今はやりのIoTとは何なのかIoTを早く理解して儲ける!

shutterstock_86123635

IoTというバズワードで株で儲ける

IoTというエリアが今盛り上がっています。

その盛り上がりのなかで、IoTとは何なのか、どのような業種、銘柄の株価が変化するのかを見ていきたいと思います。

IoT分野ではまだまだ大きな企業は入っていません。

小さい新興の企業が頑張っているところです。

まだまだ買いを入れるには遅くはありません。

一刻も速く買いを入れて、その他の投資家に差をつけましょう。

  

IoTとは

IoTは、internet ofThningsの略です。

今アメリカですごく熱いです。

IoTは、コンピュータなどの情報端末のみならず、世界中にあるいろいろなモノに通信機能を持たせて、インターネットに接続できるようにして、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことです。

 この考え自体は、1980年代の国産OS「TRON」の開発者の東京大学坂村健氏が「どこでもコンピュータ」という概念を提唱しています。

1990年には、ゼロックス・バロ・アルト研究所のワーク・ワイザー氏が「ユビキタスコンピューティング」を提唱していた。

2003年には世界人口63億人に対し、インターネット接続できるデバイスは5億台だった。

それが2010年には68億人に対して、125億台のインターネット接続デバイスが普及した。

今後も2020年の接続デバイス数は500億台になり、1人当たりでは6.58台になると予想されています。

 接続デバイス数の増加は、モバイルネットワークの普及とクラウドサービスの拡充によるものと考えられています。

IoTに関係のある分野

センサー分野では、さまざまな機能を備えた部品、チップの公表が相次いでいます。

データの収集窓口となるセンサーでの開発競争やシェア争いが活発化しています。

自動車分野は、Googleなどを筆頭に、開発を進めている自動運転などが有名ですが、米国電気電子学会では、「2025年までには走行中の車の6割がインターネットに接続」されていると予想をしています。

住宅では、スマートメータと呼ばれる通信機能がついた電力計の普及を大手電力各社が2024年までにすべての家庭に設置をすると発表しました。

IoTに関連する技術

IoTのデバイス、機器を製作するには、技術要素が大量に必要なります。

IoTデバイスの開発には、たとえば、製品デザインとしてのかっこよさや使いやすさなどが必要になります。

モノを加工するための加工技術、回路や半導体などの電気周りの技術設計、そして身の回りの観測すべきものを感じ取るためのセンサー技術などといった技術が必要です。

それだけでなく、IoTの価値を真に引き出そうとするならば、基本的なインフラ(ハード面の低価格化、ユビキタスな接続)と、ソフトウェア技術とデータアナテックス技術、相互運用に向けた技術標準とソリューションの開発です。

相互運用が何よりも重要なものになるとマッキンゼーは予想しているようです。

相互運用は、ベンダー間の協力、標準化団体によるものなので、企業の統制外のことです。

IoTを共同で推し進めている企業は、緊密に連携する必要があり、サイトやアプリケーションで自由にデータをやりとりできるようにしなくてはなりません。

次に、低価格で低消費電力のハードウェアが必要になります。

IoTの土台としては数多くのデバイスやコノピュータなどのモノが互いに遠距離間で通信できる能力が求められることになります。

センサーノードをはじめとして、構成している部品の高さは、電源関係と通信関係のコストの高さがあったため、今までIoTは実現不可能だとされていたが、小型電子機器のコストが下がることにより、IoTが実現化されようとしています。

IoTを活用するには、データ解析ソフトウェアとデータ解析の専門家が必要とされるようになるとマッキンゼーの報告書にはある。

データ分析ソフトでは、容易に活用できるレベルにいまだ達しておらず、ユーザーの組織内でも未だに活用できる能力に達しておらず、ビッグデータ分析の実現化への阻害要因となっています。

