日本人が知らない絶対に負けない投資とは?

投資に「絶対」が存在するのか?

投資と言う行為がFXを切欠に日本人の一般の人たちにも馴染みのある行為になりつつある中で最近こんな文字を良く目にしませんか?

「絶対に勝てるFX必勝法」

「これでダメなら投資をやめろ」

さも投資と言うものに絶対の法則があり、お金がない人でもその法則に則れば勝てると言わんばかりの文言が多く見受けられ、「必勝法」なるものまで登場して来ました。

投資と言うのはあくまで自身の資本をかけてそれ以上のものを生み出そうとする行為であるため未来が分かりきっている事などない以上絶対はありえないでしょう。

そして投資と言うものをギャンブルと同一視する風潮は日本ではいまだ根強く、こうした絶対という文言がまた更に一歩投資というものや言葉そのものに良くないイメージを抱かせているという所があるように思います。

しかし「絶対に勝てる投資」は存在しませんが「絶対に負けない投資」は実は存在するのです。

もちろんお金をかけたら最低限かけたお金が返ってくるという話しではないです。

日本人はどうもお金をもたらすことのみが価値だと思っているところがあるため、こうした話を聞いても偽善だなんだと叩かれる風潮がありますが、そもそも投資という事にお金だけの利益を求めるからこそ騙されたり大きな損をすることになるのです。

今回はそうした投資することで得られる物による絶対に負けない投資と言うものについて書かせていただきたいと思います。

投資するの必要な資本への理解

投資とは利益を得る目的で、事業、不動産、証券などに資金を投下すること。

将来を見込んで金銭をつぎ込むこと、例えば土地に投資する、企業に投資するなどと何かに「お金」をかけてそれ以上の「お金」を得ることだと思われていますが、ここにそもそもの間違いがあります。

何が間違いかと言うと、経済学での投資は一定期間における実物資本の増加分を投資と呼ぶわけですが、この資本をイコールお金と思っているところが間違いです。

資本とはそもそもお金に限らず事業活動を行うための基になるものを指すので多くの日本人が思っているようなイコールお金という意味ではないのです。

お金がいくらあろうとそれを使う場所、自分が参加できる市場がなければ何も出来ません。

商売をするなら商品が必要です、サービスを提供するならスキルが必要です。

他にも人員がいなければ苦しむことになるでしょう、資格がなければすることも出来ないことが世の中には沢山あります。

自分一人でやろうとしても寝たきりで指一つ動かすことすら出来ない状態でお金だけがあったら事業活動は出来ますか?

そもそも何の知識も意欲もない状態で事業活動は始めることができますか?

実は事業活動をするにあたって必要なものとはお金ばかりではなく、資本とは必ずしもお金そのものを指している訳ではないのです。

明るい人生設計のために「投資」が必要なことは明白だ。

「投資」をしなければ人間は今の社会で生きていくことは出来ない。

こんな文言を見ることも多いと思いますがその言葉はある意味で全く間違っているとは言えません。

例えば現代社会は情報と変化がこれまでの近代以前と比べてとても早いです。

情報収集をすることもその変化にいち早く対応するのも確実に必要であり、出来ないのであれば確実に損をすることになります。

情報はお金を払ったら正しいものが手に入りますか?変化は情報を知っただけで対応することが出来ますか?

そんな事はありません「時間」や「知識」と言う資本がなければ正しい情報と変化への対応と言うのは「投資」して得ることは出来ないのです。

このように日本人が投資で負ける理由はかけれる資本をお金だけだと思っている事にあります。

投資で得られるものの認識のズレ

日本人の多くの人は先程説明した投資においての資本に理解が足りていないところがある他にも投資で負けることになる要因があります。

それは投資することで得るものを「お金」に限定しているところ。

投資の目的は利益を得ることです、しかし得られる利益と言うのは本来お金に限定して考える必要はないのです。

そもそも人がお金を欲しがる理由はなんでしょうか?

やりたいことをするために、欲しいものを手に入れるために、あるいは生きるためにかもしれませんし、その理由は人それぞれです。

しかしお金そのものだけがいくらあってもそうした願いがかなえることが出来ないのであればお金を集める価値もなくなるとは思いませんか?

実際にいくらお金があったとしても誰も居ない無人島やあるいは砂漠のど真ん中にいたとしたらお金の価値はただの紙である事でしかないです。

日本人によくいるパターンで具体的に言うのであれば、幸せな家庭を気づくため一生懸命お金を稼いでいたら家族に仕事がそんなにしたいのならばと離婚騒ぎになる人や、やりたいことをやるためにお金を稼いでいたはずなのにそれをする時間が取れない人。

自分がそうなっている人もいるでしょうし、そうした知人がいる人もいるでしょう。

人が本来投資で得たいものとはお金ばかりではないのです。

寧ろお金であるより本来であればやりたいことを出来るようになること、欲しいものを得ること事態が投資の目的であるべきであると言えます。

逆に考えてみてみると、例えば何らかの理由で1000円札が欲しいという時、1万円札を両替してもらおうとして5000円札をもらったら「1000円札で下さい」と言いますよね?

