会社員がお金を稼げないワケ-会社員が大金を稼げない理由-

構造上、会社員がお金を稼げなくなっているワケとは?

あなたはご存知ですか?

会社員という立場にいる人のほとんどが、大金を稼げていないという事実を。

私自身会社員として生活していて、最近気付いたことです。

会社員という立場に慣れてしまうと、それがラクになってその状態を変えたくない!というようになりますよね。

そこにも、会社員が大金を稼げない理由があるような気がしますが、今回はそこには触れないでおきます。

最近、ある勉強会に参加しました。

そこに参加している人たちをみてわかったことがあります。

それこそが、会社員という構造が大金を稼げなくしているのではないかということです。


「自分で考えなくなる」構造になっている

会社員という立場は、「自分で考えなくなる」構造があります。

上司が考えてくれる、先輩が決めてくれる、経営陣が方向性を示してくれる、そのような心境になってしまうのが会社員という立場です。

子供の頃を思い出し欲しいのですが、自分で考えずに親の言うなりになっていると、自分が意図しない方向に物事が進んでいきませんでしたか?

それと同じなのです。

そして、それこそが会社員が大金を稼げないという大きな背景なのです。

ただ、こういうことをいうと、「そんなの当然だろ」と思うかもしれませんね。

ついでに言いますと、それは危険信号です。

「オレ、大金稼げなくてもいいや」というふうに思ってしまい、元の生活に元通りです。

お金がないないと言っていたり、余裕がないとくさしてみたり、そんなことを感じている人のほぼ全ては、「自分で考えない」からそうなっているのです。

私の知り合いと飲んだ時に、その知り合いは「俺はこうなりたい!」と、繰り返し繰り返し叫んでいました。お酒の勢いもあって、かなり饒舌でした。

ところが、翌日になるとそんなことを露ほども思わなくなるのです。

あまりにももったいないですよね。

つまり、「こうなりたい!」と言っているのだけれど、それについて何も考えないし行動も起こさないのです。

というよりも考える気がないのではないかと思います。

では、なぜ考える気が起きないのでしょうか。

メリットを考えず、デメリットばかり浮かんでしまう

なぜ考える気が起きないのかというと、それはメリットを考えないからです。

メリットを考えないからデメリットばかり浮かんできてしまうのです。

そうなりたい!そうなるためには、あれをしないといけないし、これが必要だし、結構お金かかるし・・・、ということばかりを考えてしまいます。

そうなると、マイナスの面ばかりがどんどん大きくなって、それをやることのメリットを感じなくなってしまうのです。

ではどうすればいいかというと、「どんなメリットがあるか?」をどんどん考えることです。

そして、考えたことを紙に書いてみると良いですね。

文字にすることで目から情報が入ってきます。

目から入った情報はすぐに脳内に届きます。

つまり、脳内で考えたことが一度外に出て、再び脳内に戻っていくのです。

そうすると、考えたことがきちんと整理されますし、より理解しやすくなります。

なので、イメージとしてすぐに湧き上がってくるのです。

イメージが湧きあがってくると、どんどん楽しくなってきます。

そして、「あんなことできないか?こういうことできるかも?」と、いろいろな考えやアイディアが浮かんでくるのです。

考え→アイディア→お金という循環

アイディアはそれ自体がお金の代替物になります。

ご自身ではたいしたこと無い、と思っているかもしれませんが、回りの人からすると「そのアイディアいいね!」となるのです。

ブログなどで情報を発信している人とお話しとき、「自分の出している情報なんて・・・」ということをこぼしていました。

しかし、それを聞いた別の人が「その情報、欲しがる人は必ずいるよ!それを知らない人だって多いしね。というより、自分がもっと聞きたい」と言っていたのです。

考えたことはそれがお金になるのです。

言い換えると、「考えて、アイディアが湧いて、それがお金のタネになる」ということですね。

もちろん、アイディアを実践したり渡すことに対して、なんらかのデメリットもあるでしょう。

だからといって、デメリットを恐れてはなんにもなりません。

デメリットに関して不安になる気持ちは、私を含め、誰しもが持っているものです。

私は経営者とか起業家と言われる人たちにお会いしたことがあるのですが、彼らが考えて行動を起こすときの場面というのは面白いです。

どういうことかというと、時には緊張感に包まれ、時には不安な表情を垣間見せます。見えない何かと戦っているかのような空気を感じたのです。

しかし、「考えたのだからやらないと損だよね」という気持ちに最終的に落ち着くのです。

そして、実践に移して結果を見守ります。

これはすべて「自分で考えたから」そうなれるのです。

リスクを恐れるな!メリットだけを考えよう!

