あなたがお金について学ぶわけとは?そこにお金持ちへのヒントがあった!

shutterstock_294382622

あなたがお金について学ぶ必要がある理由

アメリカだけでは無く、世界中から注目を集め続けるドナルド・トランプさん。

過激な発言がウケて、人気がものすごく高まっています。

もちろんいろいろなところからの反発もものすごく大きいのですが。

ただ、反発があるということは注目度が大きいということでもありますね。

彼は成功も失敗も経験しており、幅広くいろいろなことを体験しているのです。

彼がなぜ、あそこまで成功と失敗を経験しているのか、お分かりですか?

それは「お金についてものすごく詳しい」からなのです。

でなければ、あそこまで不動産で大きな成果を上げることはできなかったのではないでしょうか。

不動産ビジネスで大きな成果を上げるには、お金についての知識は必要不可欠です。

お金がどのように回るのか、そしてその循環動態はどうなっているのか、について知っておく必要があります。


お金について知っておくことが先決!

お金持ちになりたいのなら、あなたはお金についてしっかりと学ぶべきです。

お金とは何か?

なぜお金が必要なのか?

お金はどこからやってくるのか?

これらをしつこいくらいに考えたり、情報を集めることが大事になります。

成功者は、必然的に、お金と金融についてしっかり学びます。

かつて、高所得者層ではない限り、お金の管理について詳しく学ぶ必要がない時代がありました。

そもそも、お金に関する選択肢があまりなかったからです。

しかし、今はどうでしょうか。

お金に関しては誰にでも、どのようにでもなれる選択権があるのです。

インターネットの普及により、たとえものすごい貧乏の人であってもお金持ちになることができるようになりました。

いわゆる、何年もお金持ちでい続ける人というのは、いつもお金について考えています。

それは「どうやってお金を稼げるのか?」だけではなく、「誰からお金を頂いているのか?」「なぜお金がいただけるのか?」ということも考えているのです。

この違いはすごく大きいことを認識しておいて下さい。

お金に詳しいとどうなれるのか?

お金について詳しくなると、一例としてこんなことも分かるようになります。

口座についてです。

口座を持っていたとしても、ほとんどの人が普通預金口座を利用しているだけでした。

それが今も一般的な形でしょう。

現在は、地元の金融機関に行くと、A地点からB地点に行く航空運賃表よりも複雑な金融商品一覧表を見せてくれます。

お金に詳しい人はその情報を見せてもらうだけで、どの口座が自分が求めているモノに合致しているか?が分かるようになるのです。

お金をどうするか、さまざまな選択肢がありますよね?当座預金口座の種類だけでも、扱いきれないほどの選択肢があります。

お金をどう使いたいのか、どのように保管しておきたいのか、などによって口座の使い道は変わってくるものです。

こう言うことが分からずに銀行口座にお金を預けていると、ただただ銀行にコントロールされるだけで、本来得られるはずのメリットを受け取れないことすらあるのです。

それを理解するためにはお金についてしっかりと学んでおく必要があります。

会社も税務署も教えてくれない、お金の本当の意味

実はお金について詳しい人はそれほど多くありません。

会社はもちろん、税務署すらも詳しいとは言えないのです。

なぜなら、これらの組織は自らお金を手に入れることができないからです。

商売のルールと流れ、法律の縛りと影響力によってしかお金を得る手段がないことがそれを物語っています。

お金とは本来、自分が考えた流れを使って稼ぐべきものです。

ルールとか法律によって得るモノでは無いのです。

会社であれば、きちんとお客様と関係を構築し、納得して頂いたうえで商品を購入してもらったりプロジェクトの受注をすることで、お金を得る事が必要となります。

そういった「当たり前」のことをきちんとやることが必要なのです。

だからこそ、お金についてきちんと学び、どこからお金が得られるのかについて知っておく必要があるのです。

お金について詳しいからお金を稼げる

お金を稼ぐことは、成功するための総合的なアプローチの中で非常に重要な部分を占めるので、金融についてしっかり学ぶ必要があります。

金融と言っても金融機関とかローンとか、そういうことだけではありません。

金融はお金の循環を意味することでも使われます。

たとえば、あなたの給料や報酬はどこから来るのでしょうか?

