個人でのお金稼ぎに使える!動画広告の活用と今後の予測

これからの時代を先取り!動画広告の現状と今後の予測を紐解く

ここ最近、動画広告を使って個人でも莫大なお金稼ぎに励む人がすごくたくさんいらっしゃいます。

一時賑やかだったYoutuberのような暮らし方をしている人が多くなっているのです。

今は昔ほど稼げなくなった、というお話もありますが、きちんとしたやり方をしている人は、今も昔と変わらず結果が出ているという事実もあります。

知り合いのYoutuberも言っていましたが、昔も今も変わらないやり方というものがあるのです。

今回はそのあたりの一端に触れると同時に、今後動画広告がどうなるのか?についてもお話します。


動画広告でお金を得る方法

動画広告を使ってお金を得る方法はいくつかありますが、もっともホットな場所がYoutubeです。

Youtubeに自分の動画をアップし、そこに広告表示をさせることによって1クリックあたりいくら、という具合に報酬を得ることができます。

Youtubeで所定のアカウントを取得することで、誰でもすぐに取り組むことが可能です。

アカウント取得は時間がかかるものではなく、順調に進めば数分~十数分もあれば終わります。

まずは、Youtubeに乗っている規則やマニュアルを参考にアカウントを取得することから始めてください。

では、どんな動画が視聴者に受けるのか?というと、時代のトレンドや今後流行りそうなものについて触れた動画が人気になる傾向があります。

たとえば、先日ワールドカップが開催されたラグビーは日本代表が大活躍したこともあり、これに関連する動画はどんどん再生回数が伸びているのです。

そこに日本語だけではなく英語表記も加えてあげることで、さらに再生回数は伸びることでしょう。

では、なぜ動画広告に注目が集まっているのでしょうか?

動画広告が伸びている背景

今年はラグビーワールドカップが開催され、ロンドンオリンピックをしのぐ経済効果が見込まれています。

そして、日本代表が大活躍し、強豪の南アフリカを倒すなど非常に注目を浴びました。

今年も動画広告は大きく伸びる可能性があるのです。

来年を見ますとリオデジャネイロオリンピックが介される年であり、その先にはラグビーワールドカップ日本大会やサッカーワールドカップロシア大会、東京オリンピックも間髪いれずに控えていることから、動画による広告はどんどん伸びていくと思われます。

Youtubeはワールドワイドな媒体であり、世界のどこからでも見ることができます。

だからこそ、広告の費用対効果が大きいので企業がどんどん出稿し、それに伴って私たちもそれを使ってお金稼ぎができるようになるのです。

新聞は購読部数が伸び悩み、それに伴って広告の額もどんどん減少しています。

その落ち込み分が動画広告に推移しているのは容易に想像できるとことと思います。

さらに、一人が一台はスマートフォンやパソコン、タブレット端末を持ち、手軽に動画を観たりネットサーフィンをして欲しい情報を素早く手に入れることができる環境が整っていることも、それに拍車をかけているようです。

リアルタイムに情報を入手できるのですから、新聞に目がいかなくなるのは必然とも言えるような状況が生まれているのです。

動画広告は費用が安い!?

さらに、Youtubeに投稿される動画広告が増えているのはもう一つ要因があります。

それは広告にかける費用が少ないということです。制作単価を抑えることが可能なのです。

動画を作ること自体にはお金はかかります。

しかし、広告を流すという視点でみると、テレビや新聞などで広告を載せるよりも安くすることが可能なのです。

予算を決めておけば、それに則ったプランでネット上に動画広告をアップすることができます。

動画広告は販促活動だけではなく、自社のブランド構築の一環としても活用できるのです。

動画を使ったホームページは動画がないホームページに比べ、反応ががらっと変わっていきます。これはアメリカでもすでに証明されていることです。

だからこそ、動画を使ったプロモーションやマーケティング活動が王道になっているのです。そして、この動きは日本でもだんだんと広がってきています。

大手の企業では動画を使わないプロモーションの数の方が少なくなってきているのです。

自社のホームページに上げるだけではなく、Youtubeに広告動画としてアップしたり、社外でのイベントで動画を使った顧客への説明やプレゼンにも活用したり、ということが非常に多くなっているのです。

