派遣社員という立場でもガッツリお金を稼ぐ方法

shutterstock_258861776

派遣社員でもお金が稼げるのか?実は意外とあるお金を稼ぐ方法

ここ数年、非常に派遣社員の数が増えてきました。

今もその数は増える一方です。

そういう状況からもいかに会社側が人件費をできるだけ減らそう、という取り組みを推進していることがわかると思います。

そう考えると、派遣社員だと給料が低いというイメージがついて回るのも不思議ではないのです。

実際、派遣社員は責任を負う立場ではないので給料が比較的低いのが実情です。

しかも期間限定で勤めることになるので、安定性にも欠けるという面もあります。

だからこそ、人によっては不安定だという評論が出てくるのです。

とはいっても、そういう立場だからこそ可能な面もあるというものです。

たとえば正社員だと禁止されている「あるもの」ができたり、ということがあるのです。

それが「副業」です。

派遣社員の場合、その多くは他に仕事を持つことを禁止されていません。

もちろん、派遣元の就業規則を確認しておく必要はあるのですが、多くは副業をすることが許されています。

そこで稼ぎ口ができれば、場合によっては正社員以上の収入となることも可能性としてはあるのです。


派遣社員は副業OK?

正社員だと禁止されていることが多い副業。

ところが派遣社員だと可能であることが多いのが実情です。

ただし、フルタイムの派遣の場合はNGであることもあります。

まずは就業規則等でしっかりと確認をしてください。

副業ができれば、仕事の内容によっては正社員以上に稼ぎを得ることが可能になります。

たとえば、派遣社員として得られたスキルを使ってほかの仕事をして収入を得たり、IT系であればプログラマーとかSEとして別の仕事を得ることも可能になるでしょう。

あるいはデスクワークで報告書作成などをしているのであれば、それを活かしてライターとして文書作成の仕事を請け負うこともできるのです。

派遣社員として仕事をするとわかるのですが、実はお金のタネになるスキルとなる仕事がたくさんあるのです。

倉庫での日雇い派遣ひとつとってもそうです。

仕分けとかピックアップの仕事によって何が得られるか?というと、仕事に対する集中力とか、数字に強くなって経理関係の仕事に就けるということが可能になります。

実はなんともない仕事のように感じるかも知れないですが、今後につながるものが得られるものです。

事務仕事でも同じことが言えます。

パソコンに強くなって文書作成のスキルが身に付いたり、PC周りの知識が習得できてネット周りの業務請負が可能になったり、という例もあるのです。

派遣社員だからといって稼げないかというとそんなことはない!ということを、この文章で声を大にして言おうと思います。

また、営業関係のお仕事をされているのでしたら、フルコミッションの営業を副業としてやってみるのもいいでしょう。

フルコミッションですから、結果ありきの世界で厳しいことは間違いありません。

しかし、営業スキルが身につくのは確かです。

結果を出すために必死に取り組むようになると思いますので、かなり大きな力を養うことができるでしょう。

派遣社員はバイトのかけ持ちがOK?