私は本気で気づいて欲しいと思っています。

「メリットだけを考えることこそが、大金を手にする道」なのだということに。

それをしない、考えないというのも一つの手ではありますが、それこそがお金持ちになれない多数派の考えることです。

ということは、彼らと同じことを考えていてはいけないのです。

もちろん、リスクはゼロではありません。

場合によっては何かを手放さないといけないかもしれません。

しかし、だからと言ってもっと大きなメリットがあることを忘れてはいけないのです。

考えないで、お金持ちになることを諦めてしまうと、その先はどうなってしまうのでしょうか?

給料は思うように上がらないけれど、生活費はどんどん上がっていってしまう。

物価が上がったり税金が増えたり、という状況になってしまう。

これらもリスクなのです。

結構大きくないですか?

かなりの実害があなたに及ぶ可能性が大きいのです。

であれば、今「自分で考える」ことをしたほうが良いのではないか?

そう考えて、私はこれを書いています。

私は、あなたに冷静にイメージして欲しいのです。

リスクが大きいか、メリットが大きいか?を。

金を稼いで自由になる!と希望だけを胸に秘めた会社員の方は多い様に思いますが、まず不可能でしょう。もってのほかです。

考えればお金持ちには絶対になれる!ぜひやろう!

「考えない」という考えこそ、大金を稼げない多数派が考えることです。

それを、あなたも分かっているのではないか?と思うのです。

分かっているからこそ、この記事をごらん頂いているのではないか、と。

そうでありながら、稼げない多数派である人というのは、自然と「富と自由を放棄」せざるを得ない状況になっていきます。

様々な面において、やりたいことが見えなかったり、どういうところに生きたいかがわからないのです。

そこに、お金持ちになるための決断を下しながらも動かない、ということであれば間違いなくその権利を放棄することにつながります。

ただ、構造上お金持ちになれないということであっても、それをぶち破ることは十分にできるのです。

動けばその壁はいとも簡単に壊れます。

そもそも、今お金持ちとして活躍している人は、最初からお金持ちになっているわけではなく、最初はみんなとんでもない絶望のふちにいました。

明日食べるのも困る状況でもあったのです。

しかし、彼らは大きな大きな富を手にしました。

こういう事例が、世界中に数え切れないほどあります。

もちろんですがこれは私の私的な考えなどではなく、実話です。

考えるつもりの無い人生を歩むのであれば、私はそれでも良いと思っています。

多数派の方々の意見を拝借すれば、「価値観は人それぞれ」ですから。

ただし、その価値観が本当に自分が進みたいところにつながっているのか、その価値観に納得しているか?が、実は大事であるということを忘れないで頂きたい、と思っています。

会社員でもお金持ちになれる!

基本的には、会社員でもお金持ちになれます。 少数派ではありますが、サラリーマンという立場でありながら年収が数千万という方もいらっしゃいます。 それも、役員という立場でないにも関わらず。 ただ、今の自分を確実に変えなければいけないというのは事実です。 それに伴う痛みもあることでしょう。 しかし、自分で考えたことをやる、ということを考えて実践すれば、確実にお金持ちへと変わっていきます。 会社員であろうともそれくらいならできるはず。 今すぐ出来て、人生が変わるであろう決断は、存在しませんか? そんな事は無いと思うのです。 実際に変わった人を目の当たりにしてきましたし、私自身もそれを体験してきているので。 ぜひ参考にしていただきたいと思いますし、そうなってくれるとすごく嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

会社員がお金を稼げないワケ-会社員が大金を稼げない理由-
Reader Rating 1 Vote