな成長の材料となり、あなたにたくさんの果実を与えてくれるのです。

お金に詳しくなれる、あの世界的ジャーナル

では、お金に詳しくなれる書物は本当に何もないのか?

実はこれが効果的だと思います。
それは「ウォール・ストリート・ジャーナル」です。

お金に詳しくなりたければ、本気で知りたければ、マネー誌とウォール・ストリート・ジャーナルを読むとよいでしょう。もちろん日本語版でも問題ありません。

必ずしも英語版を読まないといけないということではないのです。

さらに、プロの投資家のように読まなくてはいけないという意味ではありません。

ではどのように読めばいいのか、ある人の例をシェアいたします。

あるビジネスマンのオフィスには、直近3週間分のウォール・ストリート・ジャーナルが置いてあります。

毎日のモニタリングが必要な投資をしているわけではないので、毎日読むわけではありません。

そのような目的で購読しているのではありません。

まさしく、今回話している内容のために読んでいるかのような読み方です。

つまり、成長している会社や若くて伸びている会社、そのCEOやリーダーに関する記事を読むこと、またその人たちのサクセスストーリーの共通点は何か知ることを目的として読んでいます。

この会社がこの業界で使っているマーケティング手法の中で、自分のビジネスでも使えるものは何だろうか?

こういった目的のために読む価値は大いにあります。

多額のお金を得たときには、そのお金をどうするか、さまざまなことを学び始めるでしょう。

ですから、株式市場で活発に取引をしている人のように毎日読む必要はありませんが、購読してみても良い書物です。

お金に詳しくなることがサラリーマンが富を作れる方法

お金に詳しくないと、お金持ちになることは叶いません。 どうすれば健康でいられるか?を知らないと健康でいられないのと同じように、お金がどのような循環で巡っているのか?を知ることが、お金持ちになれるための第一歩です。 まずは、お金に対して詳しくなり、気になったものがあれば試してみてください。 今は知らずとも、少し月日がたてばお金に対していろいろなパラダイムシフトが起きるはずです。 そこに気づいたとき、あなたはお金持ちと同じようなマインドを持ったと言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

サラリーマンがお金持ちになれる考え方「なぜ大富豪はお金を稼ぎ続けられるのか?」
Reader Rating 1 Vote