会社からもらっていると思っていないでしょうか。

直接的には会社が支払っているので会社から出ていると思っていても無理はありません。

ところが正確には会社から出ているわけでは無いのです。

ではどこから出ているのかというと、「お客さま」から出ているのです。

これを理解しているかしていないか、であなたの今後の稼ぎは大きく変わっていくでしょう。

お客様から出ていることが分かれば、あなたはお客様に対して精一杯尽くすようになるはずです。

求められたものを提供することはもちろんのこと、それ以上に何かできないか?ということも考えるようになるのではないでしょうか。

そうすると、あなたがお金をもっと稼ぐためには会社に対してよりもお客様に対してしっかりとアプローチすることが大事になります。

そうすると、もっと利益の出る仕事を回してもらえるでしょうし、何かと贔屓して頂くこともできるでしょう。

お金の管理や戦略についても知っておこう!

それだけではなく、資金管理や投資戦略についても学ぶ必要があります。

また現時点では、お金を使う準備まで整っていることよりも、お金についてさらに詳しく学んでいくことのほうが重要だと私は思います。

これが、引き寄せの法則を応用する1つの方法だと思います。

お金持ちは、実際に投資をする準備が整う何年か前から、株式市場や投資信託などについて学び実践していることがすごく多いのです。

知識が必要になる前に、すでに知識を得ていたのです。

これは大事なことだと思います。今後必要になる知識や技能を習得したり、資金を作り出したりしておくとよいでしょう。

マネー誌とウォール・ストリート・ジャーナルはそのための良いツールと言ってよいでしょう。

必ずしも、プロの投資家のように読まなくてはいけないという意味ではありません。

そして、状況によっては無理に読む必要もありません。

しかし、あえて例えれば、ある経営者がどのようにウォール・ストリート・ジャーナルを読んでいるか教えましょう。

彼のオフィスには、直近3週間分のウォール・ストリート・ジャーナルが置いてあります。毎日のモニタリングが必要な投資をしているわけではないので、毎日読むわけではありません。

そのような目的で購読しているのではないのです。

まさしく、今回話している内容のために読んでいるということなのです。

つまり、成長している会社や若くて伸びている会社、そのCEOやリーダーに関する記事を読むこと、またその人たちのサクセスストーリーの共通点は何か知ることを目的として読んでいます。

この会社がこの業界で使っているマーケティング手法の中で、自分のビジネスでも使えるものは何だろうか?こういった目的のために読む価値は大いにあります。

多額のお金を得たときには、そのお金をどうするか、さまざまなことを学び始めるでしょう。

ですから、株式市場で活発に取引をしている人のように毎日読む必要はありませんが、購読するべきだと理解しているから、彼は読んでいるのです。

これは一つの例ですが、これに限らず、「必要だ!」と思ったものをぜひ購読してみることをお勧めします。

しっかりとお金について学ぶことがお金持ちへの一歩

お金について知っていることが無いと、どんな素晴らしいノウハウを実践してもあなたはお金持ちになることはないでしょう。 それは火を見るよりも明らかなことです。 お金がどこからやってくるのか知らなければ、そこに対して何のアプローチもできないからです。 しかし、お金について詳しくなればなるほどどんどんお金が手元に入ってくるようになります。 あなたにお金をもたらしてくれるのは誰なのか。 それが分かればあなたが全力を尽くして働くべきところが良く分かるようになるはずです。 そこに対してあなたが本気で仕事をして何かを提供できれば、十中八九お金があなたのところにやってきます。 そのためにも、まずはお金についてしっかりと学ぶことが大事になるのです。 多くの一般人はお金について勉強しようとしません。 だからお金持ちになることもありません。 そこに、あなたがお金についてしっかりと勉強すれば、かなり高い確率でお金持ちになることができるでしょう。 まずはそこからなのです。 お金について学ぶことがお金持ちへの一歩と言えます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

あなたがお金について学ぶわけとは?そこにお金持ちへのヒントがあった!
Reader Rating 2 Votes