また、IoTを活用sるうニア楯は、セキュリティの問題が発生しており、弁護士などが活躍するエリアになる可能性があります。

IoTに関連する株式銘柄

IoTに関連する銘柄として、2月では、ソフトバンク、東芝、三菱電機、三井物産などが大手企業では関連銘柄と呼ばれています。

ソフトバンク(9984)は、IoTやペッパーなどのロボットを成長分野と位置づけて、経営資源を重点的に配分して、競争力を高めています。

東芝(6502)は、IoT分野に関しての開発体制を増強することを発表しています。

技術者を、社内カンパニー「クラウド&ソリューション社」に集めることにしています。

三菱電機(6503)は立命館大学と連携しています。

あらゆるモノがつながりあう時代のIoTの時代に向けて、製造段階で発生する大規模集積回路LSIの個体特性を利用した機器の認証を行うセキュリティを開発しています。

三井物産(8031)は、IT事業を開いていく営業本部を新しく作りました。

IoTやクラウド技術を利用する事業を作ることが目的としています。

IoTに関連する銘柄として、2月では、小型の株では、アプリックスIPHD(3727)や、ロックオン(3690)、モバイルクリエイト(3669)、日本システムウエア(9739)、協和エクシオ(1951)などが例として挙げられていました。

アプリックスIPHD(3727)は、M2M関連事業に経営資源を集中投下しようとしています。

JPモルガン・アセット・マネジメントが大量保有報告書を提出したことがポジティブな材料となっていました。

ロックオン(3690)は、ECオープンプラットフォームをウェブの世界から、スマホアプリやリアルなPOSレジ、IoT対応なども入れた、関連概念との連携を可能にするプラットホ-ムである「EC-CUBE」を開発しています。

モバイルクリエイト(3669)はタクシーやトラックの業務用IP無線システムなどを作っています。

そのモバイルクリエイトは、石井工作研究所(6314)の発行済み株式を所得して、資本提携しました。

石井工作研究所は半導体関連の製造装置を作る会社です。

この資本提携で、IoTの事業領域を拡張していくことを発表しています。

また、ITソリューションプロバイダの日本システムウエア(9739)などもIoT銘柄とされています。

協和エクシオ(1951)が日本システムウエアの「Toami」を使ったICTソリューションビジネスの展開で協業することなどが材料視されています。

IoT関連のニュースが出た時動く株

IoT関連のニュースが出た時に、動く株について調べました。

仕手株といって、ニュースに反応して、信用取引を使って全力でぶつけてくる人たちのことを仕手筋といいます。

そして、仕手筋の人達が扱う銘柄のことを仕手株と言います。

仕手株の値動きは激しいので、乗れると大金持ちも可能です。

ブロードバンドタワー(3776)、通商BBタワー。

POSレジなどを扱っていて、IoT事業への進出を表明している。

決済関連とIoTが結びついたときに注目される。

ユビキタス(3858)は、センサー、モジュール関連を得意とし、デバイスからのデータ受信をするIoT時代には、特需が発生するとみられている。

フリービット(3843)、モバイルデータの高速通信サービスを提供している。

イオンハウジングと資本業務提携を発表しており、IoTをネットワークインフラ、不動産関連業務ノウハウ等に活用していこうとしている。

DIT(3916)は、IoT関連に参入したとされている。

サイバーセキュリティ関連の会社です。

セック(3741)は、ロボット関連とされていますが、同時にIoT関連の銘柄とされています。

サイバーダインが上場する前は、ロボット関連でセックが仕手株とされていました。

ロボットのオペレーショングシステムのモジュール化に関する標準化しようとして採択されています。

ビーマップ(4316)は、デジタルサイネージの会社です。

デジタルサイネージとは、電子看板のことです。

東京オリンピックなども控えており、内閣府の戦略などにも関連している国策に関連する銘柄です。

UBIC(2158)は、人工知能開発に1000億円を投下するニュースでストップ高まで伸びます。

オプティム(3694)は佐賀県初のマザーズに上場している企業です。

スマホ・タブレットに強く、技術力が高いためか大手との連携が多いです。

コマツなどと遠隔操作技術の提携などをしているなどと材料が豊富です。

まだまだ動き始めた段階のIoT

現在はバズワードとしての理解のレベルですが、幾度も似たような言葉が出ては消えてきました。 しかし、今回は実態が伴っています。 そこでそのIoT分野でバブルに近い現象が起こりえます。 そのような波に乗り遅れないように、先に乗って儲けを出せるように仕込みをしましょう。 仕込みは早いに越したことはありません。 日経平均株価の動き、トピックスの動き、米ドルなどのレードなどの動きも影響を受ける可能性がありますが、動きとしてこれから盛り上がるところを押さえておきたいですね。 新興銘柄は何倍にもなりえますので、買って買ってバブルを待ちましょう。 ただし、投資は自己責任ということをお忘れなく

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

今はやりのIoTとは何なのかIoTを早く理解して儲ける!
Reader Rating 1 Vote