これが両替であれば相手も応じてくれるでしょうが「投資」で1万円と言う金額勝っても1000円札での支払い要求に応じてもらえることはまずないでしょう。

相手側は1万円勝ったのだからそれで良いだろうと思うのですが、あなたは1000円札が欲しいのだから目的を達成できていない、そう考えると「負けている」のです。

もっと言うなら100万円勝てなければ意味がないと思っていたとき10万円勝とうが50万円勝とうが同じ「負け」と言う結果です。

このように投資の見返りとして求めているものがお金だけである事が日本人が投資で負ける理由の一つにもなります。

日本人は自由な時間の価値を知らない

先程述べたように日本人が投資で勝てないという理由としてお金と言うものにこだわりすぎてそれ以外の価値を見出せないからと言う事にあります。

投資する方も投資される方も金、金、金。

日本人は金に汚いと言われることを嫌う割にはお金と言うものがどこまでも大好きな人種です。

平均労働時間や平均賃金に関してもその日本人の特徴が如実に現れており、お金に拘るあまりに労働時間が延びてもお金がもらえればいい、お金に拘るあまり賃金が多少安くともお金がもらえると言うのなら甘んじて低賃金で仕事をする。

生きるのに必要な様々な資本についてお金以外には全般的に魅力を感じることがない日本人にとって自由な時間と言う資本は特に価値を感じていないという事ができるでしょう。

安定した収入はあるものの、かなり厳しい労働環境と長い労働時間、更には突如なくなる休日と突如要求される残業。

それらを嫌ってフリーターになる人もいると言うのにそうした人を日本人は労働意欲がない、将来を考えていないと非難の的にし、お金以外の得られるものに直接的ではないものの価値がないと評価します。

お金と言うのはそうして拘る人のところには基本集まってはきません。

多くの人が使わなければ将来的に経済全体を圧迫することになり、相対的に得る機会も金額も減り、使わざるを得なくなるときと金額が大きくなります。

そうでなくても固執することで足元を見られることになるのはお金に関しても一緒の事で、あまりにも欲しがると交渉するとき不利になり、結局得ることが出来るものが割に合わないことがあるものです。

自分の自由な時間と言う資本はお金とはまた違うベクトルで色々な事を与えてくれます。

体に健康を与えてくれることもあります、精神的な充足感を与えてくれることもあります、自分に新たな知識や技術、ノウハウなどを与えてくれて間接的にただ求めるとき以上にお金を自分の元に運んでくれることになることも少なくはないです。

急がば回れと言う言葉もありますし、損して得取れと言う言葉も日本にはあるにも拘らずそのために必要な資本である自由な時間を日本人は大切には思えていないのです。
 

日本人が負けない投資のために必要な事

このように日本人は投資と言うもの、資本と言うものに対して理解が足りないが故に投資で負けることになるのです。 絶対負けない投資と言うの存在します。 しかしそれはお金を損しない投資があるという訳ではないです。 まずこの絶対に負けない投資をするために必要な事として自分が何故どのような資本を求めているかをしっかりと考えるところからしないといけません。 自由な時間が欲しい、そして最低限食べていけるだけの資本が欲しいとなればまず、何が欲しいのか?を理解し、欲しい自由な時間を決め、そのために明確なお金を算出した上でいくら手に入れるための投資をするのかを決めなくてはいけません。 そうした理解もなくとにかく大金、とにかく安定した収入を求めるからこそ負けるのです。 例えば今の収入プラス5万円を目指すとき今何も仕事をしていなければFXや株にお金と言う資本をつぎ込むよりも週に三回ほどアルバイトをするのが負けない「投資」です。 逆に現状仕事を沢山していて寝る時間もない、それでも足りずプラス10万円今どうしても欲しいと言うのならどうせ使えないものを売り払うと言うのも「投資」です。 本来なら自分に必要である分の種類の資本を投資してしまうからこそ投資で負けるのであり、絶対に負けない投資とは自分に必要な分の種類の資本を確保した上で必要のない資本を投資することだと言えるでしょう。 お金にだけ拘るからこそ投資と言う行為で負けるのです。 かける資本と手に入れられる資本をよく吟味してから投資を行うようにすることこそが絶対に負けない投資となります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

日本人が知らない絶対に負けない投資とは?
Reader Rating 3 Votes