10分500円!東京新橋の靴磨きに見る本物の職人技から学べることとは?

なぜ、新橋はサラリーマンの街なのか

東京・新橋駅。

JR山手線と京浜東北線、東海道線、横須賀線、そして地下鉄銀座線と浅草線が乗り入れる、ビジネスマン御用達の巨大駅の一つです。

ですが、港区という立地から見れば、非常に庶民的な小さな商店や喫茶店なども多く、ディスカウントショップも健在という新橋駅周辺は、お金がないサラリーマンの聖地としても名高い場所として君臨しています。

大手町や霞ヶ関、汐留といった場所が、主要企業や官庁の超高層ビル林立地帯となっているのに対し、新橋駅周辺は日比谷口のSL広場は未来永劫変わらないのではないか、という実に穏やかな表情を醸しだします。

このSL(= C11形蒸気機関車「C11-292」)は1972年10月14日に、旧国鉄から無償譲渡。

その日は1872年、日本で初めて新橋と横浜の間を鉄道が走った、ちょうどその日から、100年目でした。

残念ながら、この車両は、岡山県や兵庫県を走っていたそうで、新橋に置かれるのは引退した後のこと。

ですが、このSLがあることで、渋谷のハチ公やモヤイ像ともども、街のシンボルとしてすっかり定着しているのです。

SLが見続けてきた日本、それはまさに明治3年から現在の鉄道事情はおろか、働く人たちの汗や涙までしっかりと積み重なってきたに違いありません。

高級車や偉人のブロンズ像が置かれているのとは違い、SLはまさに日本経済の原動力そのもの。

新橋が永遠にサラリーマンの街であり、ハイテクやITといった分野ではなく、しっかりと商いをしていく人たちの礎なのは、やはり、SLにぴったりなその景色にもあるのでしょう。

そんな新橋で働く人たちの物語です。

商売の神様に祭り上げられた「烏森神社」

新橋駅の日比谷口と烏森口を出て、すぐ目に入るのが「二ュー新橋ビル」。

テナントの多くはチケットセンターや、水餃子の店など、小規模の店が所狭しと並ぶことで有名。

元々が、闇市から発展した戦後の装いそのままに建設されたビルが、今日まで続いてきました。

2014年、この新橋の昭和チックな総合ビルも、いよいよ再開発計画が発表され、2023年にはスマートな超高層ビルに生まれ変わる、ということになり、新橋らしさが消えていくのでは、という哀愁に満ちた声が様々なところから聞こえてきます。

このニュー新橋ビルの裏手、新橋2丁目にひっそり佇むのが「烏森神社」。

からす、の由来は神のお告げ通り、烏の集まっていた場所にお稲荷さんを建立しようとしたことから、始まりましたが、そういえば、烏は実は日本の戦うシンボルの一つであって、日本サッカー協会のシンボルマークが八咫烏(やたがらす)。