実にさまざまな業種で動画広告が活用されているのです。

何かしらのイベントに足を運んでみればわかると思います。

私は自分の仕事に関する、とあるイベントに何度か足を運んでいます。

ここ数年は毎年行っているのですが、年を追うごとに動画を使ったプレゼンや説明会、商品紹介などに活用している企業が増えているのです。

昨年いったさいには、動画広告を使っていない企業の方が少ないのではないか?と思いました。

スマートフォンが与える影響

最近はスマートフォンやタブレットで動画広告を目にする人がすごく増えています。

今やパソコンを凌ぐ勢いなのです。

回線が増え、やり取りできるデータ容量が増え、動画を見るのにストレスを感じなくなっているのです。電車での移動、バスでの移動、歩いているとき、少し暇なときなど、どこにいても動画を見やすくなっているのです。

ということは、動画広告を見る機会もどんどん増えるということを意味します。そこに気づいた企業は、いち早く動画投稿サイトへ動画広告を出稿し、販促活動や集客活動に活かしているのです。

現在、大手の会社がどんどん動画広告を出しています。

つい数年前まではYoutubeなどの動画投稿サイトへ広告を出している会社はごく少数でした。

しかし、今では誰もが知っているような会社が誰もが知っている商品の広告を出しているのです。それは動画投稿サイトを見に来る人がものすごく多いからです。

動画を見に来たついでに動画広告を見て、そこで商品が気になり購入に至る、という流れが非常に増えているのです。

その効果が絶大であるということを、動画投稿サイトへ出稿している広告主はわかっているからこそ、どんどんYoutubeなどに広告を出しているということです。

ただ、今上がっている動画広告はテレビ広告と大差がありません。

テレビで見たCMを動画投稿サイトでも配信しているという実情があります。

今はそれでも全く問題はないです。

テレビCMも面白いCMはたくさんありますし、クオリティの高い映像が使われているからです。テレビで反応が高ければ、動画投稿サイトでも反応が高くなるであろうことは容易に想像がつくと思います。

ただし、動画投稿サイトで流行する動画や反応が高い動画広告の流行り廃りは非常にスピーディです。

今日、興味を持っていたとしても明日になると一気に冷めてしまう、ということにつながりかねないのです。

非常に流行の流れのスピードが速いのがインターネットであり、Youtubeなどのプラットホームなのです。

動画広告の今後の傾向と予測

今後、考えられる動画広告としては、「見ていて楽しい!飽きない!」という印象を視聴者に与えられることができる動画になると思われます。

テレビCMと同じです。楽しくドラマやバラエティを見ていて、いいところでテレビCMが入ると、「なんだよー」となりがちですよね。

しかし、そこで面白いCMが流れたらどうでしょうか?

「お?なんだこれ?」と気になり、ついつい見入ってしまうことがあったと思います。

商品の販促活動ではあるのですが、それよりも興味を持ってもらえるようになったり気を引くCMになっていれば、「なんだよー」という感情が、「面白そう!」というように変化していくのです。

このような変化を起こさせる動画広告が、今後は流行ると思われます。

最近はちょっとしたトリック動画が流行っているのをご存知ですか?

一見するとマジックを駆使しているような動画、見たことがあるかもしれません。何気なく始まったのにいきなり何かが起こる動画です。

「え!?」と思わせるような内容になっているのが、トリック動画です。今後、企業が制作する動画広告でもこのような動画にして販促活動をするところが出てくるのではないでしょうか。

そして、動画広告を載せるプラットホームも変化していくことが考えられます。

今はYoutubeにアップするだけ、というのが個人の人気ブログやホームページに動画広告を載せてもらうということも起こりえます。

人気ブログであれば日々のアクセス数はものすごい数になります。

デイリーのアクセス数が数万とか数十万というブログも存在しているのです。

これは毎日数万人から数十万人が訪れているということです。

そうなるとYoutubeだけではなくて、そのような媒体に広告を載せることによって、より幅広く販促活動を行うことが可能になります。

それが個人媒体であれば、載せてもらう費用がさらに抑えられることもありえるのです。

費用を抑えつつ最大限の効果を得ることが可能になるということを考えると、個人媒体に動画広告を載せてもらう、ということが今後起きてもおかしくはありません。

今後の予測がお金稼ぎにはすごく大事!

動画や映像といった広告の流れは、すごくスピーディになりつつあります。 今年はこれで良くても、来年それが通用するかどうかは不透明なのです。 だからこそ、そこに満足するのではなく、「今後はこうなるのではないか?」という予測をして、テストしてみる必要があるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

個人でのお金稼ぎに使える!動画広告の活用と今後の予測
Reader Rating 1 Vote