派遣社員として働いていても、その収入だけでは足りない月もあるのではないでしょうか。

そういったときに、バイト掛け持ちは可能なのかどうか?というと、どうやらそれは派遣社員として登録している派遣会社によるようです。

バイト掛け持ち可能かどうかは派遣会社の規則を確認しておくことが大事になります。

最初にも言いましたが派遣社員は、基本的に副業、つまりはバイトのかけ持ちも可能な場合が多いのです。

ただし、派遣社員として働きながら副業をしても本当に可能かどうかは、就業規則を確認する必要があります。

もし、この就業規則に「副業はNG」ということが書かれているようだと、できるならば副業をすることは止めた方がいいでしょう。

もしやるのなら、やり方を考えて取り組むようにしてください。

たとえば、顔出し名前出ししなくてもいいものをやるとか、まったく関係のない業界の仕事をするとか、できるだけ知られないように考えて行動することが大事です。

就業規則を確認するのは、働く人としては最低限のマナーであり常識です。

これはどんな立場でも必須事項ですので、きちんと確認をしておくようにしてください。

就業規則を見ると、実は「知っておいて良かった・・・」と思うようなことが書いてある場合もあります。

たとえば福利厚生面で、「食堂は利用できないと思っていたのが実は利用可能だった。

というより、利用を勧める文面が書いてあった」ということも少なくありません。

あるいは保養施設を利用できたり、カラオケや飲食店で割引をしてもらえたり、スキルアップのための学費が割引されていたり、ということも結構あるのです。

そういう利点を享受できるようになるためにも、ぜひとも就業規則は目を通しておいてください。

副業をするなら派遣会社に伝えておこう

これは勇気ある行為かも知れないですが、あらかじめご自身の口から伝えておいたほうがあとあとで問題になりにくいので、ぜひオススメの行為です。

そうしておくことで、あなたのスケジュールを加味して仕事を入れてくれたり、いろいろと気を遣ってもらえることがあるのです。

私の場合、ブログをやっていることを派遣元の担当者が知っていたのですが、ブログでいろいろな動きがあった場合は連絡をくれて、いろいろお世話になったことがありました。

もちろん義務行為ではないのですが、できることならあなたの口から担当者の耳に入れていおいてください。

また、もともとバイト掛け持ちを前提として、派遣社員になった人も少なくありません。

派遣社員は、正社員よりも時間や就業規則のしばりがないのが特徴でもあります。

副業でもお金を稼ぎながら働けるのが、派遣社員のメリットのひとつでもあるのです。

このメリットを生かさないのはもったいないです。

可能な範囲でいいので、副業をしてみるのは大いにアリなのです。

副業をするなら派遣先にも派遣元にも迷惑がかからないように

当たり前と言えば当たり前なのですが、副業をする場合は派遣会社だけではなく、派遣社員として働かせてもらっている派遣先についても、配慮が必要だといえます。

働く場所を提供してもらっているわけですし、そこでお世話になっているのですから、マナーの一つとして抑えておくべきことです。

もちろん、複数の仕事をかけ持ちをしていることを派遣先に言う必要はありません。

その義務もありません。

ただ、副業やバイトが忙しくなって、そもそもの派遣社員としての仕事がおろそかになってしまうのは避けるべきです。

あるいはそれが原因で体調不良にならないように気をつけないといけません。

副業の方が忙しくならないように、スケジューリングには十分注意を払ってください。

しっかりメリットを生かしつつ、節度を持って思いきり稼ごう!

一番大事なのは、「お金を稼がせてもらっている」という意識だと思います。 自分が稼げればそれでいいじゃないか、と思うかもしれませんが、そういう意識だと本業の方にも副業にも迷惑がかかるような仕事になってしまうのです。 そうではなく、お金を稼がせてもらっているんだという意識を持つことで、仕事の意義がよく分かり、それがお金に結びついていくのだと思います。 かといって派遣社員だからといって気後れすることは一切ないですし、やるべきことは自信を持って取り組んでいくべきです。 派遣社員でもメリットはたくさんあるのですから。 実際のところ、派遣社員としての仕事と、バイトなどの副業を掛け持ちして、短期でお金を貯めるのを目標としている人も多くいます。 そういった目的のためには、時間帯の違う仕事を選ぶ、短期の派遣、もしくはバイトを活用する、など、上手に二つを掛け持ちするのが大切なのです。 これは正社員だとなかなか享受できないメリットです。 そもそも副業とかバイトが禁止されていることが多いからです。 自由度が正社員の場合は低いということがあります。 逆に派遣社員の場合は自由度が高いというメリットもあるということなのです。 これは存分に生かしたいところですね。 派遣社員のメリットのひとつが、正規社員よりも、副業の規則がなかったり、時間の拘束が短かったり、と、自由度が高い、というのが挙げられます。 そのため、派遣社員をしながら、短期のバイトなど、バイト掛け持ちでも稼ぐのも可能、というのが、派遣社員の利点でもあるのです。ぜひ、そのメリットを活かして、上手に稼ぎたいものです。 この利点は生かしていきたいものです。 しかも副業によって新たにスキルが身につくこともあるのです。 その点も知っておくと便利ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

派遣社員という立場でもガッツリお金を稼ぐ方法
Reader Rating 1 Vote