クラウドファンディングは日本に定着するか?今後の課題とメリット・デメリット

shutterstock_275191052

クラウドファンディングは新しいビジネスモデル

 インターネットを利用して資金を募る「クラウドファンディング」という手法が、注目を集めています。

「新しいビジネスをやりたいが資金が足りない」という人には、まさしく「救世主」と言えます。

ただ、見知らぬ人に援助するという不安があることも事実です。

果たして日本で、「クラウドファンディング」は定着するのでしょうか。

お金がないからクライドファンディングという発想はNG?

ストーリーが重要な時代に何を考えるべきか一緒に考えていきましょう。

クラウドファンディングとは何か?

 最近よく耳にする「クラウドファンディング」ですが、どのような仕組みになっているのでしょうか。

 「クラウドファンディング」とは、不特定多数の人がインターネットを使って、他の人々や組織に資金の提供などを行うことを指します。

この言葉の由来は、「群衆(crowd)」と「資金調達(funding)」から来ていて、この二つの言葉を組み合わせた造語です。

その内容は、「防災」、「市民ジャーナリズム」、「アーティストへの支援」、「政治運動」、「ベンチャー企業への出資」、「映画製作」、「フリーソフトウェアの開発」、「発明品の開発」、「科学研究」そして「個人・事業会社・プロジェクトへの貸付」など、その実現のために出資という方法で支援する行為を指します。

 元々このクラウドファンディングは、「クラウドソーシングのコンセプト」に原点があります。

クラウドソーシングのコンセプトとは、多くの人々からわずかな寄与を少しずつ集めてそれを利用することで、個人の目標を到達させようとするコンセプトのことで、何かの事業やイベントを企画・実施したいが、資金が足りなくて実施が困難なために、自分が考えているイベント・企画に賛同する人から寄附を募るという方法です。

つまり、アイディアやプロジェクトを企画する人や組織がいて、その提案を支持する「群衆」がいるという構図で、当然ながらこの企画する者と群衆とを引き合わせるツールがないと、このクラウドファンディングは成り立ちません。

そこで、インターネットがその役割を担うわけです。

インターネットを通じて、不特定多数の人々に自ら考える企画と少額の資金提供を呼びかけ、集まった資金を基に事業やイベントを実施することになります。

事業やイベントに必要な多額に資金を賄うことで、資金調達というもっとも頭の痛い問題が解消されることになるのです。

クラウドファンディングの種類

  クラウドファンディングは、資金を提供した人に対してリターン(見返り)するか否かによって大きく分かれます。

金銭的なリターンがない「寄付型」、金銭なリターンがある「投資型」、事業やイベント、プロジェクトが提供する権利・物品などをそれに賛同した人が購入し、それによって支援を行う「購入型」です。

日本では、資金決済に関する法律等があるため、個人間の送金や投資が制限されています。

従って、「購入型」のクラウドファンディングの場合が大半を占めています。

但し、個人から少額の資金を募り融資を行う投資型(ソーシャルレンディングと呼ばれる)も幾つか存在しています。

既に300億円以上の実績があり、金銭のリターンを目的とした投資家を多く取り込んでいます。

海外のクラウドファンディング

  最近、市民から資金を集めて報道に取り組む「クラウド・ファンディング・ジャーナリズム」という方法が、香港で話題になっています。

これも、クラウドファンディングの一つの形です。

20年以上の記者経験をもつ呉暁東さんが、「FactWire」という通信社を計画する過程で、インターネットを使って資金を募り、3ヶ月間で3,000人以上から「450万香港ドル(日本円で約7,000万円)」を集めたというのです。

呉さん自身も、「短期間でこれだけの資金が集まったのは奇跡的だ」と驚いています。

呉さんが、新たに通信社を作ろうと思い立ったのは、既存のメディアへの不満から、「ネット対応のために速さが重視され、表面的な報道ばかりだ。市民の『なぜ』という疑問に答えていない」と考えたからです。