足が3本ある特徴的なものは、戦いに勝つ力を示しています。

このことから、帝国陸軍も陸上自衛隊も、この八咫烏をシンボルマークに採用、烏は実は戦いの神であり、それが転じて、新橋のサラリーマンの商い神に祭り上げられています。

サラリーマンを支える、様々な職業

日銭を稼ぐのが、江戸の職人。

今日稼いだ金は、今日のうちに使ってしまおう…

歴史の小話では、長屋住まいの大工や紙すき職人、左官に紙拾いに魚河岸など、様々な商人が天秤棒を担いで街を練り歩いている情景が描写されます。

現在でいうところの「訪問販売」やら、「飛び込み営業」といった按配でしょうが、最近ではこうした仕事のやり方がだいぶ減ってきている、と言われています。

理由は、個人情報保護法であったり、ビルへ入る際のセキュリティ問題でしょう。

店を構える、となれば、ショバ代を支払い(家賃を払い)、店員を置いて店を切り盛りさせなければなりません。

そこには人件費も電気代も余計にかかってしまいます。

仕入れがあって、商品を右から左にさばく場合は、仕入れ業者との連絡手段も必要です。

ですが、そうしたものを一切廃した、営業といえば、昔から「靴磨き」があります。

新橋と有楽町の駅周辺では、おばあちゃん世代が歩道に椅子を置いて座り、ひたすら顧客を待ち続けます。

彼女たちの一番の仕事は、まず場所取りです。

ロケーションの良さが、絶対の商い成功を導きますから、人の流れに疎い人は客集めにも苦労します。

彼女たちは客が靴を履いたまま、磨けるように木製の小箱を置き、そこに足を載せてもらいます。

500円で足元を綺麗にさせる極意は、やはり「磨き粉を薄く伸ばしてサッと布で靴を両手でなでるように、スムーズに行うこと」。

日焼けしないように、目深につばのついた帽子をかぶり、夏も冬も客を待ち続ける、その忍耐力。

彼女たちの手は磨き粉の油でテカテカになっていますが、その頭は、誰もがきちっとセットされていて、商売人の心意気を示しています。

かつては30ほどいた同業者も、どんどんと少なくなった大きな理由は、周辺のビルでも同じような商売が始まったことから。

ですが、彼女たちが皆30年、40年もこの商売をして、子供を育て上げていることを考えれば、どんな仕事でも長く行うことこそが、力になっていることがわかるでしょう。

新橋では、バブル時代、やはり多くの会社が利益を上げていたことがありました。

その頃は、景気は良かったため、靴を磨く人も多く、そうした人たちからNTT株の話を聞いて、実際に購入した靴磨きの方もいました。

実際に話を聞いたことがありますが、1987年2月9日、NTT株が新規上場され、サラリーマンの常連客が、靴磨きのおばさんに「値上がりするから、買ったほうがいいよ」と勧め、彼女はやっとの思いで1株だけ購入しました。

当時の初値で160万円。

この価格に満足した当時の大蔵省は、第二次放出も行い、野村・日興・山一・大和の4大証券が7兆円もの現金で買支え、それを一般客に売り始めました。

その時点で、東京証券取引所の平均株価は、なんと3万円代にまで暴騰。

そして1987年10月19日、アメリカ・ニューヨークで「ブラックマンデー」が勃発。

1988年、とうとうバブルは崩壊し、10月、政府は第三次放出をしたものの、買い手がなかなか集まらず、最終的に株価は45万円にも下落してしまいました。

実は、あの靴磨きのおばさんは、最高値であった1987年4月22日、318万円で売ってしまいました。

彼女は、本当にびくびくしていて、自分が売り抜けたことへの安堵感など、全く見せなかったのです。

「あの頃は、誰もがおかしいほど騒いでいたよ、だってそうでしょう?景気がいいかどうかなんて、お客さんの足元をみればわかりますよ。電話会社ってそんなに急に儲かるはずないもの」

「常連さんは、もっと上がる!と言っていたけど、私はいつ下がるのかばかり心配だった。だから、我慢できずに売ってしまいました」

「結局、助かったけれど、あんなことは二度とあってはいけないですよね」

バブルの時代、実は新橋でもトラブルが続出していました。

場所取りを巡って、テキ屋と見られる男衆が因縁をつけてきたり、なにか殺気立ったものがあの時代にはあったのです。

それを乗り越えて、平成の世でも地べたに座って、親子三代の常連さんを顧客にしている靴磨きの70代、80代のおばあちゃん。

これこそが、本物の商人ではないか、そう思えてならないのです。

銚子港から朝一番で六本木にやってくるおばあちゃん

朝4時55分。

JR銚子駅の始発駅といえば、千葉行きの各駅停車しかありません。

千葉駅まで1時間半、そこで今度は東京方面に乗り換えます。

目的地は六本木。

150㎝ほどの小柄な彼女たちは、もんぺを履いて、背中にはドラム缶ほどもある大きな籠を背負っています。

そこには朝採れたばかりの野菜がぎっしりと入っています。

彼女たちを待っているのは、東京でも指折りのフランス料理店。

市場では手に入らない新鮮な野菜は、彼女たちからしか購入できません。

きらびやかな高級フレンチ店の厨房に入れるのは、彼女たちの特権です。

こうした商売は、戦後から始まっていました。

いわゆる「行商」ですが、今はやりのおしゃれな骨董や、趣味の行商、フリーマーケットとは全く違います。

女性の生きるための力は、素晴らしいものがあります。

漁村では魚を干す仕事、昆布を拾ってくる仕事…

農村では、収穫時に芋やネギ、花などを集める仕事。

彼女たちの仕事は、ブログに載せるような類のものかどうかはわかりません。

ですが、これこそが、お金を稼ぐ一番大事な行為のひとつであって、

それが高級料理店の味になり、人々の評価を決める足元の輝きになり、そして、多くの人が安心して口にする料理の具材となるのです。

これこそが、本物の職人技であることを、誰もが忘れていないでしょうか?

お金を稼ぐことは、当たり前の行為。ただ、他人をおとしめてお金を得ることは邪道

仕事は尊いものでしょうか? 誰もが二宮尊徳のような生き方を目指すわけではないでしょう。 ですが、経済とは、生きることなのです。 生きるために必要なのは「食べること」「着ること」「住むこと」です。 きちんとしたものを食べる、立派でなくてもよいから、清潔な身なりをする、そして、健康的な場所に住む。 基本はただこれしかありません。 衣食足りて、人は、学ぼうとし始めます。 新橋のSLを残そうとするのは、なぜでしょうか? 烏森神社が今でも大事にされるのはなぜでしょうか? 人の心は、毎日生きていることへの感謝が先であり、お金は後から付いてくるものだ、というのが日本の昔からの考え方です。 稼ぐのは素晴らしいことです。 ですが、他人をけなしたり、貶める行為でお金を稼ぐことは、結局長続きはできないでしょう。 それは、お金を持つ人々の信用を得られないからです。 人は人から信頼を得る、それによって対価を得るのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

10分500円!東京新橋の靴磨きに見る本物の職人技から学べることとは?
Reader Rating 3 Votes