そして、生活や公益に深くかかわり、知られていない事実を掘り起こす報道を目指そうとしたのです。

  ご承知のとおり、香港は中国の一部ですが、「一国二制度」という考え方から、いわゆる「報道の自由」は認められてきました。

しかし、1997年にイギリスから中国に返還されて以降、市民の報道に対する不満は徐々に高まってきています。

香港大学が行ったアンケートでは、「メディアは自主規制していると思う」と答えた人が、実に55%にも上っています。

  呉さんが作る通信社「FactWire」に出資した人の多くは、「不偏不党の立場で真相を追求するメディアが必要だ」と賛同しています。

呉さんは、多くの出資金が集まったことに感謝し、「市民は政治や経営者、スポンサーからの圧力を感じ取っている。

背景を持たない独立したメディアが必要だ」と話しています。

2016年春までに、編集者と記者ら計12人態勢で、業務を始める予定です。

しかし、世界のメディア環境は現在厳しく、それは香港も例外ではありません。

香港中文大学の講師でメディア論が専門の梁麗娼さんは、「既存の新聞はほぼ40代以上の人しか読まない。

メディア単独で採算をとるのは極めて厳しい時代だ」と言っています。

日本のクラウドファンディング・ジャーナリズム

例に挙げた「クラウド・ファンディング・ジャーナリズム」は、既存のメディアが経営に苦慮している現在、新たに注目される手法となっています。

この方法は、2008年にアメリカで始まったウェイブサイトが先駆けとなり、現在世界で100以上のサイトが存在すると言われています。

主な事業内容としては、フリーの記者個人が取材したいテーマをサイトで公開し、出資を募りますが、最近では香港の呉さんのように、独自のメディアを設立する手法も出てきています。

日本でも、ジャーナリストの堀潤さんらが2013年に、出資金を募り、市民自身が情報発信できるサイト「8bitNews」を開設しました。

約1,200万円の出資金が集まり、それをサイトの運営費やフリーの記者たちの活動費に充てています。

このサイトに、NPO法人のスタッフやパート、フリーの記者たちから、約1,200本の動画が投稿されています。

投稿されたそれらの動画について、事実を伝えているかなどの観点から審査を行った上で、公開をしています。

その内容は、子どもの貧困問題から芸能ネタまでと多岐にわたり、実際にイギリスのBBCに取り上げられた動画もあります。

代表者の堀さんは、「個人だと発信できても、『届ける』のが難しい。サイトへの投稿動画をきっかけに、既存メディアも隠れた問題に注目し、世の中が変わっていく。そんな成功体験を積み重ねたい」と今後の抱負を語っています。

クラウドファンディングのメリット

ところで、この新しいビジネスモデルである「クラウドファンディング」には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

まず最大のメリットは、少額で融資や投資を行える為に、気軽にだれでも参加出来るということです。

クラウドファンディング業者は、新しいサービスや事業プロジェクトを始めたい、しかしせっかくアイディアはあるのに資金がないといった方々を広く募ります。

その志願者たちに対して、クラウドファンディング側はSNSやネットなどを使って、賛同してくれる出資者を募ります。

これは、自分の温めた構想を実現したい人にとっては絶好のチャンスです。

ただ資金を調達できるというのでなく、自分のアイディアに賛同してくれる人が出資してくれることで、自分の考えに期待している人が数多くいるという使命感を感じて、自らの構想・計画の実行にまい進することができます。

時には、出資金が目標額に達しないため、自分の計画を断念せざるを得ないこともありますが、しかしそれは、自分の考えている計画が受け入れられなかったということであり、計画そのものに需要がなかったというバロメーターにもなります。

二つ目のメリットは、出資者が会社の株主のように、その計画についての過程をチェックすることができるということです。

もちろん、これは出資者にとってメリットですし、また出資を募った人にとっても、外部の目があるという意識があることで、計画そのものの軌道修正や新しい視点を得るチャンスになります。

つまり、クラウドファンディングは、資金面などの事情で埋もれていた計画対して、実現のチャンスを与える素晴らしいシステムだということができます。

クラウドファンディングのデメリット

  しかし一方で、デメリットもあります。

  まず「投資型」のクラウドファンディングでは、大きな利回りや配当が期待できる場合もありますが、クラウドファンディングで扱う商品はほとんど無名な商品が多いので、一般の金融商品や株などに比べ、取引量が少ないということです。

従って、通常の株のようにプロジェクトがうまくいかず損失が大きくなる前に売る、ということができません。

もし、プロジェクトが成功すれば大きな配当が期待できる反面、失敗すれば損失を直接出資者が被ると言うことになります。

まさに、プロジェクトの実施者と出資者とは運命共同体ということです。

これは「購入型」のクラウドファンディンでも同じです。

投資額が集まっても、思うように事業が進むとは限らず、もし事業が不発に終われば、出資者は何も得るものがないまま、出資金をドブに捨てるだけということになります。

また、出資を募っている人が、本当に信頼できるかどうかという問題もあります。

最悪の場合、初めから出資金を持ち逃げするつもりで、プロジェクトを立ち上げたということもあるかもしれません。

さらに、出資金が集まり、計画を実行したが失敗しましたと報告しておいて、実際には出資金を別の口座などにプールしているという場合もありかもしれません。

このクラウドファンディンが、人の善意が大前提である以上、一部の人が悪意をもって行動すれば、この仕組みそのものが崩れてしまいます。

クラウドファンディンの今後は不透明である

クラウドファンディンは、資金がないために計画を断念している人にとって魅力のある仕組みですが、人の善意が一番の柱である以上、トラブルの発生は不可避だと考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

クラウドファンディングは日本に定着するか?今後の課題とメリット・デメリット
Reader Rating 1 Vote